入間管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 入間管制隊

入間管制隊

入間管制隊長

入間管制隊長 2等空佐 幡生 重穗

隊長挨拶

  

入間管制隊のホームぺージへようこそ。
令和5年5月に入間管制隊長を拝命しました幡生(はたぶ)と申します。
入間管制隊は、首都圏にある入間飛行場において、航空自衛隊の輸送機等に対する航空交通管制業務を安全かつ効率的に実施し、かつ保有する器材を適正に保守整備している部隊です。ご承知のとおり、入間飛行場周辺の空域は複雑に輻輳しており、多くの関係部署との綿密な連携により、空の安全が確保されていますが、その一端を担う我が管制隊員一人一人が自分の職務をよく理解し、毎日、前向きに任務に邁進しています。  
本ホームページでは、そんな隊員たちの日々の活躍を紹介していきます。是非ともご覧いただき、今後とも入間管制隊に対する変わらぬご理解とご支援を賜りますよう、切にお願い申し上げます。

  

部隊紹介

  

入間管制隊は昭和32年(1957年)に入間川管制分遣隊として発足し、昭和36年(1961年)に飛行場管制業務及び着陸誘導管制業務を、戦後進駐していた米軍から引き継いで現在に至ります。
入間管制隊が所在する入間基地は、航空自衛隊最大の人員と部隊数を擁しています。
また首都圏に位置しているため、総理大臣や防衛大臣をはじめとした国会議員、各種高官等VIPの輸送任務の他、防空レーダーやミサイル、航空機等の補用部品の緊急輸送などもあるため、24時間365日任務遂行の態勢にあります。
また、電車でのアクセスが良く、年に一回開催される「入間航空祭」は、県内外から10万人以上の来場者を迎える大規模なイベントとなっています。
(来場者数過去最高は、2013年の32万人)

隊員の訓練風景

入間管制隊ホームページをご覧の皆さま、こんにちは!
今回は、整備班から日々訓練に励む女性隊員の訓練風景を紹介させていただきます。
彼女は、浜松基地にある第1術科学校において、航空管制器材整備員としての航空管制に用いるレーダーについての基礎的な課程を修了し、昨年12月に入間管制隊に配置されました。

訓練風景
部隊配置され最初の挨拶

緊張していましたが、今後の抱負について語ってくれました。

訓練風景
毎日の器材点検を行う隊員

小さな変化も見逃しません。

訓練風景
実施した整備についてデータをまとめたり事務作業しています。

できることがどんどん増えてきました。

現在は日々の業務を通して、器材の整備や付随する事務作業について、熱心に訓練に励んでいます。わからないことがあれば、自分から積極的に先輩に質問し、先輩たちも後輩にわかりやすく教えるために勉強しなおしています。
彼女の存在が整備班に良い雰囲気をもたらしてくれており、今後も整備班一丸となって、彼女と一緒に成長していこうと思います。



トピックス


今月のトピックス

1 ランウェイウォーク2024

2 焚火同好会(BBQ)




1 ランウェイウォーク2024

去る6月1日、入間基地において、「滑走路を歩こう!入間基地ランウェイウォーク2024」が開催されました。このイベントは例年、一般公募による抽選等により、約3000名の規模で行われてまいりましたが、今年は航空自衛隊70周年の節目の年ということもあり、一般開放イベントとして誰でも参加できる方式となりました。晴天に恵まれ、約22000人の方々にお越しいただきました。
このイベントに合わせて、広報の一環として基地周辺自治体の中学、高校の陸上部に所属する学生による、滑走路を使用した1500m走計測会、自衛隊体育学校の教官による講話、警備犬展示、中部航空音楽隊による演奏会、C1輸送機との綱引きイベントが行われました。
各種イベントにおいては、入間管制隊の隊員が会場各所において運営スタッフとして参加しました。一部ではありますが、イベントの風景をご紹介いたしますので、当日の雰囲気を楽しんでいただければ幸いです。

トピックストピックス

管制塔勤務員はイベントの状況を確認しつつ、緊急着陸等の事態が発生した際に直ちに発着態勢を整えられるよう、基地内の関係各所と連携しながら勤務しました。

トピックス

ランウェイウォークに先立ち、陸上部所属の中高生によるランウェイラン(1500メートル計測会)が行われました。1チーム10~12名、50組の学生たちが晴天の滑走路上を激走しました。写真は最終組の方々です。

トピックス

トピックストピックス

計測会が終了し、続いてランウェイウォークが始まりました。

トピックス
入間基地所属機の地上展示も行われ、多くの方々が記念撮影等を楽しみました。

トピックストピックス

トピックストピックス

抽選で公募した小中高生たちによる、C1輸送機との綱引きが開催されました。
みんなで一生懸命引っ張る姿に、頑張れー!と歓声が上がりました

トピックストピックス

綱引きは3回行われて、1回目は4cm、2回目は12cm、最後の3回目は500cm!3度目でC1輸送機を見事に大きく動かすことができました。参加した子供たちや学生、保護者の方々が一堂に集まり、記念撮影をして綱引きイベントを終えました。
入間基地では様々な広報イベントが予定されていて、次は7月24日の夕方から入間基地納涼祭が行われる予定です。出店によるグッズ販売や盆踊り、打ち上げ花火も予定されていて、例年およそ4万人の方々が来場されるイベントです。ぜひ、皆様お誘いのうえお越しいただけますよう、隊員一同楽しみにお待ちしています。




2 焚火同好会(BBQ)

これまで焚火同好会によるキャンプ活動が不定期開催され、その模様をこちらでも紹介してまいりましたが、今回は焚火同好会発案のBBQを開催しましたので、その模様をお伝えします。

トピックストピックス

場所は入間基地内にあるバーベキュー場です。仕事終わりの隊員も参加しやすい環境にあります。この日の勤務が休みの、焚火同好会有志が準備を行いました。

トピックストピックス

トピックストピックス

あっという間に時間が過ぎ、薪の炎に癒されての解散となりました。
入間管制隊では、キャンプにコーヒー、DIY、女子会、ツーリング等、様々な同好会を発足して、隊員間の親睦を図り風通しの良い職場環境を醸成しています。次回以降も、その活動内容を紹介していきたいと思います。