小松管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 小松管制隊

小松管制隊

小松管制隊長

小松管制隊長 3等空佐 有常 晋一郎

隊長挨拶

 

小松管制隊ホームページにようこそ。小松管制隊は、小松基地における自衛隊機及び民間定期便の離着陸及びその周辺空域を飛行する航空機の管制業務を一手に担い、日本の空を守り、航空交通の安全を確保のため、各隊員が使命感と誇りをもち、一丸となって、日々職務に邁進しております。そんな部隊及び隊員の活動を紹介させていただきます。令和3年度もどうぞよろしくお願いします。

  

部隊紹介

  

小松管制隊は2月から3月にかけて年度の隊長練成確認が実施され、2月15日から18日においては航空管制部門(ターミナルレーダー管制業務)の練成確認が行われました。管制群司令の若手管制官育成の理念のもとに、各クルーから若手管制官中心に3名ずつが選抜されました。今年はコロナ禍により毎年2月に全国の管制部隊を対象に開催される管制競技会が中止となり、自隊で実施しました。悪天候時の多数機同時管制という状況下で練成確認が行われました。1つの管制指示が遅れるだけで、他の航空機にも大きく影響が及ぼされることもあり、選抜された管制官は鋭い眼光で挑んでいました。各クルーで航空機の誘導や調整の方法、クルー内のやりとりなど特徴がでており、日々の訓練の成果を遺憾なく発揮できていました。若手の成長が各部隊の成長となり、部隊の底上げとなるので日々の管制業務及び訓練に邁進していきたいです。

  

隊員の訓練風景

  

小松管制隊ホームページをご覧の皆様こんにちは。
最近、コロナ禍のためにマスクをつけた状態で過ごすことが多くなり、会話をしていても相手の細かい表情の変化を見ることが難しくなってきました。航空交通管制業務は緊張感のある業務であり、特に訓練生にとってはかなりの緊張状態が続く中での業務になります。管制訓練を進めていく上で、今まで以上に訓練生の目や声色の細かな変化を察知し、精神状態などを把握する必要があります。そのため、全隊員が普段からよくコミュニケーションをとり(ソーシャルディスタンスはしっかり確保)、訓練生も過ごしやすい風通しの良い環境を作るように心掛けています。
さて、今回は12月に飛行場管制業務の航空交通管制技能試験を受験予定の隊員を紹介したいと思います。彼が小松管制隊に配属されて1年が過ぎました。順調にOJTが進み、9月の進捗状況確認試験も合格し、次の確認試験(航空交通管制技能試験前の最終確認)に向けて頑張っているところです。訓練中、思い通りにできないという経験をしましたが、先輩たちからの熱意ある指導もあり、飛躍的に技量が向上しました。帰宅後は家事や育児、休日は家族サービスと忙しい中でも時間を作り、口述、筆記試験の勉強を行っています。
初の航空交通管制技能試験まであと少し。彼が万全の状態で受験できるよう隊全体でしっかりとサポートしていきたいと思います。

隊員の訓練風景隊員の訓練風景



トピックス

教育訓練点検


小松管制隊は、令和3年10月18日から20日にかけて、航空保安管制群司令による教育訓練点検を受検しました。教育訓練点検とは、日頃の訓練の成果を実際に部隊の活動している場において確認することです。
点検は、管制群司令への受検申告から始まり、筆記試験、指揮所活動、航空保安管制、警備火器、体育訓練(3km走計測)、不測事態対処及び訓練管理等それぞれの項目について確認を受けました。
各項目は、隊員に必要となる知識や技能の確認と部隊としての活動を評価するものであり、とても内容の濃い3日間となりました。
小松管制隊員は、これまでの訓練や日頃の勤務の成果を十分に発揮できたと感じてます。今回の点検を通じ、よくできていた点とそうでなった点が明白になったことで、今後是正を行うべきことがはっきりとしました。
小松管制隊は、今回の評価をしっかり受けとめ、より精強な部隊を築くため、努力を継続する所存です。

トピックス
申告
トピックス
航空保安管制
トピックス
体育訓練(3km走計測)
トピックス
不測事態対処