三沢管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 三沢管制隊

三沢管制隊

三沢管制隊長

三沢管制隊 2等空佐 森尾 健児

隊長挨拶

 

三沢管制隊のホームページへようこそ。隊長の森尾2佐です。
三沢管制隊は、自衛隊、米軍、そして民航機が運航する三沢基地において、航空自衛隊の任務遂行と周辺空域における安全確保のため、航空交通管制業務の実施とそのために必要な器材の保守整備を実施する部隊です。
このホームページでは、任務にまい進する隊員の姿や管制隊の活動について紹介していきます。
ぜひご覧ください。

  

部隊紹介

  

三沢管制隊は、三沢飛行場に離着陸する全ての航空機(自衛隊機、米軍機、民間機)及び周辺を飛行する航空機の安全及び円滑な運航を確保するため、管制塔やレーダー管制施設において、航空交通管制業務(空の交通整理)を行うとともに、装備品の保守整備を行っています。三沢管制隊が実施している業務は以下のとおりです。
・三沢飛行場を離着陸する航空機に対する飛行場管制業務、着陸誘導管制業務、進入管制業務及びターミナル・レーダー業務
・八戸飛行場及び大湊飛行場を離着陸する航空機に対する進入管制業務及びターミナル・レーダー管制業務
・三沢ターミナル・コントロール・エリア内のVFR機に対するTCAアドバイザリー業務
・空港監視レーダー、空港面探知レーダー、精測レーダーなどの保守整備

夏の山背、冬の積雪など青森県三八上北地方の厳しい気象条件の中、管制員は常に細心の注意を払って空の安全確保に努めています。


隊員の訓練風景

  

小牧基地にある第5術科学校から三沢基地に航空管制官として赴任してきました。「航空管制」は、航空機が安全に運航できるよう順序良く並べ、安全な間隔を設定する、いわゆる「空の交通整理」を行うとともに、飛行場の地上における航空機間又は航空機と車両等の間の安全を確保します。更に、緊急発進や緊急事態の対処も行います。
私は現在、管制塔で実施する飛行場管制業務の資格取得の為に訓練をしています。

訓練風景
米軍機に対し、指示を出している様子
「最初は全く聞き取れませんでしたが、少しずつ分かるようになってきました!!!。」

※撮影のため一時的にマスクを外しています。

知識と判断力を併せて瞬時に航空機に指示を出さないといけないため、非常に難しいですが、先輩隊員の下、素早く指示を出せるように練習しています。また、操縦者の命を預かる仕事である為、緊張感を持って訓練に取り組んでいます。
三沢管制隊は航空自衛隊で唯一の日米共同飛行場における管制業務を行う部隊なので、英語によるコミュニケーションに日々苦労していますが、1日でも早く管制官として戦力になり、空の安全に貢献したいです。




トピックス

三沢管制隊マスコットキャラクター紹介

  

三沢管制隊ホームページをご覧いただきありがとうございます。今回は三沢管制隊に新しく誕生した、マスコットキャラクターを紹介したいと思います。

令和4年新春。今後の三沢管制隊の益々の発展を願い誕生したのが「コン太くん」です。コン太くんは三沢基地のシンボルタワーである管制塔を表した頭に、三沢の空の安全を360度くまなく監視する大きな目を持ち、青森が誇る県産リンゴTシャツを着て、デジタル迷彩の袢纏を羽織っています。名前は、管制塔を表す「コントロールタワー」をイメージして命名されました。

トピックス

三沢市は海産物が豊富な太平洋に面し、また陸地は世界的に重要な湿地としてラムサール条約に登録された「仏沼」を始め、豊かな自然に恵まれています。そして太平洋戦争後、三沢海軍飛行隊の飛行場として三沢基地が開設されたという歴史ある街です。

これからも自然、歴史、文化が豊かな三沢市の空の安全を、我々三沢管制隊が担っていきます。
今後とも、コン太くんと三沢管制隊をどうぞよろしくお願いいたします。





60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
三沢管制隊はこちらからどうぞ > 三沢管制隊動画