岐阜管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 岐阜管制隊

岐阜管制隊

岐阜管制隊長

岐阜管制隊長 3等空佐 瀬川 秀彦

隊長挨拶

  

ようこそ、岐阜管制隊のホームページへ!令和4年4月15日付をもって岐阜管制隊長を拝命しました、瀬川と申します。平素から航空自衛隊及び岐阜管制隊に対するご理解、ご協力を賜り誠にありがとうございます。
岐阜管制隊は、岐阜県各務原市に位置する航空自衛隊岐阜基地において、飛行場を離着陸する航空機又は周辺を飛行する航空機に対する航空交通管制業務を実施しています。また、管制業務を行う際に使用する装備品等を整備し、管理する業務も行っています。これらの業務は、航空機のニーズに応えつつ、運航の安全を確保するために極めて重要な役割を担っています。こうした役割を果たすために、岐阜管制隊が行っている様々な訓練の風景や取り組みをこのホームページにて紹介していきますので、ぜひご覧ください。
岐阜管制隊は、風光明媚な岐阜の地にて空の安全を守るため、今後も隊員一丸となって一層飛躍して参ります。今後も岐阜管制隊をよろしくお願い致します。

  

部隊紹介

  

岐阜基地は、岐阜県南部の各務原市にあります。明治初期に旧陸軍の大砲射撃場がこの地に開かれたのを始まりに、大正・明治・昭和にかけては、軍の「各務原(かかみがはら)飛行場」として使用されました。現在ある飛行場としては、日本で最も長い歴史があります。終戦により岐阜基地は米軍が使用するようになりましたが昭和32年2月から防衛省と共同使用となりました。その後昭和33年6月に米軍から完全返還され、現在10を超える部隊や機関が在籍しています。基地に所在する航空機は、飛行試験等を担任する航空自衛隊唯一の部隊である飛行開発実験団をはじめ、航空機の研究開発を行う防衛装備庁、川崎重工、岐阜県警察空隊及び岐阜県防災航空隊と多種多様です。管制官は、これらの速度や飛行経路の大きく違う航空機の位置関係を瞬時に見極め、的確な指示をもって安全を確保し、交通の流れを作らなければなりません。この難しさはまた、管制官の仕事に対する誇りであり、やりがいでもあります。

隊員の訓練風景

航空管制器材整備員

  

訓練風景では、「地上無線整備員」について紹介をしていますが、ここでは、同じく管制隊の影の立役者である「航空管制器材整備員」について紹介します。
全国の管制隊には、航空管制業務を行うための色々な器材があり、岐阜管制隊では、「TACAN」(タカン)という器材を保有しています。
TACANとは、航空母艦から発進した航空機がその任務を終えた後に母艦に帰えるために開発された航法用の装置で、灯台のような役目があります。TACANから360度全方向に発射された電波を航空機が受信することによって方位と距離を知ることができるため、悪天候の時でも飛行場に設置されたTACANの電波を受信しながら飛行場に向かって進入することができます。
したがって、TACANは航空機にとって必要不可欠な航法装置といえます。この航法装置に365日(24時間)不具合が発生しないように日々の点検や定期整備などを行っているのが航空管制器材整備員です。

ここからは、航空管制器材整備員が業務を通じて感じたことについてQ&A形式で紹介します。

Q1:整備業務を通じて「やりがい」を感じることは何ですか?
A1:整備という職種は決して華やかなものではありませんが、私達が日々の整備作業を積み重ねていくことで、管制官やパイロットが毎日安全に任務を遂行することができるという思いで業務をしています。

Q2:整備員として心掛けていることは何ですか?
A2:私達が整備している器材は、常に運用しているので、いつトラブルが起きても速やかに対応しなければなりません。そのため、いつでも連絡が取れる態勢を取り、心の準備をして勤務時間以外でもトラブルの対応にあたれるように心がけています。

以上が航空管制器材整備員の「生の声」です。

彼らは、今後も日本の空の安全を担う航空保安管制群岐阜管制隊の一員としての誇りを持ち、魂と愛情を込めながら日々整備業務に取り組んでいきます。

隊員の訓練風景
TACANのアンテナ


隊員の訓練風景

隊員の訓練風景

 

トピックス

イクメン電気員

  

岐阜管制隊には九州弁でユーモラスな電気員の隊員がいます。今回は、彼の普段の仕事ぶりとオフの一面について紹介します。
岐阜管制隊は、管制業務を行うための無線機や「タカン」という航空機の航行を援助するための航法装置などの様々な器材を保有し、管理しています。
我が隊の整備員は、それらの器材が24時間365日休まず運用できるように日々、保守整備業務をしています。
突然ですが、皆さんは落雷などによる停電を経験したことはありますか? そんな時に活躍するのが、発動発電機です。
岐阜管制隊は、縦1M、横2.5M、高さ1.5Mと非常に大きい発動発電機を保有しています。発動発電機って何???馴染みのない言葉だと思いますが、イメージとしては、お祭りの屋台などで大きな音でエンジンを回している器材を思い浮かべてください。
この器材を日々点検したり、整備したりするのが電気員である彼の役目です。
そのほかにも、無停電電源装置といって、停電により電源の供給が断たれた時でも、バッテリーのような役割を果たして停電状態を起こさせない装置の点検や整備も行っています。

トピックス

トピックス


ここからは、そんな彼のアフターファイブに迫っていきたいと思います。今年は、彼にとって非常に喜ばしい出来事がありました。
それは、7月に待望の第1子が誕生してパパになったことです。
今までは、勤務が終了しても雑談などをしていることもありましたが、今は愛娘の元へ全速力で帰っていきます(笑)
家では、慣れないながらも愛娘を抱っこしたり、お風呂に入れたりと毎日育児に奮闘しています。夜泣きなどで寝不足の時でも、子供の話をする時はいつもニコニコしながら嬉しそうに話します。
ご存じの方もいるかもしれませんが、航空自衛隊における男女共同参画推進等に係る取り組みの中には、育児に関するものもあり、配偶者が出産する際に、配偶者出産特別休暇を2日の範囲内、育児参加特別休暇を5日の範囲内で取得することができます。
また、育児のため、配偶者の就業の有無などにかかわらず育児休業を取得する制度もあります。
彼は、この制度を利用して特別休暇や育児休業を取得して愛娘の育児に参画しています。
仕事に育児に大忙しの彼ですが、守るべき家族が増えたことで、より一層責任感が強くなりました。これからも管制隊の一員として大いに活躍してくれることでしょう。

トピックス

トピックス






60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
岐阜管制隊はこちらからどうぞ > 岐阜管制隊動画