岐阜管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 岐阜管制隊

岐阜管制隊

岐阜管制隊長

岐阜管制隊長 3等空佐 杉山 聡

隊長挨拶

 

岐阜管制隊のホームページにようこそ。この度、岐阜管制隊長に着任しました杉山です。岐阜管制隊は、岐阜飛行場に離着陸する航空機及び岐阜飛行場周辺を飛行する航空機に対し、航空機の安全かつ効率的な運航を確保するため、飛行場管制業務(管制塔で実施する業務)を実施している部隊です。我々は、その任務を全うするため、航空管制業務を実施する管制班員、保有器材の保守整備を実施する整備班員、人事、補給業務等を実施する総括班員が力を合わせ、日々の業務に邁進しています。今後も隊員一同力を合わせ、一致団結し、任務を確実に遂行していきます。このホームページでは、岐阜管制隊の活動状況及び岐阜管制隊員の活動状況について逐次更新していきますので、是非ご覧ください。今後とも、これまで同様のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  

部隊紹介

  

岐阜基地は、岐阜県南部の各務原市にあります。明治初期に旧陸軍の大砲射撃場がこの地に開かれたのを始まりに、大正・明治・昭和にかけては、軍の「各務原(かかみがはら)飛行場」として使用されました。現在ある飛行場としては、日本で最も長い歴史があります。終戦により岐阜基地は米軍が使用するようになりましたが昭和32年2月から防衛省と共同使用となりました。その後昭和33年6月に米軍から完全返還され、現在10を超える部隊や機関が在籍しています。基地に所在する航空機は、飛行試験等を担任する航空自衛隊唯一の部隊である飛行開発実験団をはじめ、航空機の研究開発を行う防衛装備庁、川崎重工、岐阜県警察空隊及び岐阜県防災航空隊と多種多様です。管制官は、これらの速度や飛行経路の大きく違う航空機の位置関係を瞬時に見極め、的確な指示をもって安全を確保し、交通の流れを作らなければなりません。この難しさはまた、管制官の仕事に対する誇りであり、やりがいでもあります。

隊員の訓練風景

  

皆さんこんにちは。岐阜管制隊の管制官訓練生は、先輩方から日々指導されながら訓練に励んでいます。訓練が始まってから約半年が経った1月中旬に訓練生にとって最初の登竜門である初期確認試験が行われました。確認試験とは、国土交通省の管制技能試験を受験するにあたり、事前に進捗状況を確認するため隊独自に実施する試験であり、技能試験の受験予定日から遡り、初期、中期、最終といった段階ごとに行われます。試験科目には、航空管制の実技、航空法や関連規則等の口述及び飛行場周辺概要図や進入方式等の筆記の3種類があります。これらの試験に合格しなければ管制技能試験を受験することができません。また、確認試験を行うことにより、訓練生の進捗状況を定期的に把握することで今後の管制訓練をどのように進めていくかを決める目安とすることができます。訓練生にとって最初の確認試験ということもあり緊張していましたが、日頃の訓練や勉強の成果が表れていました。訓練生は、これから更に厳しい訓練が続くこととなりますが、今後も「合格」に向けて、岐阜管制隊一同で訓練生の育成に努めていきますので応援よろしくお願いします。

隊員の訓練風景

隊員の訓練風景隊員の訓練風景

   

トピックス

体力測定

  

岐阜管制隊は、6月21日(月)から2週に渡り体力測定を行いました。
体力測定は、任務遂行に必要な基礎的体力を測定するため1年に1回以上行われ、ⅠとⅡの2つに区分されます。体力測定Ⅰは、腕立て伏せ、腹筋、3km走計測の3種目からなり、全隊員必須の種目となります。それに加えて男性40歳未満、女性30歳未満の隊員は、体力測定Ⅱの種目である懸垂(女性は斜懸垂)、走り幅跳び、ソフトボール投げを行います。年齢の区分に応じて1~7級の等級が定められていますが、上位級になるほど強靭な肉体と精神が求められます。
我々自衛官は、任務遂行に必要な強靭な精神、身体を作るために日々、鍛錬を積んでいます。今回の体力測定において隊員各々コロナ禍のストレスを発散するかのように全力を出し切りました。これからも自衛官として国民の負託にこたえるため、精進していきます。

トピックストピックス
トピックス