松島管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 松島管制隊

松島管制隊

松島管制隊長

松島管制隊長 3等空佐 山下 健

隊長挨拶

 

松島管制隊のホームページへようこそ。令和6年4月15日付で隊長を拝命しました山下3佐です。日頃から、基地の内外より多くのご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。
松島管制隊は、しなやかな組織であることを目標に、柔軟な思考、メリハリ及び変革を重視して日々成長を続ける部隊であると自負しております。特に、隊員一人ひとりが活発に業務に取り組めるよう風通しの良い職場であるよう心掛けておりますので、入隊をご検討中の方をはじめ皆様、ぜひ一度見学にお越しいただけると幸甚です。
今後も松島管制隊員一同、一丸となって職務を全うしてまいりますので、引き続きご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

    

部隊紹介

  

松島管制隊は、宮城県東松島市の松島基地に所在し、主として第4航空団の支援戦闘機F-2、練習機T-4、松島救難隊の救難機U-125、救難ヘリUH-60及び飛行場周辺を運航する航空機に対し管制業務を実施しております。東日本大震災で被害を受けた管制塔及びレーダー施設もお陰様で平成26年に換装され、現在では大きな不具合もなく、安定した管制業務を実施することができています。ご存知の方も多いとは思いますが、松島基地には航空自衛隊が誇るアクロバット・チーム「ブルーインパルス」が所属しております。航空祭等で華麗な演技を披露してくれる彼らの訓練場所が松島飛行場上空及び周辺空域です。私どもは、週に数回はその飛行を見ることができます。また、牡鹿半島や松島海岸(日本三景の1つ)の近傍ということもあり管制塔からの眺望は絶景であります。


隊員の訓練風景

  

松島管制隊ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
管制隊における航空管制の訓練生について紹介します。彼は、陸海空自衛隊の航空管制官の養成機関である第5術科学校において、約1年の教育を終了し、令和5年7月に松島管制隊に初級航空管制専門員として配置されました。
初めは、学校と部隊の違いに戸惑い、不安な気持ちが大きかったようですが、職場の先輩や航空管制業務の指導員から段階的かつ丁寧に仕事内容や部隊等のことを教えてもらい、今では、24時間態勢である管制塔のシフト勤務員として活躍しています。
また、彼は、自衛官としても防衛に関する知識、自衛隊法の理解、警備能力及び体力の向上など様々な分野で大きく成長しています。
彼は、令和6年9月に国土交通省の実施する航空管制官の試験を受験する予定ですので、航空管制官の資格の取得を目指し、知識面では、航空法、気象、地理及び航空機特性などを学び実技面では、無線機を使用した航空機及び車両等に対する管制要領について訓練中です。
彼が、一日でも早く一人前の航空管制官になれるよう、部隊全体で支えていきます。

訓練風景

   

トピックス

今月のトピックス

1 出産祝福行事

2 航空保安管制群司令部隊視察

3 地上安全褒章授与



1 出産祝福行事
5月7日、隊員に新しい家族が誕生したことを、全員で祝いました!本人曰く「育休を取得し、家族孝行をしつつ、育児と仕事を両立させていきます。」とのことでした。
管制隊では出産に伴う育児休業取得率は100%であり、隊員が相互に支え合える環境が作られています!

トピックス
子供の名前を発表する隊員




2 航空保安管制群司令部隊視察

今年の3月に全国の空自管制部隊の長である航空保安管制群司令(以下、群司令)が交代し、新たに群司令として着任した樫地1佐が松島管制隊を視察のため訪れ、管制隊が保有する装備品及び各施設の巡視や、管制隊隊員との懇談会などを行いました。

トピックス
施設巡視の様子。ターミナルレーダー訓練生を優しく見守る群司令

トピックス
曹士隊員との懇談の様子

曹士との懇談では、若手の空曹や空士隊員から、群司令に対し積極的な質問を行いました。参加した隊員に聞いたところ、「群司令は終始にこやかな表情で、どんな質問に対しても非常に丁寧に回答していらっしゃったので、大変コミュニケーションがとりやすかった。」とのことでした。まさに、群司令の統率方針である「We are One Team!」が、懇談において垣間見えたのではないしょうか。




3 地上安全褒章授与

部隊視察の機会を生かし、松島管制隊は群司令から直接地上安全褒章を授与されました。地上安全褒章とは、ある一定期間、松島管制隊の全員が無事故を達成することにより授与される名誉ある賞であり、隊員一同が何事に対しても安全に対する意識を日頃から高めて取り組んだ成果です。今後も松島管制隊は、日々の任務や生活に無事故で取り組んで参ります!

トピックス
授与式後の記念写真