飛行情報隊  

ホーム > 部隊紹介 > 飛行情報隊

飛行情報隊

飛行情報隊長

飛行情報隊長 3等空佐 今井 眞宏

隊長挨拶

 

飛行情報隊のホームページをご覧いただきありがとうございます。令和2年12月1日付で飛行情報隊長に就任いたしました今井3佐です。飛行情報隊は、自衛隊のパイロットが運航前に必要となる情報を一元的に管理していることから、その情報を常に正確に発信できるよう確認に確認を重ね実施することにより、自衛隊機の安全運航を支援しております。隊員は、新たな隊長指導方針「絆」を念頭に、隊員相互間で協力して訓練、各種任務に邁進しております。今後ともご理解、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

部隊紹介

  

飛行情報隊は、NOTAM(ノータム)業務、及び飛行情報出版物編集・校正業務を実施する自衛隊唯一の部隊です。
NOTAMとは、航空機が運航する際に必要な航空情報の一つで、飛行場及びその周辺の特異な情報(場内の工事や周辺の花火大会等)、航空保安無線施設の運用状況など、パイロットにとって必要不可欠なものです。飛行情報隊では、陸・海・空の自衛隊から送られてくる情報について審査し、国土交通省の航空情報センターを通じて全国に発信しています。
飛行情報出版物編集・校正業務とは、自衛隊の飛行関係部隊が使用する航空図や空域図又は飛行場の諸元等を編集した航空路図などを飛行情報出版物といい、これら出版物の原稿を編集及び校正し、印刷を担当する部隊を通じて陸・海・空の部隊に配布しています。

部隊紹介部隊紹介


隊員の訓練風景

今月の訓練風景
ОJT開始



この春、飛行情報隊所属となった5人の隊員のОJTが開始されました。
ОJTとはОn the Jоb Trainingの略で、独り立ちするために必要なことを学ぶ訓練のことです。訓練はときに厳しく、ときに優しく行われ、指導係の隊員も指導に熱が入ります。新たに所属した隊員たちは、独り立ちを目指し、一人一人が責任感をもって日々技量の向上に努めています。

訓練風景
ОJT中の隊員。ノータムを厳しくチェック。



訓練風景
何か不備はないか・・・



訓練風景
後ろで見守る指導係の厳しくも優しい眼差し。





トピックス

今月のトピックス
最優秀部隊受賞



~最優秀部隊受賞~


わが隊は、令和3年度航空保安管制群最優秀部隊を受賞しました。
この賞は、日頃の訓練や各種業務等の成果を、3つの部門(訓練、広報、安全)に分け、総合評価した結果、文字通り令和3年度航空保安管制群に所属する部隊の中で最も優秀な部隊に授与されるものです。

航空保安管制群は、航空交通管制業務、飛行管理業務、飛行情報業務等を行っており、全国に北は北海道から南は沖縄まで、あわせて20個部隊あります。各部隊は日々任務に邁進しながら、自衛官として必要な体力の練成、任務に必要な知識、技能の向上等に努めています。

今回の最優秀部隊の選考にあたり、わが隊が評価されたポイントは2点あったようです。
まず1点目は、持続走、3km計測、射撃の中で、体力測定等の訓練に関する部門が上位であったことです。隊員は、常日頃から筋トレやランニングをしています。その理由は、有事や災害派遣時に自分に課せられた任務を完遂するために体力が必要だからです。また、体力測定は年2回(春と秋)実施しており、体力測定の結果が昇任に影響するので必死にがんばっています。
2点目は、令和3年度が無事故(安全)であったことです。わが隊は、平成3年5月23日から31年間無事故を継続しています。これは、今までわが隊に所属していた諸先輩方の安全意識の高さが、現在所属する隊員にも脈々と受け継がれてきた賜物です。無事故を継続することいわゆる安全を保つことは、とても重要なことです。その理由は、事故を起こしてしまうと任務遂行能力を低下させるだけでなく、国民の信頼をも失墜させてしまうからです。そのようなことがないように、現隊長の指導方針である「絆」を胸に、これからも隊員同士が強い「絆」でつながり、無事故を継続していきます。

トピックス
※撮影のため一時的にマスクを外しています








60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
飛行情報隊はこちらからどうぞ > 飛行情報隊動画