那覇管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 那覇管制隊

那覇管制隊

那覇管制隊長

那覇管制隊長 3等空佐 梶原 康次

隊長挨拶

 

ハイサイ こんにちは。
那覇管制隊ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
ご覧いただいている当HPについて、記事の企画から、原稿の作成、写真の撮影及び選定まで、20代の若い隊員が担っています。柔軟な発想や、意外な視点に気づかされることも多く、何より、笑顔で、はつらつとしている姿に、職場の雰囲気も自然と明るくなります。未来ある若者の成長を願い、日々、皆で協力して指導に当たっているところです。
新型コロナウイルスの感染状況は依然として厳しいですが、感染防止に万全を期しつつ、一丸となって任務及び訓練に邁進してまいります。
引き続き、那覇管制隊をよろしくお願いします。

  

部隊紹介

  

那覇管制隊は、主任務である飛行管理業務及び航空機移動情報業務を、24時間休むことなく継続するとともに、飛行部隊等に対する航空管制に係る支援業務を適切に実施しています。また、隊員一同、基地との連携を図りつつ、即応態勢を堅持するとともに、各種訓練を通じて部隊の精強化に努めております。

隊員の訓練風景

OR※への軌(奇)跡

  

今回から短期連載、『ORへの軌跡』が始まりました。5月25日に、飛行管理員として一人前になるためのOR検定があります。受検するのは、昨年末に着隊した二人の新人隊員です。現在、OR取得のため、追い込みをしているところです。タイピングや不測事態への対応の技量が問われる実技試験、関係規則等の知識が問われる筆記・口述試験に備えるため、日々修練に励んでいます。OR取得は彼らの努力にかかっています。結果について来月掲載予定です。ご期待ください。嬉しい報告ができるよう、筆者含め、全力でサポートしていきたいと思います。

※:OR(Operation Readinessの略。)和訳は作戦可能態勢で航空自衛隊における技量区分の一つ。


訓練風景訓練風景
訓練風景今回は、那覇基地の広報班から、なんと!!「おのくん」が二人を激励にきてくれました~
突然の「おのくん」登場に訓練中の二人も満面の笑み!!
とても癒されていました~

※「おのくん」は、那覇基地の広報班所属のマスコット!
「おのくん」の活躍は、
那覇基地のホームページで検索!!
(Facebook、Twitter、Instagramで活躍中)
   

トピックス

展示機清掃


梅雨による憂鬱な空模様が続き、夏が待ち遠しく感じる中、私たち那覇管制隊は、那覇基地内に展示されている航空機の清掃を実施しました。展示機の中には、今年3月に惜しまれつつも退役したF4戦闘機(通称:ファントム)もあり、長きにわたり日本の空を守ってくれたファントムと、日頃お世話になっている基地への感謝の気持ちを込めながら、みんなで協力して、懸命に清掃をしました。ファントムの退役と同様に、我々も今年大きな節目の年注1を迎えることから非常に感慨深い清掃となりました。

最後に、清掃に参加した隊員にインタビューです!!

Q1.展示機の清掃に参加してみてどうですか?

A1.戦闘機に直接触れられる機会なので、ワクワクしました。

Q2.何に注意しながら清掃しましたか?

A2.突起物などに注意して、機体を壊さないように気を付けました。

Q3.今回どのようなところを清掃しましたか?

A3.主に機体の手の届く範囲と脚立を使いコックピット付近の窓を清掃しました。

Q4.次回も参加したいですか?

A4.次回があればぜひ参加したいです。


私たちの業務は直接航空機に触れるものではないため、航空機好きの隊員は、特に嬉しそうに清掃していました。那覇基地を訪れた際は、ぜひ、ピカピカに磨かれた展示機をご覧ください!!(モノレールからもご覧になれますよ。)

※那覇基地のホームページでも紹介されてますので、ご覧ください!!
 「那覇基地ホームページ」で検索!!(Facebook、Twitter、Instagram)
 リンク:https://www.mod.go.jp/asdf/naha/


注1:私たちが所属する航空保安管制群は今年で創設60周年を迎えます。

トピックス

那覇管制隊清掃班出動!


トピックス

隅々まで磨いて綺麗にしていきます!


トピックス

F4EJの前で記念撮影


トピックス

F4EJ清掃写真まとめ


トピックス
※撮影のため一時的にマスクを外しています。

那覇基地で、F4EJと仕事をしていた二人は、清掃の中で当時の事を振り返っていました。


後日・・・・

なんと!!

南西航空方面隊司令官が来隊され、直接、御礼の言葉を頂きました!!司令官がお越しになるというのはまたとないチャンスとばかりに、貴重なお時間を頂いて、運用室に御案内し、我々の業務及びFADP注2について説明をさせて頂きました。

トピックストピックス

注2 FADP(ファダップ):Flight Service&AmisDataProcessing Systemの略で、航空機の運航に関する情報のやり取りができるシステム。




推し隊員じゃ!


「推し隊員じゃ!」では、毎月那覇管制隊の隊員を推しポイントとともに、インタビュー形式で紹介していきます。記念すべき第1回はわが隊の准曹士先任、ニックネームは、恥ずかしいので、ひ・み・つ!!

推しポイントは笑顔です。


Q.笑顔の秘訣は?

A.笑顔は伝染すると思っています。みんながいつも笑顔になればいいなと思っています。


Q.ストレス解消法は?

A.中頭郡読谷村の渡具知(なかがみぐんよみたんそんとぐち)の浜。夕日がきれいな浜で、大戦中にアメリカ軍が初上陸した場所ですが、今では、アメリカ人も日本人も多く訪れ、地元の人にも親しまれる場所なので、オススメです。


Q.言いたいことはありますか?

A.似ていますが…テニスプレイヤーの錦織圭選手とは関係ありません。


注:准曹士先任・・・隊長の補佐及び曹士隊員のまとめ役。


トピックス
※撮影のため一時的にマスクを外しております。




今月の仙人のつぶやき!


今月から新たに始まりました新コーナー「仙人のつぶやき」はコラム(推し隊員じゃ!)で紹介した准曹士先任に一言つぶやいてもらうコーナーです。


「那覇基地内に所在していた国交省の旧管制塔の撤去工事が始まりました。毎日、取り壊されている様子を見る度に胸が痛くなる思いです。


那覇の管制塔では、国交省の管制官が対領空侵犯を実施する空自機に対して管制業務を提供しており、空自隊員の中にも、研修の機会にこの旧管制塔を訪問したことがあるという方もおられるのではないでしょうか。


この旧管制塔は、約30年間那覇空港で運用されたもので、2代目だそうです。私も若い頃より幾度となく研修でお世話になった施設であり、この白い旧管制塔を目にする度に、研修でお世話になった方々を思い出し、懐かしんでおりました。


当時より、那覇空港で知り合った国交省の管制官の方々とはもう20年来の付き合いとなり、幸いなことに今でもその関係が続いています。


新しい管制塔は、2本の滑走路を挟んだ場所へ移設され、ずいぶんと遠くなってしまいました。距離が離れてしまっても、人の繋がりや絆といったものは、これからも大切に続けていきたいものですね。」