飛行管理隊  

ホーム > 部隊紹介 > 飛行管理隊

飛行管理隊

飛行管理隊長

飛行管理隊長 3等空佐 前木場 淳

隊長挨拶

飛行管理隊のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。令和4年12月1日付で飛行管理隊長に就任しました前木場3佐です。
飛行管理隊は、昭和35年米軍から業務を継承して以来、主として陸海空自衛隊の各飛行場から提出された飛行計画の点検、飛行計画等の関係機関への配信及び日本上空を航行する航空機の運航状況の監視、確認を行うことで、日本の空の平和と安全に寄与しています。
その業務は、国交省と連接したハイテクシステムFADPを駆使し、また、各隊員のセンスを最大限発揮して行われるものであり、隊員は業務に誇りとやりがいを持っています。
隊長指導方針として「一致団結」を掲げ、日本の空の安全を全隊員一丸となって守っていく所存です。今後ともよろしくお願い申し上げます。

  

部隊紹介

  

航空機が安全に飛行するためには、正確な運航情報が必要となります。例えば、出発時刻、目的地、飛行経路、巡航高度や飛行場の工事、滑走路の閉鎖などの情報です。飛行管理隊では、航空機の運航に不可欠なこれらの情報をFADP(ファダップ:Flight Service &AmisDataProcessing System)と呼ばれる飛行管理情報処理システムを運用することにより、飛行部隊や管制機関などすべての運航関連の発信元と受信先を繋ぐ中継役となって、必要とするそれぞれの機関へ提供しています。
飛行管理隊員は中継する際に、これらの情報に間違いはないか確認して調整をしたり、また、到着予定時刻を過ぎても目的地に着陸しない航空機を、関係するあらゆる機関に問い合わせて捜索する業務を行っています。また、日本の領空を不法に侵入しようとする航空機の領空侵犯を防ぐため、領空に侵入する可能性のある航空機の情報を関係部隊へ通報する役割も担っています。

隊員の訓練風景

  

今回は飛行管理隊の内務班員の働く姿を紹介したいと思います。飛行管理隊には、飛行計画の点検や、日本上空を飛行する航空機の運航状況を監視することを主な任務とする飛行管理員と、電源装置と電話回線を保守整備する整備員が所属しています。中央の段の写真は、飛行管理員が不測事態対処訓練を実施しているものです。行方不明の航空機の通信捜索や識別不明の航空機に対する情報収集、電話による航空機情報の送信等、多岐にわたる複雑な訓練内容となっており、各員の能力向上と部隊の精強化のため定期的に訓練に励んでいます。内務班員は、飛行管理隊にとって、即応戦力として、なくてはならない存在であり、これからも日本の空の安全を守るため、業務や訓練に邁進していってくれると期待しています。

※内務班員:基地内に居住する者

訓練風景

訓練風景

訓練風景





トピックス

今月のトピックス

1 小集団活動(山中湖ハーフマラソン)

2 ワークライフバランス(仕事と子育てについて)




1 小集団活動(山中湖ハーフマラソン)

飛行管理隊は小集団活動を頻繁に行っております。特にマラソンに関しては年に2回ほど参加しており、集まった隊員が己の精神と肉体を鍛えるため、奮闘しています。
先日、5月26日に山中湖ハーフマラソンに参加してきました。
山中湖ハーフマラソンは山中湖を一周するコースで、天気がいいと富士山が見えるコースです。今回は運悪く曇り空で、富士山は見ることができませんでしたが、山中湖の周りの豊かな自然の中を気持ちよく走ることができました。
参加した隊員同士お互い声を掛け合い、皆、自分のベストを尽くせたと思います。特に今回は参加した隊員の一人が2時間を切るタイムでゴールし、参加隊員のレベルの向上を感じました。
マラソンは極限の状態に近づくスポーツです。極限を同僚と共有することは、代えがたい信頼や同僚に対する理解に繋がると私は考えています。自衛隊の訓練は時に挫けそうな程に苦しい場面があります。そういった際、マラソンで培った極限を乗り切る精神や仲間との絆が助けとなり、また一段と強い隊員になるのです。
このホームページをご覧の皆様もマラソン、ハーフマラソンに参加して極限を体感してみてはいかがでしょうか。

トピックス




2 ワークライフバランス(仕事と子育てについて)

防衛省のワークライフバランスの取り組みについてご存知でしょうか。防衛省では、「ワークライフバランス推進のための働き方改革」に取り組んでおり、私も現在、育児休業を経て職場に復帰しましたが、この改革で推進している制度を利用しながら仕事と子育ての両立を図っています
この改革では、業務効率化(テレワークの推進やペーパーレス化の推進)だけではなく、仕事と生活の両立支援として、男性育児休業の取得促進やフレックス制等の活用を推進しています。夫も自衛官ですが、育児休業を1か月取得しました。そして、復職後は、フレックス制等を活用し、夫と出退勤の時間をずらしています。夫が遅く出勤し、私が早く退勤することで、子供との時間を確保し、その時間をとても大切にしています。
このように様々な制度を活用することができるのは隊長をはじめ職場の皆さんの理解とフォローの上成り立っていることを忘れず、感謝の意を持って任務に就き、部隊に恩返しできるように精進していきたいと思います。
最後に、防衛省・自衛隊では女性の雇用拡大にも力を入れています。自衛官に興味のある方は是非、お近くの地方協力本部にお問い合わせ下さい。

トピックス