飛行管理隊  

ホーム > 部隊紹介 > 飛行管理隊

飛行管理隊

飛行管理隊長

飛行管理隊長 3等空佐 大庭 徹哉

隊長挨拶

 

飛行管理隊のホームページをご覧いただきありがとうございます。令和2年8月1日付で飛行管理隊長に就任しました大庭3佐です。飛行管理隊は、昭和35年に米軍から業務を継承して以来、主として陸海空自衛隊の各飛行場から提出された飛行計画の点検、飛行計画等の関係機関への配信及び日本上空を航行する航空機の運航状況の監視、確認を行うことで、日本の空の平和と安全に寄与しています。その業務は、国交省と連接したハイテクシステムFADPを駆使し、また、各隊員のセンスを最大限発揮して行われるものであり、隊員は業務に誇りとやりがいを持っています。隊長の指導方針として「質実剛健」を掲げ、確実、着実を旨とした業務の推進を図っていきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

  

部隊紹介

  

航空機が安全に飛行するためには、正確な運航情報が必要となります。例えば、出発時刻、目的地、飛行経路、巡航高度や飛行場の工事、滑走路の閉鎖などの情報です。飛行管理隊では、航空機の運航に不可欠なこれらの情報をFADP(ファダップ:Flight Service &AmisDataProcessing System)と呼ばれる飛行管理情報処理システムを運用することにより、飛行部隊や管制機関などすべての運航関連の発信元と受信先を繋ぐ中継役となって、必要とするそれぞれの機関へ提供しています。
飛行管理隊員は中継する際に、これらの情報に間違いはないか確認して調整をしたり、また、到着予定時刻を過ぎても目的地に着陸しない航空機を、関係するあらゆる機関に問い合わせて捜索する業務を行っています。また、日本の領空を不法に侵入しようとする航空機の領空侵犯を防ぐため、領空に侵入する可能性のある航空機の情報を関係部隊へ通報する役割も担っています。

隊員の訓練風景

  

今回は飛行管理隊の内務班員の働く姿を紹介したいと思います。飛行管理隊には、飛行計画の点検や、日本上空を飛行する航空機の運航状況を監視することを主な任務とする飛行管理員と、電源装置と電話回線を保守整備する整備員が所属しています。中央の段の写真は、飛行管理員が不測事態対処訓練を実施しているものです。行方不明の航空機の通信捜索や識別不明の航空機に対する情報収集、電話による航空機情報の送信等、多岐にわたる複雑な訓練内容となっており、各員の能力向上と部隊の精強化のため定期的に訓練に励んでいます。内務班員は、飛行管理隊にとって、即応戦力として、なくてはならない存在であり、これからも日本の空の安全を守るため、業務や訓練に邁進していってくれると期待しています。

※内務班員:基地内に居住する者

訓練風景

訓練風景

訓練風景





トピックス

  

皆さんは自衛隊の基地内に展示している航空機等をご覧になったことはありますか?航空祭など基地の開庁イベント等にいらしたことがある方はご存じかもしれません。府中基地は、東京都府中市に所在する基地で、飛行場はありませんがF1、F104及び無人機(試作)の3機が正門東側に展示されています。この度、今年が我々航空保安管制群の創設60周年にあたることから、その記念行事の一つとして、日頃お世話になっている府中基地への感謝の意を込めて、基地に展示されている航空機の清掃を行いました。航空保安管制群本部、飛行管理隊及び飛行情報隊の3部隊で部隊の垣根を越えて、団結心の強化及び帰属意識の高揚を目的として実施しました。自衛官でもパイロットや航空機整備員等の職域以外だと、実際に航空機に触れる機会はなく、我々飛行管理隊の隊員も航空機を清掃することはなかなかありません。航空機に直接触れることに喜びを感じつつ、清掃の当日は、両日とも晴天に恵まれ、主にモップや雑巾等を用いて機体の汚れを綺麗に落とすことができました。今回清掃したことで、実際に航空機に触れるなか、若い隊員は先輩から今まで知ることができなかった機体に関する色々な知識を得ることもできました。府中基地に来られた際は、綺麗になった航空機を是非ご覧ください。

トピックストピックス