岐阜管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 岐阜管制隊

岐阜管制隊

岐阜管制隊長

岐阜管制隊長 3等空佐 瀬川 秀彦

隊長挨拶

  

ようこそ、岐阜管制隊のホームページへ!令和4年4月15日付をもって岐阜管制隊長を拝命しました、瀬川と申します。平素から航空自衛隊及び岐阜管制隊に対するご理解、ご協力を賜り誠にありがとうございます。
岐阜管制隊は、岐阜県各務原市に位置する航空自衛隊岐阜基地において、飛行場を離着陸する航空機又は周辺を飛行する航空機に対する航空交通管制業務を実施しています。また、管制業務を行う際に使用する装備品等を整備し、管理する業務も行っています。これらの業務は、航空機のニーズに応えつつ、運航の安全を確保するために極めて重要な役割を担っています。こうした役割を果たすために、岐阜管制隊が行っている様々な訓練の風景や取り組みをこのホームページにて紹介していきますので、ぜひご覧ください。
岐阜管制隊は、風光明媚な岐阜の地にて空の安全を守るため、今後も隊員一丸となって一層飛躍して参ります。今後も岐阜管制隊をよろしくお願い致します。

  

部隊紹介

  

岐阜基地は、岐阜県南部の各務原市にあります。明治初期に旧陸軍の大砲射撃場がこの地に開かれたのを始まりに、大正・明治・昭和にかけては、軍の「各務原(かかみがはら)飛行場」として使用されました。現在ある飛行場としては、日本で最も長い歴史があります。終戦により岐阜基地は米軍が使用するようになりましたが昭和32年2月から防衛省と共同使用となりました。その後昭和33年6月に米軍から完全返還され、現在10を超える部隊や機関が在籍しています。基地に所在する航空機は、飛行試験等を担任する航空自衛隊唯一の部隊である飛行開発実験団をはじめ、航空機の研究開発を行う防衛装備庁、川崎重工、岐阜県警察空隊及び岐阜県防災航空隊と多種多様です。管制官は、これらの速度や飛行経路の大きく違う航空機の位置関係を瞬時に見極め、的確な指示をもって安全を確保し、交通の流れを作らなければなりません。この難しさはまた、管制官の仕事に対する誇りであり、やりがいでもあります。

隊員の訓練風景

航空自衛隊管制官認定式

  

10月21日、航空保安管制群においてリモートよる航空自衛隊航空管制官認定式が行われ、岐阜管制隊では2名の隊員が認定されました。
この認定式は、航空保安管制群の航空管制官に対して、認定を行うことによって、「誇り」と「自覚」を持たせるとともに、今後の研鑚の礎とすることを目的としています。
航空自衛隊では、国土交通省による管制技能試験を受けて航空交通管制技能証明を取得した後、管制隊の検定官による検定試験に合格して初めて一人前の管制官として勤務することができます。
認定式では、認定される管制官が自己の決意について「宣誓」した後、航空保安管制群司令から「今回の達成感を大切にして、次なる目標や達成感を得るために更なる努力をして欲しい。また、君達の後に続く後輩に今まで培ったものを受け継いでいって欲しい。」との訓示を頂きました。
認定式に参加した2名は、その言葉を真摯に受け止め、やる気に満ち溢れている様子でした。
今回の認定式は、彼らにとって一つの通過点であり、管制官としての旅の始まりです。今後も更なる試練や困難が2人を待ち受けていると思いますが、航空保安管制群司令の言葉を胸に刻み、立派な管制官を目指して、日々精進していくことでしょう。

隊員の訓練風景

 

トピックス

缶バッジ

  

岐阜管制隊では「せっかく来たからには思い出の品を持ち帰ってほしい」という思いを込めて、写真のような缶バッジを作成し、来隊者にお配りしています。
デザインとしては、管制隊エンブレムや隊員が作成したイラスト、管制群20個部隊が60周年記念のフォトコンテストの際に使用したものなど、とてもセンスのあるものとなっています。この缶バッジに付いているQRコードが何なのかは、来てからのお楽しみです。
我が隊の職人が多量に作成したので十分な在庫があります。また、今は新年のセール中ということで、なんと無料となっております。是非貰いに来てください。隊員一同、心よりお待ちしています。

缶バッジを作成している様子の隊員

トピックス

完成した缶バッジ

トピックス