浜松管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 浜松管制隊

浜松管制隊

浜松管制隊長

浜松管制隊長 2等空佐 浪岡 睦昌

隊長挨拶

 

浜松管制隊ホームページにようこそ。浜松管制隊は、浜松飛行場周辺における空の安全、周辺空域を航行する航空機の安全な運航を支えるため、24時間航空交通管制業務を実施しております。我々は、その任務を全うすべく、全隊員が一丸となってそれぞれの業務に取り組んでおります。当ホームページでは、隊員の訓練風景や活動状況を紹介しておりますので、浜松管制隊を知っていただき、身近に感じていただければ幸いです。皆様の変わらぬご支援、ご理解を賜りますよう、よろしくお願いします。


  

部隊紹介

  

我が隊は、管制塔とレーダー施設において、浜松飛行場に発着する航空機や管轄する空域を飛行する 航空機の安全確保と効率的な航空交通の流れを促進する業務を行っています。浜松飛行場には、 将来の戦闘機パイロットの育成にあたる第1航空団所属の練習機T-4のほか、我が国に接近する彼我不明機を早期に捉え、 不法な侵入を抑止する任務を持つ警戒航空隊の早期警戒管制機E767並びに災害派遣等で活躍する浜松救難隊の捜索救難機が所在し、 日夜厳しい飛行任務に就いております。 我が隊は、これらの航空機の安全かつ効率的な運航を支える航空管制という任務を誇りとし、全隊員一丸となって自衛官らしく颯爽と任務に当たってまいります。 なお、浜松には航空自衛隊唯一のテーマパークである「浜松広報館」が基地に隣接して設けられています。 館内では航空機をはじめとする展示品はもとより、飛行場を発着する航空機も間近に見ることができます。ぜひ一度お越し下さい。


隊員の訓練風景

AWACS同乗飛行訓練

  

浜松管制隊は、浜松基地所在部隊の警戒航空団に配備されているE-767早期警戒管制機(AWACS)での同乗飛行訓練を実施しました。AWACSとはアメリカの航空機メーカー、ボーイング社が開発した航空機で背中に積んでいる大きなレーダーを使って広い範囲を監視することにより、敵性航空機を早期発見し友軍航空機に対して指揮や統制を行うことができます。元々B-767という旅客機を元に作られているので従来航空自衛隊が保有していたE-2C早期警戒機よりも速度も航続距離も優れているのが特徴です。ちなみにAWACSとはairborne warning and control systemの略です。この訓練ではAWACSの飛行訓練に航空管制官が同乗し、航空機上における管制機関との通信状況を把握し、航空機の運航特性や操縦環境を理解するとともに、管制状況を観察することができました。今回得た経験をもとに管制業務の向上を図っていきたいと思います。

訓練風景訓練風景

   


トピックス

移動TACAN展開

  

浜松管制隊では4月中旬、浜松TACAN装置更新のため、その代替手段である移動式TACAN装置の展開を行いました。TACAN装置とは、航空機に方位情報及び距離情報を提供するための装置です。移動式TACAN装置は、受領から展開、器材調整と様々な作業を行い、飛行点検機により正常に使用できるか確認する飛行点検を受けた後、運用が開始されます。入念に受領点検を行い、展開作業では指揮官の下、作業員20名ほどで作業を行いました。トラックに乗った主要器材と牽引台車に乗ったアンテナを連結させる展開作業は危険を伴うため、時間をかけ慎重に行い、概ね7時間をかけて展開を終了させました。ちなみに、本装置の運用は浜松基地が最後となります。移動式TACAN装置は、今後アンテナと主要器材一体型の型式に一本化されます。


トピックス