美保管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 美保管制隊

美保管制隊

美保管制隊長

美保管制隊長 3等空佐 菊池 誠

隊長挨拶

 

ようこそ、美保管制隊のホームページへ。令和3年4月に美保管制隊長を拝命した菊池です。美保管制隊は、山陰地方における空の守りとして、美保基地の自衛隊機、民間航空機及び海上保安庁の航空機等の離着陸及び美保基地(飛行場)周辺を飛行する航空機の管制業務を実施するとともに、保有器材の保守整備を粛々と実施しています。コロナ禍において、我々の活動を直接お伝えする機会は限られておりますが、本ホームページを通じて、少しでも美保管制隊を知って頂けるよう部隊の活動状況を紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします。


  

部隊紹介

  

美保管制隊は、航空機の安全かつ効率的な運航を支援する部隊です。美保管制隊の特徴は、大きく2つあります。我々が航空管制を担当するのは美保基地を離発着する自衛隊機だけではありません。美保基地に隣接し同じ滑走路を使用している米子空港を利用する民間機(国際線も含みます。)に対しても管制業務を提供していること、そして山陰地方にある空港の中で唯一、レーダーを使用した管制業務を実施していることです。隊のレーダー管制業務は美保基地/米子空港を使用する航空機は勿論のこと、担当空域(鳥取県中西部、島根県中東部及びその周辺)内 に所在する出雲空港(島根県)を利用する航空機に対してもレーダーによる誘導等を実施しています。米子、出雲空港を利用される皆様のために管制官だけでなく、無線、レーダーや電源の整備員も24時間体制で勤務しています。

隊員の訓練風景

新人 新しい職場での奮闘記

  

皆さんこんにちは。今回は整備班に新しく配属された美保管制隊整備班の期待の新人を紹介します。
無線整備員としての基礎課程への入校を経ずに部隊に配属されたため、仕事を覚えるのも苦労していますが一生懸命に取り組んでいます。
いつも穏やかで礼儀正しく、先輩に教わりながら仕事を少しずつ覚えています。同じ職種の先輩達も一様に「マイペースで穏やかな性格で、前向きに取り組んでおり、成長が期待できると思います!」と言っています。
本業の無線整備以外では、一つ大活躍しました。
管制隊60周年の記念映像を作成した時のことですが、彼は巧みにプログラム(パワーポイント)を用い、管制業務を紹介する映像を作り上げたのです!
本業の無線整備の傍ら黙々と集中して作業していましたが、完成したものを見ると、画像に合わせた音声及び動画を挿入して管制官の仕事を分かりやすく紹介しており、大変に良い出来栄えでした。
仕事に対しての集中力と探求心が旺盛で、将来は素晴らしい整備員となってくれることは間違いないでしょう。
この調子でがんばっていこう。応援しているぞ!

訓練風景



トピックス

准曹士先任交代式


今回は、准曹士先任交代式についてお話させていただきます。
部隊において准曹士先任は、一言で言えば、空曹士隊員の「兄貴分」的な存在です。
新人で部隊に来たばかりの者に対しては、悩んでいることはないか、休日は先輩が遊びに連れて行ってくれたか?など、いろいろと話しかけたりしてコミュニケーションを取っています。
右も左も分からない新人にとって、親元を離れて働き、また慣れない寮生活があり、兄貴分のような頼れて相談できる存在が職場に居ることは、どれほどありがたいことでしょう。
もちろん中堅、ベテラン隊員も相談したい事や悩み事があれば、准曹士先任を頼ります。
なんといっても、問題解決のために共に戦ってくれる頼りがいのある存在が准曹士先任の立場です。
長い間准曹士先任を務めていただいた前任者から新しい准曹士先任への交代式が、4月14日(木)、とても厳粛な雰囲気で執り行われました。
前任者の挨拶では、皆も准曹士先任を目指してほしいという言葉があり、全員がこのような地位に就けるわけではありませんが、志を高く持てという意味だと解釈しました。
新しい准曹士先任からは、「准曹士先任の重みを感じています。皆さん、悩み事や相談事があれば、気軽に准曹士先任室に来てください。」との頼もしいお言葉がありました。
自衛官としてというより、人間として悩み事があるのは全く恥ずべき事ではなく、共に寄り添ってくれるありがたい存在が准曹士先任です。
美保管制隊員の隊員は、准曹士先任のおかげで、今日も明るく楽しく勤務しております!

トピックス

トピックス





60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
美保管制隊はこちらからどうぞ > 美保管制隊動画