三沢管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 三沢管制隊

三沢管制隊

三沢管制隊長

三沢管制隊 2等空佐 森尾 健児

隊長挨拶

 

三沢管制隊のホームページへようこそ。隊長の森尾2佐です。
三沢管制隊は、自衛隊、米軍、そして民航機が運航する三沢基地において、航空自衛隊の任務遂行と周辺空域における安全確保のため、航空交通管制業務の実施とそのために必要な器材の保守整備を実施する部隊です。
このホームページでは、任務にまい進する隊員の姿や管制隊の活動について紹介していきます。
ぜひご覧ください。

  

部隊紹介

  

三沢管制隊は、三沢飛行場に離着陸する全ての航空機(自衛隊機、米軍機、民間機)及び周辺を飛行する航空機の安全及び円滑な運航を確保するため、管制塔やレーダー管制施設において、航空交通管制業務(空の交通整理)を行うとともに、装備品の保守整備を行っています。三沢管制隊が実施している業務は以下のとおりです。

・三沢飛行場を離着陸する航空機に対する飛行場管制業務、着陸誘導管制業務、進入管制業務及びターミナル・レーダー業務

・八戸飛行場及び大湊飛行場を離着陸する航空機に対する進入管制業務及びターミナル・レーダー管制業務

・三沢ターミナル・コントロール・エリア内のVFR機に対するTCAアドバイザリー業務

・空港監視レーダー、空港面探知レーダー、精測レーダーなどの保守整備

夏の山背、冬の積雪など青森県三八上北地方の厳しい気象条件の中、管制員は常に細心の注意を払って空の安全確保に努めています。


隊員の訓練風景

  

皆さんこんにちは。私は、昨年の7月に三沢管制隊の管制班に配属されました。
私の業務内容は、航空機に対し指示を与えて航空交通の安全と円滑な流れを作ることです。
三沢基地は日米共用の飛行場であるため、自衛隊機及び米軍機が運航しています。
管制業務では、管制専門の用語を使用しますが、米軍機とのコミュニケーションをとるためには、米軍パイロットの生の英語を聞き取る能力が求められます。そのため、管制の勉強だけでなく、実践的な英会話能力の習得が必要です。学ぶことは沢山ありますが、その分やり甲斐もある仕事です。
そして、最終的には10月に控える管制官の技能試験に合格し、一人前の管制官となることで部隊に貢献できるよう邁進していきます。

訓練風景
※撮影のため一時的にマスクを外しています。






トピックス

  

 皆さん、こんにちは。三沢基地では、9月11日に3年ぶりとなる航空祭が開催されました。当日は天候にも恵まれ無事に航空祭を終えることができました。
三沢管制隊は、デモフライトのための飛行支援や来賓者への接遇などを行いました。また、今回の航空祭で初めて、管制塔をモチーフにした三沢管制隊のオリジナルマスコットキャラクターである「コン太くん」をお披露目し、会場を歩き回り、たくさんの来場者と交流しました。
三沢基地の航空祭は、自衛隊及び米軍の多種多様な航空機や装備品など普段では見ることができないものを間近で見ることができるため、他の基地とは違った魅力があります。次回の航空祭は是非三沢基地に足を運んでみてください。

トピックス





60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
三沢管制隊はこちらからどうぞ > 三沢管制隊動画