浜松管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 浜松管制隊

浜松管制隊

浜松管制隊長

浜松管制隊長 2等空佐 浪岡 睦昌

隊長挨拶

 

浜松管制隊ホームページにようこそ。浜松管制隊は、浜松飛行場周辺における空の安全、周辺空域を航行する航空機の安全な運航を支えるため、24時間航空交通管制業務を実施しております。我々は、その任務を全うすべく、全隊員が一丸となってそれぞれの業務に取り組んでおります。当ホームページでは、隊員の訓練風景や活動状況を紹介しておりますので、浜松管制隊を知っていただき、身近に感じていただければ幸いです。皆様の変わらぬご支援、ご理解を賜りますよう、よろしくお願いします。


  

部隊紹介

  

我が隊は、管制塔とレーダー施設において、浜松飛行場に発着する航空機や管轄する空域を飛行する 航空機の安全確保と効率的な航空交通の流れを促進する業務を行っています。浜松飛行場には、 将来の戦闘機パイロットの育成にあたる第1航空団所属の練習機T-4のほか、我が国に接近する彼我不明機を早期に捉え、 不法な侵入を抑止する任務を持つ警戒航空隊の早期警戒管制機E767並びに災害派遣等で活躍する浜松救難隊の捜索救難機が所在し、 日夜厳しい飛行任務に就いております。 我が隊は、これらの航空機の安全かつ効率的な運航を支える航空管制という任務を誇りとし、全隊員一丸となって自衛官らしく颯爽と任務に当たってまいります。 なお、浜松には航空自衛隊唯一のテーマパークである「浜松広報館」が基地に隣接して設けられています。 館内では航空機をはじめとする展示品はもとより、飛行場を発着する航空機も間近に見ることができます。ぜひ一度お越し下さい。


隊員の訓練風景

  

防災の日


浜松管制隊では9月1日の防災の日に合わせ、災害時の対処を想定した訓練を実施しました。
管制官は、航空機を管制するために対空無線機を使って航空機と通信を行います。
今回は、この無線機が災害等で被害を受けた場合を想定し、携帯可能な対空無線機を展開し、実際に通信をする訓練を行いました。
まず、携帯無線機本体にアンテナや受話器を接続し起動する方法を無線整備員が管制官に教育しました。

訓練風景
無線整備員によるレクチャー。

いざという時に備えて使用方法をしっかり学びます。


無線整備員の説明の後、管制官がそれぞれ対空無線機の組み立ての練習を行いました。
その後、無線機を起動し、実際の使い方や電波が正常に発射され、通信が行えるかをテストしました。

訓練風景   実際に通信を行う管制官。無線機は非常に小型ですが、通常の対空無線機と同じように通信を行うことができます!

また、この携帯型対空無線機は、その名の通り、航空機と通信できる性能を有しながらも持ち運びが可能で、リュックサックのように背負い、災害現場や管制塔など様々な場所に展開することが可能です。

訓練風景   実際に屋外に展開した様子。このように背負った状態で、どこでも運用することも可能です。

浜松管制隊では、この無線機の展開訓練のほかにも、広い空域の航空機を管制するためのレーダーが故障した場合を想定した管制訓練や、災害時の通勤を想定し、ハザードマップの確認、代替経路の検討の上での徒歩出勤訓練などを実施し、災害や不測事態に対する意識を高めるとともに、様々な状況でも任務を遂行できる態勢を強化しました!

トピックス

今月のトピックス

1 エアフェスタ浜松2022

2 服装容儀点検



1 エアフェスタ浜松2022

浜松基地では10月23日エアフェスタ浜松2022が開催されました。
ここ数年はコロナ禍ということで、航空祭は全国的に開催が見送られており、浜松基地での航空祭も3年ぶりの開催となりました。
今年の航空祭は、T-400練習機が浜松基地に配備されて初めての航空祭ということもあり、今までとは違いT-4とT-400の編隊による飛行展示に始まり、浜松救難隊のUH-60J救難ヘリコプターがホバリングなどを行う救難展示や、岐阜基地のF-2、F-15戦闘機による機動飛行、また、ブルーインパルスによる曲技飛行、航空自衛隊の航空機や陸上自衛隊の車両の地上展示など盛りだくさんの内容のイベントが開催され、来基した約5万人の皆様にお楽しみいただきました。
浜松管制隊も、航空機に対する管制業務や、基地内における交通誘導などの支援を行いました。
来年も無事に航空祭を開催し、多くの方に喜んでいただけるように、これからも飛行安全に取り組んでまいります。

トピックス

トピックス

トピックス

トピックス

トピックス



2 服装容儀点検

浜松管制隊では、服装容儀点検を行いました。
服装容儀点検は、国を守る自衛官として威容(威厳のある様(自衛隊ではよく使われます))をもっているかを点検するもので、衣替えの時期に実施します。自衛隊の制服には2種類あり、夏制服、冬制服とあります。今回は冬制服を着用して服装容儀点検を行いました。点検項目としては、威容のある立ち居振る舞いか、頭髪が手入れされているか、制服にしわがついてないか、持ち物に不備はないか等を点検します。

トピックス
服装容儀点検受検します!

隊員は、事前から頭髪の手入れ、制服のプレス、靴磨きなどをして、完璧な状態で服装容儀点検を受検しました。万が一指摘があった場合は、速やかに改善し、再度受検します。

トピックス

トピックス
補佐官が身だしなみを確認してる様子。

自衛官として服装、身だしなみ、態度を整えることは当たり前のことです。今回の服装容儀点検があるから身だしなみを整えるのではなく、普段から身だしなみを整えて皆様から信頼される自衛官になるよう、これからも邁進していきます!





60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
浜松管制隊はこちらからどうぞ > 浜松管制隊動画