百里管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 百里管制隊

百里管制隊

百里管制隊長

百里管制隊長 3等空佐 水山 好弘

隊長挨拶

 

百里管制隊ホームページにようこそ!
コロナ禍で油断大敵の日々ですが、我々も感染拡大防止に努めながら、日夜、任務を遂行しております。百里管制隊は、航空自衛隊百里基地において、航空交通管制業務を実施する部隊です。隊員は、航空管制員のほか、屋台骨を支える器材整備員、人事員及び補給員で構成されており、隊員一人ひとりの力を結集し、安全かつ効率的な航空交通を実現しています。これからも部隊一丸となって、国防と空の安全に貢献してまいりますので、引き続き、ご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

百里基地HP

  

部隊紹介

  

百里管制隊は昭和40年に創設されました。百里管制隊が所在する百里基地は、徳川御三家である水戸藩が治めた茨城県中央部の小美玉(おみたま)市に位置しており、北に日本3名園で有名な偕楽園(水戸市)、南に国内2番目の大きさを誇る湖、霞ケ浦、そして西には1番低い百名山ながら「西の富士、東の筑波」と称せられるほど山体の美しい筑波山を望むことができる風光明媚な土地です。
百里基地では、首都圏防空を担う第7航空団及び航空救難を担う百里救難隊の所属機が発着しています。平成22年3月に滑走路が2本化され、官民共用飛行場となったため、国内外への民間定期便も発着するようになりました。周辺空域については、羽田空港及び成田空港の発着便が多数飛行しているため、航空交通が輻輳する空域となっています。百里管制隊は、このような環境の中、日夜、任務を遂行しております。

隊員の訓練風景

  

皆さんこんにちは。先月、基本教練についてご紹介したこと、覚えていますか? 定期的に実施される訓練ですが、日頃の成果を披露する場もあります。我々百里管制隊においては、年度末に実施された「隊長練成確認」が成果を披露する場になりました。今年度1年間磨き上げた我々のかっこいい所を隊長に見てもらう一大イベント、期末テストのようなものだと思っていただければ良いかと思います。

訓練風景

点検官として隊長、補佐官として各班の班長(一般企業だと課長くらいでしょうか)、准曹士先任(曹・士階級の最上級者!) も参加します。普段よりも厳正な空気に、緊張感が高まります……!


訓練風景

ぼくたちの後ろで厳しい目を光らせている補佐官がわかりますか? つま先を開く角度も決まっており(60度)、キッチリと確認されます。この時、靴の輝きも見られていますので前日は念入りに靴磨きを行います。もしも曇りや汚れがあると……考えただけで恐ろしいことです。


訓練風景

立ち姿もこころなしか、いつもより気合が感じられてかっこいい……ですよね? こちらも後ろで補佐官が姿勢の細部まで確認していますが、実施する隊員は「俺たちは完璧! 指摘なんかさせない!」という気迫に満ちています。このように厳正に行われるのが練成確認。参加者全員、全力で取り組みました。


訓練風景

確認が終わればいつもの空気に。ON/OFFの切替をバチッと決めるのも航空自衛隊の魅力だと思います。手ごたえばっちりみたいですね!

 

トピックス

一隅を照らす(職務紹介)


隊員の職務について、個人にフォーカスして紹介しているコーナーです。


トピックス


トピックス