自衛隊中央病院エンブレム
自衛隊中央病院タイトル
サブメニュー

歯 科

歯 科 の 紹 介

 当科の基本姿勢
・ 歯科医療を通じて安心を提供します。
・ 自衛隊衛生の最終後送病院の一翼として、自衛隊員の口腔を守る態勢・体制を整えます。
・ 厚生労働省に認可された歯科医師臨床研修施設、ならびに、日本口腔外科学会認定の准研修施設として、
将来を担う若手歯科医官の人材育成に積極的に取り組んでいます。



 

特 徴 ・ 治 療 内 容


 自衛隊の職域病院

 自衛隊の職域病院として、海外・災害派遣等の際、自衛隊員が口腔の諸問題で支障をきたさないよう検診業務・治療並びに研究を行っています。また、新たに入隊した歯科医官への臨床研修施設となっています。


 

 一般歯科治療

 

 う蝕、歯髄病変、歯周病などの保存治療、クラウンブリッジ、入れ歯(義歯)などの補綴治療(保険治療)、並びに、歯科衛生士による口腔衛生指導を行っています。


 

 口腔外科治療

 

 親知らずなどの埋伏歯抜歯、顎顔面外傷、歯性感染症、口腔腫瘍、顎骨嚢胞等の口腔外科疾患と2次救急医療機関として、救急患者への対応を行っています。


 

 有病者・高齢者の歯科治療

 

 循環器疾患・出血性素因、糖尿病等の有病者や高齢者の方々への歯科治療を、医科の主治医と連携し、全身状態を確認しながら、安全に歯科治療ができるように管理しています。また、多目的診療室では、車いすの方々の受け入れも可能です。


 周術期等口腔機能管理

 

 医科と歯科で連携して全身麻酔で手術を受ける方や、化学療法、放射線療法を受ける方に対して、治療開始前から専門的な口腔ケアを行い、誤嚥性肺炎や口内炎などの合併症を予防します。


 

 院内歯科技工室

 

 当科では、歯科技工士による各種補綴物の製作を行っており、入れ歯の修理など歯科医師と歯科技工士が協力して、患者さんの要望に応える体制になっています。


 

院内感染対策

 院内感染対策として、使用するすべての医療器材はオートクレーブでの滅菌や薬液消毒を行っており、滅菌消毒ができないものは、ディスポーザブル製品を使用しています。また、口腔外バキュームによる切削片およびエアロゾルの飛散防止などに留意し、感染防止に心がけています。

このページのTOPへ





 

関 連 リ ン ク


   陸上自衛隊歯科幹部候補生募集について

   歯科幹部募集について

    歯科医官(歯科幹部候補生・歯科幹部)募集に関する問い合わせについて

   防衛省・自衛官募集サイト

   海上・航空自衛隊歯科幹部候補生募集に関して
    ・ 海上自衛隊横須賀病院歯科ホームページ
    ・ 航空自衛隊入間病院歯科ホームページ

このページのTOPへ




陸上自衛隊歯科幹部候補生募集について


 防衛省・歯科医官 募集案内について
 防衛省には、幹部自衛官として自衛隊員の健康管理や国際貢献に従事する歯科医師がいます。皆さんも私たちと一緒に日本国を守る防人(さきもり)たちをお口の健康からサポートしてみませんか?
※陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊のそれぞれの組織の中に所属しています。

■「歯科幹部候補生」として採用される場合・・・【自衛隊中央病院で2年間の臨床研修を受ける】
□ 応募資格
  採用年4月1日現在、20歳以上30歳未満で、大学において正規の歯学課程を修めて卒業し、 入校日までに歯科医師国家試験に合格している者(採用年3月卒業見込みの者と既卒者で歯科臨床研修を修了している者も含む)
 ※新卒者で採用予定者となった場合、入隊後、自衛隊中央病院で臨床研修を行うこととなるため、「歯科医師臨床研修マッチングプログラム」の登録を取り消す必要があります。

□ 採用試験スケジュール
  「令和5年度 自衛隊歯科・薬剤科幹部候補生採用要項」参照
 ※陸海空のそれぞれの入隊で主となる研修病院が異なります。(記載されたケースは陸上自衛隊の場合であり、海上自衛隊は自衛隊横須賀病院、航空自衛隊は自衛隊入間病院での研修となります。)

■ 居住について
  歯科幹部候補生として入隊した場合、当初4月から約8週間、福岡県久留米市に所在する陸上自衛隊幹部候補生学校に入校し、駐屯地内の生活隊舎にて営内生活を過ごします。その後、東京都世田谷区にある自衛隊中央病院が所在する三宿駐屯地内の生活隊舎にて研修する2年間を過ごします。

■ 研修体制について(令和4年度 現在)
□ 指導医の認定資格・専門など
  歯学博士取得者(口腔外科・口腔衛生・歯科麻酔・口腔細菌・口腔病理など)
  口腔外科学会指導医・専門医・認定医
   ※人事異動により指導医の認定資格・専門などは変動します。

