千歳管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 千歳管制隊

千歳管制隊

千歳管制隊長

千歳管制隊 2等空佐 小下 修平

隊長挨拶

 

ようこそ、千歳管制隊ホームページへ。令和2年8月に千歳管制隊長を拝命した小下(こした)です。まずは、新型コロナウィルスによりお亡くなりになられた方々にご冥福をお祈りするとともに、療養中の方々をはじめ、見えない敵と戦っておられる皆様にお見舞いを申し上げます。千歳管制隊は、戦闘機や旅客機など、多種多様な航空機と国内有数の交通量を取り扱っており、熟練の管制員から若手の管制員まで、さらに、総務や飛行管理、整備に関わる所属隊員が一丸となってそれぞれの業務に励み、日夜を問わず任務を全うしています。私達は、北国の空の平和と安全を守るため、使命感と北の頂を目指す者としての誇りをもって、任務に邁進してまいります。このホームページでは、管制隊ならではの特色や行事、隊員の訓練風景などを掲載しますので、是非ご覧いただき、私達、千歳管制隊をより知っていただけたらと思います。

  

部隊紹介

  

千歳管制隊は、日本最北の空の守りの要である千歳飛行場と北海道の空の玄関口である新千歳空港という二つの飛行場とその周辺の空域の航空交通管制業務を担任している部隊です。加えて飛行管理情報処理システムを利用して航空機の運航情報等を扱う飛行管理中枢業務及び保有機器の保守整備業務を行っております。千歳には冬は降雪、夏は海霧という厳しい気象特性があります。また、新千歳空港の発着数は外国人観光客の増加やLCC(Low Cost Carrier:低価格運賃航空会社)の就航で、国際線、国内線ともに右肩上がりの状況です。最近は対領空侵犯措置等も増えて、確実に任務を遂行しなければなりません。このような状況の中で隊員はプロフェッショナルとしての誇りを持って、元気に日々の業務に邁進しております。新千歳空港にお越しの際は、千歳管制隊の頑張りに思いをはせていただけると幸甚です。

隊員の訓練風景

  

千歳管制隊ホームページをご覧の皆さん、こんにちは。今月は、飛行管理班の若きエースについて紹介します

訓練風景
障害発生を想定し、関係部隊へ必要な情報を通報している様子
(通常に運用している場合は、FADPにより自動で通報される。)

※撮影のため一時的にマスクを外しています

彼は今、11月に実施されるAPT(特技試験)※①に向けて日々、訓練を頑張っています。この試験に合格すると、飛行管理員のレベルが1段階上がり、「初級飛行管理専門員」から初級が取れ、「飛行管理専門員」となります。飛行管理専門員になるためには、日々の業務で使用しているFADP(飛行管理情報処理システム)というPC型の器材で飛行計画書※②の内容を正確に点検し、出発・到着通報等※③の送付漏れなどについて確認するための専門知識を身に付けなければなりません。例えば、到着予定時刻を過ぎても航空機が着陸していない場合は、管制機関や飛行経路上の飛行場と連絡を取りながら、航空機の捜索を行います。また、航空法や国際民間航空条約に準じた規則や協定を理解する必要があることに加え、警戒管制や航空管制等の他職種の知識も必要となります。
これらの専門知識を覚え、実地の経験を積んで10か月、彼は、先輩隊員の的確な指導を真摯に受け止め、メキメキと成長しています。持ち前の、明るく好奇心旺盛な性格で成長し続ける彼に今後も期待しています!


※①APT(特技試験)
職種ごとの技術的知識の程度を判定するための試験。

※②飛行計画書
出発地、到着地、飛行時間、搭載している器材や飛行経路等の航空機を運航するために必要な情報をパイロットが作成するもの。

※③出発・到着通報等
  航空機が出発・到着した時間を決められた様式に入力した通報。


トピックス

男性隊員の育児休業紹介   

私は、令和3年3月、第2子(男)誕生に伴い、6月2日から6月30日まで育児休業を取得しました。妻が第2子を授かったことを知ったときに、育児休業を取得したいと上司等に相談したところ、快諾していただき、スムーズに育児休業に入ることができました。育児休業中は、沐浴、オムツ交換、家事や長男の遊び相手などを妻と分担して行いましたが、仕事では経験できない喜びや辛さがあり、上の子がいる中での育児は想像以上に忙しく、育児の大変さを改めて感じました。また、同僚や後輩が業務についてサポートしくれたからこそ、育児休業という他には代え難い貴重な時間をいただき、有意義な期間を過ごさせてもらえたことにとても感謝しています。今後も子供たちと共に、妻も私も成長していけたらと思います。

トピックス



千歳基地SNSリンク

千歳管制隊の所在する千歳基地のSNSです。

フェイスブック

FB  

インスタグラム

INST

ツイッタ―

TW