飛行管理隊  

ホーム > 部隊紹介 > 飛行管理隊

飛行管理隊

飛行管理隊長

飛行管理隊長 3等空佐 大庭 徹哉

隊長挨拶

 

飛行管理隊のホームページをご覧いただきありがとうございます。令和2年8月1日付で飛行管理隊長に就任しました大庭3佐です。飛行管理隊は、昭和35年に米軍から業務を継承して以来、主として陸海空自衛隊の各飛行場から提出された飛行計画の点検、飛行計画等の関係機関への配信及び日本上空を航行する航空機の運航状況の監視、確認を行うことで、日本の空の平和と安全に寄与しています。その業務は、国交省と連接したハイテクシステムFADPを駆使し、また、各隊員のセンスを最大限発揮して行われるものであり、隊員は業務に誇りとやりがいを持っています。隊長の指導方針として「質実剛健」を掲げ、確実、着実を旨とした業務の推進を図っていきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

  

部隊紹介

  

航空機が安全に飛行するためには、正確な運航情報が必要となります。例えば、出発時刻、目的地、飛行経路、巡航高度や飛行場の工事、滑走路の閉鎖などの情報です。飛行管理隊では、航空機の運航に不可欠なこれらの情報をFADP(ファダップ:Flight Service &AmisDataProcessing System)と呼ばれる飛行管理情報処理システムを運用することにより、飛行部隊や管制機関などすべての運航関連の発信元と受信先を繋ぐ中継役となって、必要とするそれぞれの機関へ提供しています。
飛行管理隊員は中継する際に、これらの情報に間違いはないか確認して調整をしたり、また、到着予定時刻を過ぎても目的地に着陸しない航空機を、関係するあらゆる機関に問い合わせて捜索する業務を行っています。また、日本の領空を不法に侵入しようとする航空機の領空侵犯を防ぐため、領空に侵入する可能性のある航空機の情報を関係部隊へ通報する役割も担っています。

隊員の訓練風景

  

今回は飛行管理隊の内務班員の働く姿を紹介したいと思います。飛行管理隊には、飛行計画の点検や、日本上空を飛行する航空機の運航状況を監視することを主な任務とする飛行管理員と、電源装置と電話回線を保守整備する整備員が所属しています。中央の段の写真は、飛行管理員が不測事態対処訓練を実施しているものです。行方不明の航空機の通信捜索や識別不明の航空機に対する情報収集、電話による航空機情報の送信等、多岐にわたる複雑な訓練内容となっており、各員の能力向上と部隊の精強化のため定期的に訓練に励んでいます。内務班員は、飛行管理隊にとって、即応戦力として、なくてはならない存在であり、これからも日本の空の安全を守るため、業務や訓練に邁進していってくれると期待しています。

※内務班員:基地内に居住する者

訓練風景

訓練風景

訓練風景





トピックス

飛行管理業務に係る訓練及び評価について

  

飛行管理隊のホームページをご覧のみなさん、こんにちは。
今回紹介する内容は、飛行管理隊が行う飛行管理業務を遂行するために必要な知識及び技能を向上するため、日々行われている訓練及び訓練効果の定着度に関する評価についてです。
まず、飛行管理業務とは主に、パイロットが提出した飛行の詳細が記載された、飛行計画書というものの内容が各種規則に基づき正しく入力され、かつ必要な機関に対してその飛行計画書が送付されているかを確認する運航情報業務、日本の防空のため、識別業務を行っている部隊に対し情報提供等を行う航空機移動情報業務等があります。
これら業務を行っていくために必要な知識及び技能を維持向上するために飛行管理隊で行っている訓練に障害対処訓練というものがあります。これは、通常業務で使用しているFADPという、飛行計画や識別に必要な情報を処理するシステムに障害が発生した場合を想定し、普段システムが自動で送付している情報を、勤務者が必要な情報を選別し、関係機関に対し電話で送付するという訓練です(写真1枚目)。いつFADPに障害が発生しても運用を継続できるよう常に技量の向上に努めています。

トピックス
障害対処訓練

     

次に、訓練効果の定着度に関する評価です。飛行管理業務を一人で行うには一定以上の知識及び技能を保持しているか評価を受ける必要があります。同評価を受けた隊員は勤務員として業務を行うことができますが、それまでの間は訓練生として勤務員による監督のもと、業務を行います。一定期間業務の訓練を実施した後、評価を受けるために、不測事態発生時の対処要領(写真2枚目)、口述試験(写真3枚目)及び筆記試験(写真4枚目)の4項目を受け、基準を満たしている場合、勤務員としてひとりで席に配置され、業務を行うという流れになります。今回基準を満たした隊員は、これから更なる知識及び技能の向上に努め、活躍してくれることを期待しています。

トピックス
不測事態対処訓練

トピックス
口述試験

トピックス
筆記試験

今回、評価を受けた隊員の今後の抱負は以下のとおりです。
「今後、更に知識及び技能を向上し、飛行管理隊の戦力として活躍できるよう頑張ります。」
「先輩方に追いつき、追い越せるよう更に訓練に励みます。」

今後も飛行管理隊に関する情報を更新していきますので、ぜひお楽しみに。






60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
飛行管理隊はこちらからどうぞ > 飛行管理隊動画