小牧管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 小牧管制隊

小牧管制隊

小牧管制隊長

小牧管制隊長 3等空佐 魚谷 幸彦

隊長挨拶

 

航空保安管制群のホームページをご覧の皆様、初めまして。令和2年8月1日付で小牧管制隊長に着任した魚谷3佐です。航空管制を学ぶ学生として30年以上前に同期とともに青春時代を謳歌した思い出深い基地で、今度は隊長として勤務できることを非常に光栄に感じるとともに、身が引き締まる思いです。小牧管制隊は、県営名古屋飛行場を拠点とする自衛隊機や旅客機など、様々な運航目的を持つ多種多様な航空機に対する管制業務を安全かつ効率的に実施しているところであります。隊員一同、重要な任務を担う部隊の一員であることを誇りに、今後も元気に明るく、安全確実な管制業務の実施に努め、更なる強き良き部隊として発展するために一丸となって邁進していきたいと思います。引き続き、小牧管制隊をよろしくお願い致します。

  

部隊紹介

  

小牧管制隊は、中部国際空港の開港に伴い、愛知県が管理することになった名古屋空港の管制業務を国土交通省から引き継ぐために創設された航空自衛隊の部隊です。小牧管制隊は、県営名古屋空港に離着陸する自衛隊機をはじめ、空港を拠点として活動する旅客機、ビジネス機、ヘリコプター、個人所有の航空機等、大小様々な航空機に対して管制業務を実施しています。MRJも当空港を拠点に試験飛行を継続しており、皆様も空港を訪れた際にそのスマートな機体を見ることができるかもしれません。小牧管制隊は、航空機の運航に係る安全の確保と運用効率の追求のため、操縦者との意思疎通、関係部隊及び機関等との連携に力を注いでいます。県営名古屋空港の管制業務実施部隊として、引き続き相互のニーズに応えながら的確な管制業務の実施に努めてまいります。

隊員の訓練風景

  

訓練生は、飛行場管制(管制塔)の国家資格を取得するにあたり、現場ではOJT訓練の他、飛行場管制業務支援装置を使用して、日夜訓練に励んでいます。
この装置は、全国にある管制隊の中で、唯一小牧管制隊に導入されているものです。
飛行場管制業務支援装置は、航空戦力の最大発揮に貢献できる航空管制官を育成するためのもので、特に訓練生のOJTの効率化において、非常に有効な装置です。
多くの航空機で混雑している状況、戦闘機や民航機の飛行パターン、緊急状態発生や悪天候等、様々な状況を模擬することができ、大変効果的な航空管制の訓練を行うことができます。
実際にこの装置を使って飛行場管制(管制塔)の資格を取得した訓練生によると、実際の管制現場と同じ視点で、昼夜を問わずいつでも繰り返し訓練できるので、管制用語の使用及び間隔設定等についてスムーズに習得でき、現場の感覚を付けやすかったという声が大半であり、技量向上にあたってとてもメリットが多い装置であるとのことでした。
今後も、この飛行場管制業務支援装置を駆使して、飛行安全の確保及び後進育成に力を注いでいきます。

訓練風景 訓練風景

訓練風景




トピックス

  

皆さんこんにちは。令和4年10月27日に東京都にある陸上自衛隊の朝霞駐屯地にて、第26回全自衛隊陸上競技大会が開催され、ソフトボール投げの種目で、小牧管制隊員が航空自衛隊の代表選手として出場し、83m10cmで6位の好成績を残すことができました。
出場した隊員は「大会では、これまでの練習の成果を発揮することができました。しかし、「まだまだ満足せず練習を重ね、更に上を目指して頑張ります。」と次回は更なる上位入賞に強い意気込みを示していました。
第27回全自衛隊陸上競技大会では、小牧管制隊から1人でも多く出場できるように、継続した体力練成を実施していく所存です。

トピックス

トピックス
※撮影のためマスクを一時的に外しています。



60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
小牧管制隊はこちらからどうぞ > 小牧管制隊動画