美保管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 美保管制隊

美保管制隊

美保管制隊長

美保管制隊長 3等空佐 橋村 保祐

隊長挨拶

  

8月1日付で着任いたしました橋村です。基地の南東に大山、西には日本で数少ない連結汽水湖のひとつである中海を臨む風光明媚な場所で勤務できることを喜んでおります。   
美保管制隊は、官民共用の美保飛行場(米子空港)のほか、出雲空港を離発着する航空機に対しても管制業務を実施しています。
引き続き、航空機の安全と運航効率の確保に努めてまいりますので引き続き、よろしくお願いいたします。   

 

  

部隊紹介

  

美保管制隊は、航空機の安全かつ効率的な運航を支援する部隊です。美保管制隊の特徴は、大きく2つあります。我々が航空管制を担当するのは美保基地を離発着する自衛隊機だけではありません。美保基地に隣接し同じ滑走路を使用している米子空港を利用する民間機(国際線も含みます。)に対しても管制業務を提供していること、そして山陰地方にある空港の中で唯一、レーダーを使用した管制業務を実施していることです。隊のレーダー管制業務は美保基地/米子空港を使用する航空機は勿論のこと、担当空域(鳥取県中西部、島根県中東部及びその周辺)内 に所在する出雲空港(島根県)を利用する航空機に対してもレーダーによる誘導等を実施しています。米子、出雲空港を利用される皆様のために管制官だけでなく、無線、レーダーや電源の整備員も24時間体制で勤務しています。

隊員の訓練風景

集まれ!~分隊教練~

自衛官と言えば、「強靭な精神力をもって困難な任務に立ち向かう」というイメージをお持ちの方が多くいると思います。実はそれ、日々の訓練の賜物なんです。
私達自衛官は、精神を鍛練し、各種任務遂行のための基礎を作るために、「教練」※を実施しています。今回は、分隊(10名を基準とした部隊)の教練を実施しました。指揮官の「集まれ!」という力強い号令に瞬時に反応し、キビキビとした動作で定められた場所へ集まり、自動で整頓をします。基準となる隊員は、指揮官の前方6歩の位置にいなければならないという難しい間隔を一発で決めることができました。より強靭な精神力を得て、困難な任務を完遂できるよう今後も「教練」を行っていきます。
※教練とは:自衛官として身につけておかなければならない動作を訓練することです。不動の姿勢(気をつけ)に始まり、回れ右、右向け右等…沢山の動作があります。

訓練風景



トピックス

美保基地航空祭

5月26日に美保基地航空祭が行われました。今年はブルーインパルスが来基しなかったものの約2万4千人と沢山の方にお越しいただきました。
今年度は、航空自衛隊の航空機のみならず、陸上自衛隊、海上自衛隊並びに海上保安庁で実際に使用されている航空機、さらには陸上自衛隊の軽装甲機動車やバイク等、多種多様な装備品が飛行場地区に地上展示され、その光景は壮観なものでした。
上空では、美保基地が保有するKC-46AとC-2の編隊飛行でオープニングを飾り、F-2戦闘機による機動飛行、KC-46Aによる模擬空中給油の展示、陸上自衛隊によるCH-47JAから隊員の降下展示が行われ、来場者を飽きさせない構成でした。特に、F-2の機動飛行は、普段見ることができないため、多くの来場者がカメラを片手に上空を見上げていました。
地上イベントとして、C-2の機内展示や航空学生による華麗なファンシードリルの他、高尾山分屯基地の隊員による航空機を模した自転車での素晴らしい演技が行われました。また、基地協力団体による野点・邦楽、様々なグッズや飲食店等も出店していました。来場者の方々が終始、笑顔になっている姿を見て、来年も沢山の方が笑顔になる航空祭を目指して頑張ろうと思いました。ご期待ください!

トピックス

トピックス