移動管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 移動管制隊

移動管制隊

移動管制隊長

移動管制隊 3等空佐 清水 康雄

隊長挨拶

 

皆様、こんにちは。この度、令和2年1月15日付で移動管制隊長に着任しました清水3佐です。移動管制隊は約6年ぶり、2度目の勤務となり、戻ってきたことを大変懐かしく、また嬉しく思っています。我が隊は、航空保安管制群で唯一、移動式の管制器材を保有し、全国15個部隊の管制器材の機能補完を担っています。隊員は、1人あたりのべ100日前後、年間2~3回展開(出張)し、夏は酷暑の中、冬は極寒に耐えながら任務を遂行しています。展開中、長期不在となる隊員たちのご家族方、また家庭を守られております奥様たちに対しては、わが隊への多大なるご理解とご協力に心より感謝しています。私は、隊員すべてが仕事はもとより私生活においても充実した人生を送れる様に尽力して参りますので引き続き、皆様のご支援ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。

  

部隊紹介

  

移動管制隊は、平成15年3月27日に産声を上げました。その主たる任務は、航空自衛隊が所在する飛行場に設置された管制塔やレーダー施設等の航空管制施設が使用できなくなった場合に、移動式の管制器材を提供して航空管制の継続を支援します。移動式の管制器材には、移動式ラプコン(レーダー)、移動式管制塔及び移動式タカン(航空機に位置情報を提供)の3種類があり、大型トラックで運搬することができます。その活動範囲は、北海道から沖縄までと全国に跨り、少数精鋭の隊員で対処しています。先の東日本大震災では、松島基地において移動式ラプコンを3年間に渡り運用し、東北の空の安全に寄与しました。移動管制隊は、航空自衛隊が航空管制を最後まで継続するために必須の部隊として、そのプレゼンスを維持する必要があります。今後は、厳しい安全保障環境や頻発甚大化する自然災害に迅速かつ適切に対応することにより、国民の皆様の期待に応える所存です。皆様のご声援よろしくお願い致します。

隊員の訓練風景

  

写真の隊員は、移動管制隊の車両整備員として、保有車両の保守整備作業を行っています。この隊員は整備作業のほかにも車両部品の調達や物品管理等を担当しています。彼は移動管制隊に所属して間もなく1年になります。諸先輩方からの指導を真摯に受け止め、ぐんぐん車両整備の腕前を伸ばしています。そして、移動管制隊では唯一の10代の隊員で、精神的にも肉体的にもたくましく成長しています。移動管制隊一同、彼の今後の活躍に期待しています。

訓練風景
※撮影のため一時的にマスクをはずしております。



トピックス

  

HPをご覧の皆さんこんにちは!
皆さん名刺をお持ちですか?営業の方は必携だと思いますが、職業によってはお持ちでない方もいるかもしれません。移動管制隊においても幹部自衛官は全員持っていましたが、空曹士は使う機会が滅多にないため、全員持っていませんでした。作ったことすらない隊員も多数いました。そこでこの度、移動管制隊は全空曹士隊員の名刺を作成し、展開地も含め全隊員に配布しました!名刺には、我が隊をもっと知って頂くため、HPのQRコードと裏には前回撮影した車文字を印刷しました。


トピックス
※撮影のため一時的にマスクをはずしております。


トピックストピックス

表                          裏


そして、サラリーマン風に髪をヒチサンにムースで固めた教官による、作成した名刺を使用した「社会人としてのベーシックマナー講座」が実施されました!


トピックストピックス

 名刺入れをお盆にして・・・・、         座るときは自分の左側に・・・・、


隊員からは「名刺の交換という単純な行為にも細かなルールや作法があり、それを体験し理解することができ、とても楽しかったです!」との感想が。


また、隊員のご家族のなかには、初めて手にする夫・父親・息子の名刺に感激し、一枚のみならず数枚所望された方もいたようで、「もう名刺が無くなってしまった」という隊員も。