浜松管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 浜松管制隊

浜松管制隊


浜松管制隊長

浜松管制隊長 3等空佐 小玉 光晴

隊長挨拶

浜松管制隊のホームページへ、ようこそ。
浜松管制隊は浜松基地に離発着する航空機や、その周辺の空域を飛行する航空機が安全かつ効率的な飛行を行えるように24時間体制で航空管制業務を行っております。
このホームページでは浜松管制員たちの日頃の任務や訓練等の様子を紹介していきます。
隊員たちの部隊での活動を知っていただき、少しでも身近に感じていただけたら幸いです。


  

部隊紹介

  

浜松管制隊では管制塔とレーダー施設を運用し、「飛行場管制業務」「ターミナルレーダー管制業務」「着陸誘導管制業務」と呼ばれる、空の安全を守るための航空管制業務を行っています。
浜松基地には、T-4、T-400を運用し戦闘機、輸送機パイロット訓練生を教育する第1航空団、
E767を運用し日夜問わず日本の上空を監視し彼我不明機を早期に発見して不法な侵入を防ぐ警戒航空団、
UH-60、U-125を運用し航空救難や災害派遣等で人命救助を行う浜松救難隊など様々な部隊、航空機が所在しています。
このような航空機が、確実かつ安全に任務をこなせるよう浜松管制隊員一同、全力で業務に就いております。
また、基地の南側には浜松広報館エアパークがあり、航空自衛隊の任務や部隊紹介、航空機や機材などの展示があります。
全天球シアターやフライトシミュレーターも体験でき、平日であれば浜松基地で離着陸する航空機を間近で見たりすることのできる施設です。
皆様も是非足を運んでみてください。


隊員の訓練風景

「射撃よーい!」警備火器射撃訓練

管制隊の業務といえば航空管制業務、整備業務…がメインではありますが、それだけではありません!
自衛隊の任務を完遂するために、普段から様々な業務や訓練を行っています。「警備火器射撃訓練」もその1つです。この警備火器とはいわゆる「銃」のことを指します。幹部自衛官は拳銃を、曹士自衛官は小銃の射撃を訓練します。
ただ、いきなり実弾射撃をするわけではなく、安全かつ効果的な訓練を行えるようにまずは座学を実施します。
ここでは、射撃訓練全体の流れを練習したり、銃を構えて狙う際の注意点や照準装置(銃についている、的に合わせて狙う部分)の調整方法などを復習します。

訓練風景

事前の訓練が終わったら、いよいよ本番。
射撃場に向かい、実弾を撃ちます。安全管理に気を付けて、それぞれが練習の成果を発揮します。

訓練風景

訓練風景

浜松管制隊では、今後も様々な訓練を実施しあらゆる任務に対応できるよう能力向上を図っていきます!

トピックス

「アナログゲームで遊ぼうの会」

管制隊では、隊内のコミュニケーションをより活発にすべく、「アナログゲームで遊ぼうの会」を発足しました!
有志を募って、ゲームに詳しい隊員の下、週末の仕事終わりに30分程度行っており、“楽しい”、“面白い”と好評です!
5月某日は、「シャークインパクト」というカードゲームを行いました。
サメホラー映画「シャークインパクト」の登場人物となり、サメの襲撃から生き延びるゲームです(日本サメ映画学会推薦ゲームだそうです!)。

トピックス
真ん中の隊員がゲームに詳しい“ゲームマスター”!

カードに描かれている内容の説明をしてくれています。

手札にサメカードが来たら何とかして他のプレイヤーに押し付け、ゲーム終了時にサメカードが手札になければ生き残り(勝利!) 、手札に持っているプレイヤーは、サメに食べられて敗北してしまうというものです。
短時間でドキドキ、ワクワクを共有でき、総括班、管制班、整備班それぞれ他班との団結力を高めることができました!

トピックス
「サメカード多すぎでしょ!」

談笑しながら楽しくプレイできました。