美保管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 美保管制隊

美保管制隊

美保管制隊長

美保管制隊長 3等空佐 菊池 誠

隊長挨拶

 

ようこそ、美保管制隊のホームページへ。令和3年4月に美保管制隊長を拝命した菊池です。美保管制隊は、山陰地方における空の守りとして、美保基地の自衛隊機、民間航空機及び海上保安庁の航空機等の離着陸及び美保基地(飛行場)周辺を飛行する航空機の管制業務を実施するとともに、保有器材の保守整備を粛々と実施しています。コロナ禍において、我々の活動を直接お伝えする機会は限られておりますが、本ホームページを通じて、少しでも美保管制隊を知って頂けるよう部隊の活動状況を紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします。


  

部隊紹介

  

美保管制隊は、航空機の安全かつ効率的な運航を支援する部隊です。美保管制隊の特徴は、大きく2つあります。我々が航空管制を担当するのは美保基地を離発着する自衛隊機だけではありません。美保基地に隣接し同じ滑走路を使用している米子空港を利用する民間機(国際線も含みます。)に対しても管制業務を提供していること、そして山陰地方にある空港の中で唯一、レーダーを使用した管制業務を実施していることです。隊のレーダー管制業務は美保基地/米子空港を使用する航空機は勿論のこと、担当空域(鳥取県中西部、島根県中東部及びその周辺)内 に所在する出雲空港(島根県)を利用する航空機に対してもレーダーによる誘導等を実施しています。米子、出雲空港を利用される皆様のために管制官だけでなく、無線、レーダーや電源の整備員も24時間体制で勤務しています。

隊員の訓練風景

  

今月は管制隊整備班で実施された不測事態対処訓練について紹介します。不測事態対処訓練は、管制現場を支える整備の3本柱であるレーダー機器整備員、無線器材整備員、そして電気員がそれぞれの担当場所で、与えられた各種トラブル発生状況(模擬です。)をチームで対処していきます。隊員は本番さながらのように真剣に取り組み、流行の言葉で表現しますと「全集中!!」で不具合等の原因を突き止め、対応する手順を確立していきます。特に若い隊員が先輩についていこうと全集中で励む姿は日常の事務所等で見せる姿とは異なり、プロフェッショナルを感じさせる姿に成長を感じる瞬間でもあります。訓練終了後は、厳しい目で手順等を確認していた点検官から改善点と良好な点の指摘を受け今後の糧としていきます。コロナ禍が終息し、空の旅を心から満喫できる時が再び訪れ、山陰の地に飛行機を利用して来られる際は、安全な空の旅を支える隊員たちを思い出していただけると励みになります。

訓練風景訓練風景

   状況開始!!                  原因を探求するレーダー整備員


訓練風景訓練風景

配線等を確認する無線整備員                  状況等を報告   



トピックス

美保男


今月は美保管制隊が誇る美保男を紹介します。美保男(通称:みほだん)とは「心身を鍛錬し、力強く逞しい、自衛官として魅力ある男性隊員」をコンセプトに、美保基地及び美保分屯地に所属している隊員から選抜した男性隊員の集まりです。美保基地ホームぺージに各隊から選ばれた美保男たちが掲載されており、各隊自慢の美保男の爽やかな写真と彼らを起用したコロナ感染予防対策の推進ポスターが紹介されております。コロナ禍が終息し美保基地に訪れる機会ができた折には、推し美保男を探してみてはいかがでしょうか。


美保男:www.mod.go.jp/asdf/miho/events/mihodan/index.html


トピックス

美保男ページのスナップショットです。撮影のため一時的にマスクを外しています。