新田原管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 新田原管制隊

新田原管制隊

新田原管制隊長

新田原管制隊長 3等空佐 杉山 聡

隊長挨拶

新田原管制隊HPにアクセス頂き、ありがとうございます。
令和5年6月1日付で新田原管制隊長を拝命しました杉山です。平素から航空自衛隊及び新田原管制隊に対するご理解、ご協力を賜り誠にありがとうございます。
新田原管制隊は、海と山に囲まれた自然豊かな宮崎県のほぼ中央に位置する航空自衛隊新田原基地において、離着陸する航空機及び周辺を飛行する航空機に対する航空交通管制業務(航空交通の安全と秩序ある流れを維持し促進する業務)を実施するとともに、管制業務に使用するレーダー等の保守装備を行っています。また、これらに加え、第5航空団の実施する対領空侵犯措置への対応を行っています。
これら重要な任務を確実に遂行するために新田原管制隊が日々実施している様々な訓練や取り組み等を、今後このホームページで紹介していきたいと思います。是非ご覧いただき、今後とも新田原管制隊に対する変わらぬご理解とご支援を賜りますよう、お願いいたします。

  

部隊紹介

  

新田原(にゅうたばる)管制隊は、昭和32年(1957年)12月に編成され、管制塔で行う飛行場管制業務とレーダーによる着陸誘導管制業務を行っています。新田原飛行場周辺の空域(進入管制区)におけるターミナル・レーダー管制業務は、国土交通省の鹿児島空港事務所によって行われています。このため、新田原管制隊は、鹿児島空港事務所との緊密な調整のもと、防空、F-15戦闘機の飛行教育及び航空救難を任務とする基地所属機をはじめ、飛行場周辺を飛行する航空機の安全確保と効率的な運航に努めています。また、対領空侵犯措置(ホット・スクランブル)や救難機の災害派遣等に対応するため、管制官・整備員(レーダー、無線)ともに24時間態勢で備えています。余暇活動も充実しており、ゴルフやサーフィン、釣り、ロードバイク等で、温暖で自然豊かな宮崎を楽しむことができます。

隊員の訓練風景

航空自衛隊には、体力測定というものがあります。
私たちはこの体力測定にむけて、日頃から駆け足訓練や、腕立て伏せや、上体起こし等の体力練成に励んでいます。特に、私たちが所属する管制群は駆け足に注力しており、各隊員に「駆け足は4級以上の級を取得」という目標を設けています。そのためか隊員の皆さんは日頃から、暇さえあれば駆け足訓練!!というような風潮があり、とても士気の高い隊員が揃っています。
駆け足訓練から帰ってきた隊員の皆さんは、とても清々しく達成感に溢れています。皆さんも是非、一歩外に出て走り出してみてはいかがでしょうか。

訓練風景
これは・・・自分との闘いだ!!

訓練風景
あぁ~、いよいよスタートか、緊張してきた。

訓練風景
今回の1番はもらったな。


トピックス

本HPをご覧いただきましてありがとうございます。新田原管制隊は、他部隊の業務内容を知ることで更なる業務の効率化を図るべく、5月と6月に新田原救難隊との部隊間交流を行いました。
救難隊では主に航空機と救難装具を、わが隊においては管制施設及び管制器材の研修を行っていただきました。救難隊と管制隊は近いようで実はあまり交流がなく、お互い初めて見聞きすることがほとんどでした。
救難隊研修で印象的だった事は、 UH60Jという救難ヘリコプター見学でした。災害時、様々な場所で任務を行うこの航空機。皆様も任務にあたるUH60Jの姿をテレビなどで一度は見たことがあるのではないでしょうか。1機の航空機に対して多くの整備員が念入りに整備していました。ネジ一本失くしてはならない。責任の重さと仕事に対する熱い思いが伝わってきて身が引き締まる思いでした。

トピックストピックス

UH60J航空機の研修風景

トピックストピックス

救難装具等

しかしながらこれは我々管制隊の仕事にも通じるものがあるなと感じました。我々の任務もまた、誰一人欠けても成り立ちません。一人一人が業務に誇りと責任を持つ姿勢が大切だなと感じました。
本研修を通じて救難隊との相互理解が深まり、更なる信頼関係が築けたと感じました。人命救助の最前線である救難隊、空の安全を守る管制隊。今後も互いに協力し合い国防任務に邁進していきたいと思います。

トピックス

トピックス