千歳管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 千歳管制隊

千歳管制隊

千歳管制隊長

千歳管制隊 2等空佐 宮崎 裕太

隊長挨拶

  

千歳管制隊のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
千歳管制隊は、千歳飛行場とそこに隣接する新千歳空港の離着陸や周辺空域を飛行する航空機に対する各種航空管制業務、北日本方面における航空機の飛行計画の処理、対領空侵犯措置(いわゆるスクランブル)に必要な彼我識別不明機の識別業務の支援及び保有する器材の保守整備を担っています。
これらは全て、日本の空の安全と航空機の運航には欠かせない業務であり、日々、更なる安全性の向上と効率的な運航のため部隊一丸となって取り組んでいます。
これからも皆様に信頼される千歳管制隊であり続けるため、努めてまいりますので、引き続きご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  

部隊紹介

  

千歳管制隊は、日本最北の空の守りの要である千歳飛行場と北海道の空の玄関口である新千歳空港という二つの飛行場とその周辺の空域の航空交通管制業務を担任している部隊です。加えて飛行管理情報処理システムを利用して航空機の運航情報等を扱う飛行管理中枢業務及び保有機器の保守整備業務を行っております。千歳には冬は降雪、夏は海霧という厳しい気象特性があります。また、新千歳空港の発着数は外国人観光客の増加やLCC(Low Cost Carrier:低価格運賃航空会社)の就航で、国際線、国内線ともに右肩上がりの状況です。最近は対領空侵犯措置等も増えて、確実に任務を遂行しなければなりません。このような状況の中で隊員はプロフェッショナルとしての誇りを持って、元気に日々の業務に邁進しております。新千歳空港にお越しの際は、千歳管制隊の頑張りに思いをはせていただけると幸甚です。

隊員の訓練風景

千歳管制隊ホームページをご覧のみなさん、こんにちは。今月は、昨年8月に千歳管制隊整備班の航空管制器材整備係に配属された期待の新人を紹介します。千歳管制隊の航空管制器材整備係は、航空交通管制業務に使用する器材の保守整備を24時間体制で行っています。千歳管制隊が保有する器材は、他の管制部隊と比較すると数や種類が多くあり、また、冬季期間においては、積雪などを考慮して整備作業を行う必要があります。
このような特色がある部隊に配属された彼は、現在シフト勤務を行いながら技量向上を目指し、OJT(ON THE JOB TRAINING)に邁進しています。

訓練風景

専門とする器材の構成、整備手順及び書類の作成、途方もない量の知識などが必要とされ、気が遠くなりそうですが、ここでしか得られない達成感、充実感があります。

訓練風景

笑顔を絶やさず、日々の訓練に励んでいる姿勢はとても立派で将来が楽しみです。



トピックス

千歳管制隊ホームページをご覧の皆様、こんにちは。
今回は、航空管制器材整備員の勤務風景について動画で紹介します。
航空管制器材整備員は航空管制業務に使用するレーダー及び航空保安無線施設(航空機の運航を援助するための地上施設)の保守整備を担当しています。
保守整備については、24時間365日の管制業務を円滑に実施できるよう、昼夜を問わず管制業務に支障のない時間(タイミング)において整備員がその限られた時間内に全力を投入して行っています。このように管制官と連携を取りながら航空管制器材の作動を確保することにより、自衛隊機及び民航機の安全な運航を支えております。
今回は、その中でもミドルマーカーの点検にスポットを宛てて動画を作成しました。紹介する動画内は、厳しくもある先輩(上司)の熱い視線を受けながら真剣な眼差しで点検を実施している風景です。



千歳基地SNSリンク

千歳管制隊の所在する千歳基地のSNSです。

フェイスブック

FB

 

インスタグラム

INST

ツイッタ―

TW