飛行情報隊  

ホーム > 部隊紹介 > 飛行情報隊

飛行情報隊

飛行情報隊長

飛行情報隊長 3等空佐 今井 眞宏

隊長挨拶

 

飛行情報隊のホームページをご覧いただきありがとうございます。令和2年12月1日付で飛行情報隊長に就任いたしました今井3佐です。飛行情報隊は、自衛隊のパイロットが運航前に必要となる情報を一元的に管理していることから、その情報を常に正確に発信できるよう確認に確認を重ね実施することにより、自衛隊機の安全運航を支援しております。隊員は、新たな隊長指導方針「絆」を念頭に、隊員相互間で協力して訓練、各種任務に邁進しております。今後ともご理解、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

部隊紹介

  

飛行情報隊は、NOTAM(ノータム)業務、及び飛行情報出版物編集・校正業務を実施する自衛隊唯一の部隊です。
NOTAMとは、航空機が運航する際に必要な航空情報の一つで、飛行場及びその周辺の特異な情報(場内の工事や周辺の花火大会等)、航空保安無線施設の運用状況など、パイロットにとって必要不可欠なものです。飛行情報隊では、陸・海・空の自衛隊から送られてくる情報について審査し、国土交通省の航空情報センターを通じて全国に発信しています。
飛行情報出版物編集・校正業務とは、自衛隊の飛行関係部隊が使用する航空図や空域図又は飛行場の諸元等を編集した航空路図などを飛行情報出版物といい、これら出版物の原稿を編集及び校正し、印刷を担当する部隊を通じて陸・海・空の部隊に配布しています。


隊員の訓練風景

図誌班の訓練風景


3月に図誌班に配置された2名の隊員の訓練風景を紹介します。彼らは以前、戦闘機を運用する部隊で飛行管理業務を長年経験しており、飛行管理員として知識も技量も兼ね備えたベテランの2人ですが、図誌班での勤務は航空路図などの出版物を編集する特殊なソフトを使いこなすための訓練、編集された出版物の校正作業及び陸、海、空自衛隊の各飛行場からの問い合わせの対応等、初めて担当することばかりです。2人に図誌班の業務についてお話を伺いました。

訓練風景訓練風景


訓練風景訓練風景

訓練風景

※撮影のため、一時的にマスクを外しています。

2人は既に図誌班の戦力として業務に関わっています。今後の活躍にご期待ください!



トピックス

「健康に生まれてきてくれてありがとう。これからも元気に育ってね。」


飛行情報隊に新米パパが誕生しました。当該隊員は2月に待望の第1子の誕生をキッカケに1か月間の育児休業を取得しました。子どもが生まれる前「不安もあるが妻をサポートしたい。」その一心で育児休業を取得することを決意。その後、防衛省職員のための両立支援ハンドブックを片手に、取得する期間や制度について上司と相談している姿は既にパパの顔になっていました。育児休業中は「すごく大変だったが、2人で子どもに真面目に向き合うことができて人生の中で素晴らしい経験だった。」と話してくれました。育児休業前に感じていた勤務や育児に対する不安は「飛行情報隊と妻の勤務先である飛行管理隊の方々に勤務のサポートをしていただいたおかげで、育児に集中できたことは何よりもありがたいと感じました。」と解消されたようでした。引き続き飛行情報隊は仕事と育児を両立する隊員を支援します。

この場を借りまして隊員一同改めてお祝い申し上げます。

トピックス

※撮影のため、一時的にマスクを外しています。





「航空管制5月号 いぶし銀」の続報です


先日配布、公開された最新の「航空管制 5月号」を皆様ご覧いただけたでしょうか。最後のページに掲載されている「いぶし銀」(5月号で最終回)で准曹士先任を紹介しました。先任は記事の内容を大変喜んでおり、担当の隊員も良い出来に満足していました。後日、記事の内容に感化された先任は「もっと頑張ろう!」と再び部外の硬式テニスの大会に出場することを決意。入賞をかけた6ゲーム先取の試合はまさに大接戦。3-2、4-3とリードを許すもののプレッシャーを感じた相手のミスを見逃さず果敢に攻め6-5と逆転。最終的に7-5で勝利を収め、なんと3位入賞を果たしました!この偉業に隊員たちも驚きを隠せませんでした。3位入賞おめでとうございます。

トピックス