□ 在籍する歯科医官数19名(そのうち、2年目研修医2名、1年目研修医4名)歯科技工士及び准看護師6名、そして、歯科衛生士6名 

■ 採用後の処遇(階級・給与など)
  「令和5年度 自衛隊歯科・薬剤科幹部候補生採用要項」参照

■ 研修内容について(歯科幹部候補生の場合)
□ 歯科幹部候補生として
  陸上自衛隊幹部候補生学校(福岡県久留米市)に入校し、防衛医科大学校を卒業した医官と共に、幹部としての「資質」を涵養するとともに、初級幹部として必要な基礎的「知識・技能」を修得を目指します。(期間は4月から約8週間)

□ 初任実務研修歯科医官として
  幹部候補生学校を卒業後、自衛隊中央病院(東京都世田谷区)にて歯科研修医として臨床研修が行われます。
(期間は2年間)歯科研修プログラムを基に、2施設(自衛隊中央病院及び防衛医科大学校)で計画的に研修が行われ、一般歯科、口腔外科及び麻酔科を研修しながら、陸自歯科医官として最低限必要な歯科診療手技等を修得していきます。




このページのTOPへ





■ 研修内容について(歯科幹部候補生の場合)
□ 臨床研修内容
 1 一般診療研修(15か月
   保存・補綴を中心とした一般診療(有病者を含む)
 2 口腔外科研修(6か月)
   埋伏歯抜歯等の口腔外科小手術、全身麻酔下での手術介助、病棟管理、救急症例への対応
    ※協力型研修施設:防衛医科大学校病院歯科口腔外科
 3 麻酔科研修(3ヶ月)
   術前術後評価、全身麻酔等の介助など
 4 学会発表等
   抄読会、防衛衛生学会、一般学会での発表
 5 その他
   自衛隊の衛生組織、米軍機関研修、Tri-Service(在日米軍3軍歯科学会)への参加など

■ 研修修了後のキャリアパスについて
 2年間の初任実務研修が修了した後、全国に所在する方面衛生隊に配置されます。そこで、幹部自衛官として勤務しながら、駐屯地医務室での歯科診療や、通修制度を活用して大学病院などの公的医療機関で、自学研鑽して、各認定医取得や社会人大学院に入学して学位取得などを目指します。また、各種教育入校や国内留学・防医大研究科・招聘(海外)留学などの機会があります(選抜)。
※通修制度とは、公的医療機関等で週1日研修を受けることができる制度





■ (参考)過去5年間の陸自歯科研修医の出身大学について(令和4年度 現在)
全国の大学歯学部から数多くの先輩が、陸上自衛隊に入隊して現在も活躍しています。




このページのTOPへ



■ 研修医たちの声
 私は日本歯科大学生命歯学部を卒業後、他施設にて臨床研修後2年勤めてから陸上自衛隊歯科幹部候補生として入隊しました。臨床研修が修了しているとはいえ、再度研修医として生活をしています。(意外と研修修了して入隊する方も多いです。)
 幹部候補生学校を卒業後、歯科診療を行いつつ、一年目では防衛医科大学校口腔外科での3ヶ月の研修、2年目では自衛隊中央病院で口腔外科研修及び麻酔科研修が用意されています。研修終了後は各駐屯地に配属になり、一人で治療する事になるので治療を一通りこなせるよう指導してもらえるカリキュラムになっています。
幹部候補生学校では防衛医科大学校卒業の医官との訓練を2ヶ月行い、他施設では味わえない、かなり濃密な時間とかけがえのない仲間を得る事が出来ます。自衛隊において日々の口腔管理に加え、顎顔面領域での外傷治療や海外派遣時の検診など、歯科の必要性は日々増しています。日本を守る自衛隊員をサポートする、その一翼を担ってみませんか?

(2年目研修医:小林)





 陸上自衛隊での歯科研修は自衛隊という組織を知ることから始まります。最初の2ヶ月間、歯科診療を離れて福岡の久留米で自衛隊幹部になるための基礎を学びます。戦闘服のアイロンのかけ方から小銃の扱いまで習います。多少体力的な不安があってもカリキュラムを経ていくと不思議と徐々にできるようになります。座学もあり、わが国を取り巻く安全保障環境についても理解を深めることができます。
 晴れて幹部になると、中央病院での研修となります。マンツーマンで個々の状況に応じて、指導医から指導を受けられることが魅力です。歯列模型を用いた実習もあるので手技の確認もできます。自衛隊の病院であることから地震等を想定した大規模な訓練もあり、有事の際の病院の役割についても知ることができます。  百聞は一見に如かず、ぜひ一度見学してみてはいかがでしょう、お待ちしております。

(1年目研修医:中村2尉)



 

