小牧管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 小牧管制隊

小牧管制隊

小牧管制隊長

小牧管制隊長 3等空佐 魚谷 幸彦

隊長挨拶

 

航空保安管制群のホームページをご覧の皆様、初めまして。令和2年8月1日付で小牧管制隊長に着任した魚谷3佐です。航空管制を学ぶ学生として30年以上前に同期とともに青春時代を謳歌した思い出深い基地で、今度は隊長として勤務できることを非常に光栄に感じるとともに、身が引き締まる思いです。小牧管制隊は、県営名古屋飛行場を拠点とする自衛隊機や旅客機など、様々な運航目的を持つ多種多様な航空機に対する管制業務を安全かつ効率的に実施しているところであります。隊員一同、重要な任務を担う部隊の一員であることを誇りに、今後も元気に明るく、安全確実な管制業務の実施に努め、更なる強き良き部隊として発展するために一丸となって邁進していきたいと思います。引き続き、小牧管制隊をよろしくお願い致します。

  

部隊紹介

  

小牧管制隊は、中部国際空港の開港に伴い、愛知県が管理することになった名古屋空港の管制業務を国土交通省から引き継ぐために創設された航空自衛隊の部隊です。小牧管制隊は、県営名古屋空港に離着陸する自衛隊機をはじめ、空港を拠点として活動する旅客機、ビジネス機、ヘリコプター、個人所有の航空機等、大小様々な航空機に対して管制業務を実施しています。MRJも当空港を拠点に試験飛行を継続しており、皆様も空港を訪れた際にそのスマートな機体を見ることができるかもしれません。小牧管制隊は、航空機の運航に係る安全の確保と運用効率の追求のため、操縦者との意思疎通、関係部隊及び機関等との連携に力を注いでいます。県営名古屋空港の管制業務実施部隊として、引き続き相互のニーズに応えながら的確な管制業務の実施に努めてまいります。

隊員の訓練風景

  

小牧管制隊は9月15日(火)、管制群司令による部隊視察を受察しました。今回の目的は、唯一全国の中で小牧管制隊にのみ導入されている飛行場管制業務支援装置を実地に視察するためです。この飛行場管制業務支援装置は、航空戦力の最大発揮に貢献できる管制官を育成するためのもので、現場さながらのリアルな映像により、とても臨場感のある管制訓練が行えるようになっています。群司令も実際に訓練風景を見て、充実した機能の数々にとても関心を寄せた様子でした。今後も小牧管制隊は、この飛行場管制業務支援装置を駆使して飛行安全の確保及び後進育成に力を注いでいきたいと思います。

訓練風景 訓練風景


トピックス

  

皆さん、こんにちは。今回は、4月1日に行われた定年退官行事についてご紹介します。
定年退官行事とは、自衛隊を定年退官される方に対して、長年のご功績に敬意を表し、今後のご健勝とご多幸を祈念するために催す行事です。
当日は小牧基地内の桜が満開になり、爽やかな陽気の中、定年退官される先輩に対して行事が行われました。全国の同期からのビデオレターが披露されたり、同僚達が感謝の言葉を伝えながら見送りを行いました。最後には、後輩達の盛大な拍手に包まれ、基地を後にされました。仲間を大切にする自衛隊らしい光景だと思います。
さて、自衛隊の定年制度ですが、精強さを保つため、若年定年制度となっています。国家公務員の定年については、段階的に65歳に引き上げになる予定ですが、自衛隊については、下表のとおり、退職時点での階級が1尉以下の場合、54歳~55歳になった誕生日で定年退職となります。ちなみに、60歳で定年になる職種(警務、音楽等)もあります。
また、自衛隊には、再就職援護制度もあり、定年退官後のサポートもしっかりとしてくれますので、安心して次の活躍の場を得ることができます。
満開の桜の中、今回定年退官された先輩も、長年自衛隊で培われた知識や経験、体力を基に、大いにご活躍されることでしょう。


トピックス


トピックス


トピックス


トピックス





60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
小牧管制隊はこちらからどうぞ > 小牧管制隊動画