飛行情報隊  

ホーム > 部隊紹介 > 飛行情報隊

飛行情報隊

飛行情報隊長

飛行情報隊長 3等空佐 田中 結実

隊長挨拶

みなさんこんにちは。
令和6年3月15日付で隊長に着任しました田中です。
飛行情報隊ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
さて、みなさんはドライブはお好きですか?
ドライブに出発する前にはカーナビで最適ルートをセットしたり、出発後は渋滞や工事などリアルタイムの交通状況をラジオや標識で確認したりしませんか?
飛行情報隊では、空のナビゲーションに必要な地図(地上では道路地図ですね)や、飛行場からの出発や着陸方法を示す図面などを作成しているほか、空の混雑状況や経路上の標識の使用可否、駐機場所に関する最新情報などをリアルタイムでデータ配信しています。そのような飛行情報隊は、実は、陸海空自衛隊機の安全で効率的な空の移動を「情報」で支えるオンリーワンの部隊です。
このホームページでは、オンリーワンな部隊で働く隊員の日常を紹介していきますので、親近感を感じていただければと思います。

部隊紹介

  

飛行情報隊は、NOTAM(ノータム)業務、及び飛行情報出版物編集・校正業務を実施する自衛隊唯一の部隊です。
NOTAMとは、航空機が運航する際に必要な航空情報の一つで、飛行場及びその周辺の特異な情報(場内の工事や周辺の花火大会等)、航空保安無線施設の運用状況など、パイロットにとって必要不可欠なものです。飛行情報隊では、陸・海・空の自衛隊から送られてくる情報について審査し、国土交通省の航空情報センターを通じて全国に発信しています。
飛行情報出版物編集・校正業務とは、自衛隊の飛行関係部隊が使用する航空図や空域図又は飛行場の諸元等を編集した航空路図などを飛行情報出版物といい、これら出版物の原稿を編集及び校正し、印刷を担当する部隊を通じて陸・海・空の部隊に配布しています。

部隊紹介部隊紹介


隊員の訓練風景

英語能力評価試験

令和5年11月13日から17日までの間、飛行情報隊は英語能力評価試験を実施しました。
自衛官は国民の負託に応えるために、体力練成だけでなく、語学についても一定の能力を得るための訓練を行っています。自衛隊では、米軍等とやり取りをすることもあり、英語能力の向上が求められます。飛行情報隊は、毎月英語能力向上訓練を実施し、英語能力の向上に努めています。
どの隊員も時間のある時に英語能力向上に努め、この日の為に少しでも良い結果を出せるよう日々勉強を続けてきました。
評価試験を受けた隊員は日々の努力の成果を遺憾なく発揮し、確かな手ごたえを感じることが出来たと思います。今回満足する結果を出せた隊員もそうでない隊員も、次回はさらに良い結果を出すことを心に誓い、再び日々勉強に努めています。
TOEICの試験はリスニングとリーディングに分かれており、ただ英語の知識があるだけでは高得点を望めません。知識と共に会話の内容を聴き取る能力も必要であり、時間内に問題を解くスピードも求められます。英語の能力向上だけでなく、普段の業務でも必要な能力を得ることのできる良い機会でもあるので、これからも率先して英語能力の向上に努めていきたいと思っています。

訓練風景
決意を胸に、いざ評価試験へ。

訓練風景
マークシートの抜けが無いよう、確認しながら必要事項を記入。

訓練風景
緊張感漂う中、試験開始!!



トピックス

今月のトピックス

1 地上無事故達成

2 服装容儀点検




1 地上無事故達成

去る5月23日、飛行情報隊は33年連続地上無事故を達成しました。

トピックス
航空保安管制群司令から地上安全褒賞を授与されています。

トピックス
隊員との記念撮影です。

「事故はなくせる。」と言葉にするのは簡単ですが、33年も続けるとなるとそう簡単には達成することはできません。33年もあれば、隊員のほとんどは別の部隊に転勤しています。
このような中で、無事故を継続させていくには、一人一人が意識を高く持ち、継続することが非常に大切となってきます。「継続は力なり」という言葉があるように、一つ一つの意識を持って取り組んでいきたいと思います。




2 服装容儀点検

5月22日、飛行情報隊は服装容儀点検を実施しました。航空自衛隊の服装(制服)には大きく分けて、冬用と夏用の2つがあります。今回は、夏用の制服の点検となります。隊員は、制服の管理(アイロンがけや靴の手入れなど)を自分で行っています。自衛官として品位を保つ必要があるため、自衛隊に入隊した後は、教育隊で教わることになります。
航空祭等では、隊員がしっかりとアイロンがけ等手入れをしていますので、是非制服の様子も見てみてください。

トピックストピックス