小松管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 小松管制隊

小松管制隊

小松管制隊長

小松管制隊長 3等空佐 花田 康徳

隊長挨拶

小松管制隊ホームページにようこそ。小松管制隊は、小松基地における自衛隊機、民間定期便の離着陸及びその周辺空域を飛行する航空機の管制業務を一手に担い、航空交通の安全確保のため、全隊員が一丸となって、日々職務に邁進しております。そのような部隊及び隊員の活動を紹介させていただきます。令和4年度もどうぞよろしくお願いします。

  

部隊紹介

  

小松飛行場は、北陸の空の玄関口である小松空港に発着する民航各社の定期便に加え、主として小松基地の戦闘機や救難機が、24時間態勢で対処する領空侵犯措置(ホットスクランブル)や災害派遣に備え、日々厳しい飛行訓練を行っています。これら全ての航空機の運航が、安全かつ効率的に行われるよう管制塔やレーダー管制施設から無線で指示を出すのが、私たち小松管制隊の任務です。特に冬の間は、連日のように激しい雷や雪に見舞われるため、雷電観測データと最新の管制レーダーの降水域画像を見比べながら、雷に遭遇させない経路を選定しつつ誘導を行っています。若く元気な隊員が多く、活気にあふれる小松管制隊をよろしくお願い申し上げます。

  

隊員の訓練風景

  

あっという間に令和3年度が過ぎ去り、令和4年度4月となりました。令和3年度は私にとって大切な1年でした。それは、令和3年3月に受験した管制技能試験です。
私は、航空管制官になるために、実技訓練や勉強をして、試験に備えてきました。そして、3月24日、25日の2日間にわたり進入管制及びターミナルレーダー管制業務の管制技能試験を受験し、無事に合格をすることができました。
試験が終了したとき、私は、心の中が感謝の気持ちでいっぱいになりました。技能試験当日は、ひどく緊張していたのですが、そんな自分を、周りの先輩方が常に支援してくださりました。この感謝の気持ちを忘れずに、これからも一生懸命勉強し、誠心誠意、管制業務に向き合います。

隊員の訓練風景隊員の訓練風景





トピックス

管制官認定式


先日、飛行場管制業務の資格を取得した2名の航空管制官認定式が実施されました。
認定式では、隊長から管制徽章を胸に付けて頂き、管制官に認定された嬉しさや感謝の気持ち、1人で管制業務を行うという責任の重さを感じ、管制群司令からビデオ会議形式による激励の言葉も頂き、身の引き締まる思いでした。
また、認定された隊員の家族も参加し、「普段目にすることのない職場の顔が知れて、とても良かった」との好評も頂き、有意義な認定式になりました。
認定された2名は、今回の認定式をスタートとして、次の資格取得のための訓練、勉強により一層励む気持ちを新たにしていました。

トピックス
トピックス







60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
小松管制隊はこちらからどうぞ > 小松管制隊動画