築城管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 築城管制隊

築城管制隊

築城管制隊長

築城管制隊長 2等空佐 椙本 勝之

隊長挨拶

 

築城管制隊ホームページにようこそ。
築城管制隊長の椙本です。
築城管制隊は、築城飛行場に離着陸する第8航空団所属機等、空自機の発進帰投に関する航空交通管制業務をはじめ、北九州空港や山口宇部空港の民航機、空自防府飛行場及び海自小月飛行場に離着陸する航空機に対してもターミナルレーダー管制業務を提供しています。
本ホームページでは、部隊行事、隊員の活動状況などを紹介してまいります。築城管制隊を身近に感じていただければ幸いです。
今後とも皆様の変わらぬご支援、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

部隊紹介

  

築城管制隊は、航空交通管制を主な任務とし、築城基地における飛行場管制や築城進入管制区(九州北東部から山口県西部にわたる空域)に係わるターミナル・レーダー管制(広域管制)などを行っています。広域管制のエリア内には、築城飛行場のほか、北九州空港や山口宇部空港、小月飛行場(海自)や防府飛行場(空自)が所在しており、それぞれ発着する航空機も管制業務の対象になっています。戦闘機をはじめ、民間旅客機や小型練習機など様々なトラフィックを扱うことも築城管制隊の特色の一つです。一方、それぞれの飛行場や空港では運用態様が異なるため、飛行経路や管制方式も複雑になります。このため、特にチームワークや相互の意思疎通を大切にしつつ安全で円滑な航空交通の確保に努めています。築城管制隊は、24時間態勢で管制施設を運用することにより、戦闘機の緊急発進(スクランブル)や災害対応、深夜便の運航などに備えつつ、日夜、空の安全を支えています。


隊員の訓練風景

ホームページをご覧の皆さん、こんにちは。
今回は、航空自衛隊車両等操縦免許証を取得するため、車両操縦訓練に励んでいる隊員を紹介します。
まず、航空自衛隊の全車両は、運転免許証での運転ができないことをご存じでしょうか。航空自衛隊車両等操縦免許証を取得することで、航空自衛隊が保有している車両を運転することが許可されます。
また、航空自衛隊車両等操縦免許証には、普通車、中型自動車及び大型自動車等様々な種類があり、それぞれの種類によって運転できる車両が異なります。取得するためには、学科試験及び実技試験に合格する必要があります。
我が隊の新規受験者は、学科試験のために関係規則の確認を実施しています。また、指導員のもと、車両等操縦免許試験コースの走行、標識の確認及びバック駐車の練習を実施することで知識及び操縦技量向上に努めています。
今後、航空自衛隊車両等操縦免許証を見事取得し、無事故無違反で安全運転を実施してくれることでしょう。

実技試験実施中の隊員

訓練風景

訓練風景


トピックス

皆さんこんにちは。今回は、築城管制隊で実施している「訓練生会同」について紹介します。
航空管制官になるためには第5術科学校を卒業後、各部隊へ配属され管制官になるための訓練を行います。(※細部は管制群ホームページTOPにある「航空自衛隊の航空管制官になるには」をご覧ください!!)訓練生は技能証明を取得するために筆記、口述及び実技の技量向上のため、計画的に訓練を行っています。
その訓練を進める中で様々な悩みや疑問が生じます。また、順調に力を付けていく訓練生やそうではない訓練生がいることから、訓練生同士で話し合い、悩みや疑問を解決する場として「訓練生会同」を定期的に実施しています。その会同においては、自分の体験や学びを共有し、意見を交換し合うことで、一緒に考える機会を設けています。
また、先輩訓練生のアドバイスや体験談、勉強方法も聞くことができ、一人ひとりの訓練生の成長につながる実りあるものとなっています。

訓練生会同の様子

トピックス