防府管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 防府管制隊

防府管制隊

防府管制隊長

防府管制隊長 3等空佐 安藤 靖浩

隊長挨拶

  

防府管制隊ホームページへようこそ。令和4年3月に防府管制隊長を拝命した安藤3佐です。防府管制隊は、防府飛行場を離着陸し、その周辺空域を飛行する自衛隊機などの航空管制を行うことを任務としている部隊です。少人数部隊ながら隊員同士が協力し合い、様々な活動を積極的に行う活気ある部隊です。防府北基地は、航空学生をはじめ、パイロットを志す隊員を育成する第12飛行教育団の所在する基地であり、初級操縦課程という大事な時期の隊員に航空管制を実施することの重責を深く感じています。本ホームページでは、部隊行事や活動状況などを掲載いたしておりますので、防府管制隊を身近に感じていただけましたら幸いです。これからも隊員一同、任務遂行に邁進するとともに明るく事故のない部隊を目指して努力していく所存ですので、今後とも変わらぬご理解、ご協力をよろしくお願いします。

    

部隊紹介

  

防府管制隊の任務は、飛行場管制業務の実施及び保有器材の保守整備であり、航空自衛隊第12飛行教育団の操縦士育成等の訓練機及び陸上自衛隊第13飛行隊の実任務等機並びに近隣飛行場から飛行する海自及び民間航空機等の管制圏通過機に対する管制業務を安全かつ的確に行っております。また、飛行場管制業務を実施する上で、飛行関係部隊及び機関との情報の共有に務め、部隊の任務を円滑に遂行しております。これも皆様の平素からの安全に対するご理解とご支援の賜物と深く感謝申し上げます。我が隊は、少数精鋭の部隊であり暖かな家庭的な雰囲気のある部隊です。今後は、更に管制隊員の技量向上に努め、管制器材の運用中断の局限を図り、管制隊一丸となって任務の完遂に邁進する所存です。皆様の防府管制隊に対するご支援、ご協力を引き続き宜しく御願いします。

隊員の訓練風景

  

防府管制隊では2名の新人隊員が航空交通管制業務の訓練を本格的に開始しました。彼らは、愛知県にある航空自衛隊小牧基地第5術科学校での約1年間の初級者課程を終え、令和3年夏、防府管制隊に配置されました。管制塔を模擬したシミュレーターによる管制訓練の経験はあるものの、実際の航空機を相手にするのは初めてで、防府飛行場での最初の管制は2人とも緊張した面持ちで行っていましたが、訓練回数を重ねるにつれて徐々に本来の力を発揮できるようになりました。現在は、教官が訓練生の後ろについて指導しており、令和4年夏の航空交通管制技能試験を目標に日々訓練に励んでおります。「早く一人前の航空管制官になれるように頑張ります。」と今後の意気込みを語っています。互いに切磋琢磨し、成長していく彼らの姿が楽しみです。
なお、令和3年11月に受験した先輩は見事、試験に合格し、航空機の運航と安全のため、今まで以上に技量の向上を目指し、努力しております。

防府管制隊

※撮影のため一時的にマスクを外しています





トピックス

不測事態対処訓練(避難はしご)



4月18日から21日にかけて、防府管制隊では不測事態対処訓練を行いました。
航空管制を行う管制官や、管制器材を整備する整備員などは主に管制塔で業務をしています。その時に大きな地震や火事が起こった際にどのように対処するか、が今回の訓練の目的です。
管制塔で勤務しているときに火事が起こったとします。すぐに避難しないといけない、でも階段からは火の手があがっているしエレベーターも使えない、イチかバチかで管制塔から飛び降りる訳にもいきません。そんな時どうするか?答えは避難はしごです

トピックストピックストピックス

自衛隊の管制塔ではこのような脱出装置が設置されています。ワイヤーで吊り下げられてそのまま下に降りるものなど各管制塔によって種類はさまざまですが、防府管制塔でははしごタイプのものを採用しています。使い方は単純です。蓋を開けてボタンを押す。そうするとはしごが下に展開されます。あとは降りるだけ。

トピックス

文字にするとかなり簡単な感じがしますが、肝心の降りる動作になかなか勇気が要ります。下が固定されていないので、降りている間にはしご自体がかなり揺れるのです。とは言っても一刻を争う事態に駄々をこねる暇はありません。いざという時に迅速に避難することができるよう、防府管制隊員は訓練に励んでいます。






60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
防府管制隊はこちらからどうぞ > 防府管制隊動画


【おすすめリンク】


リンク
防府北基地ホームページ


TW FB INST
TwitterfacebookInstagram)