私は陸上自衛隊の歯科医官が歯科診療、海外派遣、災害派遣等様々な場面で活躍されていることを知り、より広い知識で人の役に立ちたいと考え、陸上自衛隊に入隊しました。
2ヶ月間の幹部候補生学校を卒業後、今は担当指導医の先生の下、各自の実力に合わせてステップアップしていけるようご指導いただきながら診療に携わっています。また、自主練用の器具も豊富で、診療後は先生方や技工士の方からアドバイスをいただきながら練習に取り組んでいます。
 更に、救急患者さんの対応力を身につけられるのも陸上自衛隊ならではの制度です。
 非常に恵まれた環境に甘んじず、より精進して行きたいと思う日々を過ごしています。

(1年目研修医:林2尉)



私が陸上自衛隊を選択した理由は研修内容にあります。2年間の研修内容は中央病院では一般歯科・口腔外科・麻酔科を、防衛医科大学校では口腔外科をまわることとなっており、幅広い範囲を学ぶことができます。現在は一般歯科を回っている最中ですが、研修医1人に指導医が1人つき、ワンツーマンで丁寧に指導していただいています。また勤務時間以外には模型を使い練習をすることができ、その時も指導医が教えにきてくれます。
 出身大学の異なる多くの指導医からいろいろな手技を学ぶことができるこの恵まれた環境で、今後の研修医の日々も頑張っていきたいです。

(1年目研修医:鈴木2尉)



 

私は大学卒業後、歯科幹部候補生として幹部候補生学校に入校しました。2ヶ月間幹部自衛官としての教育を受けたのち、現在は自衛隊中央病院にて歯科医官研修を行っています。
 歯科医官は歯科医師としての診療に留まらず、衛生隊としての業務、災害派遣、海外での支援活動など他にはない経験ができることに惹かれ志しました。また、全国各地を飛び回る仕事に就きたいと考えていたので、勤務地数の多い陸上自衛隊を志望しました。
研修歯科医官としての現在は、自分の知識や技量の未熟さと葛藤する毎日ですが、熱心に指導してくださる先生方や一緒に模型練習してくれる同期に恵まれ、良い環境で研修しています。

(1年目研修医:的場2尉)

このページのTOPへ



歯科幹部募集について

■「歯科幹部」として採用される場合・・・【即戦力として医務室等で勤務する】
□  応募資格ならびに採用試験スケジュール
 ※ 陸海空で応募資格が異なります。
  「令和5年度自衛隊医科・歯科幹部採用要項」を参照してください。

■ 給 与(歯科幹部の場合)
□ 俸 給
  採用時の階級は、採用予定者の学歴・職歴・経験年数当によりことなります。また、俸給の月額については、法律の改正により改定される場合があります。 「令和4年度自衛隊医科・歯科幹部採用要項」を参照してください。

□ 俸給とは別に支給される手当
  初任給調整手当:勤務地により異なる医師等の手当
期末手当・勤勉手当:1年間に俸給などの4.20ヶ月分、扶養手当、住居手当、通勤手当等

■ 居住について
 官舎もしくは営外(賃貸物件)に住むことになります。賃貸等を利用する場合は、住居手当が支給されます。

■ 勤務内容について
  自衛隊病院や駐屯地医務室で歯科医官として診療に携わるのみならず、衛生科長として医務室の管理者として勤務することもあります。

■ その他
 入隊後、OOC課程(新任医官特別課程)に約1か月間、東京都世田谷区に位置する陸上自衛隊衛生学校へ教育入校し、幹部自衛官の素養や自衛隊衛生の基礎を修得します。また、階級に応じて、AOC課程(幹部上級医官・歯科医官課程)に入校する場合もあります。

■ 歯科幹部採用者の声
 私は大学病院勤務を経て、令和4年4月に公募歯科医官として入隊しました。今後の歯科医師人生や、今しかできないこと、コロナ禍などを鑑み、思い切って新しい世界に飛び込むことにしました。入隊直後は初めてのことばかりで不安でしたが、職種や年齢に関わらずたくさんの出会いがあり、お互いに切磋琢磨・励まし合いながら任務を完遂する、仲間想いの暖かい職場です。知らぬ間に平和な日常が守られていたことにとても感謝しました。
時代の流れに合わせて進化を続ける自衛隊には、『人』の力が必要不可欠です。知識・経験を生かして、歯科医療の立場から日本の平和に貢献するお仕事です。さあ、あなたも、歯科医官を目指してみませんか?

(中園1尉;長崎大歯学部 平成26年卒)



  

このページのTOPへ




歯科医官(歯科幹部候補生・歯科幹部)募集に関する問い合わせについて

■ 見学等のお問い合わせについて(見学随時受付)

□ 連絡先 自衛隊中央病院 診療庶務室

       電話:03-3411-0151(内線番号6244)
       メールアドレス:[email protected]

※ メールでのお問い合わせの際は、件名に『病院歯科見学について(問い合わせ)』と明記の上、本文に、お名前、所属先(大学や医療機関名など)、問い合わせ内容、および、連絡先(メールアドレス及び電話番号)を明記してください。折り返し、歯科医長の方から回答させていただきます。

このページのTOPへ