芦屋管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 芦屋管制隊

芦屋管制隊

芦屋管制隊長

芦屋管制隊長 3等空佐 北川 健

隊長挨拶

 

芦屋管制隊のホームページへようこそ。
芦屋管制隊長の北川です。
平素から芦屋管制隊に対するご理解、ご協力、誠にありがとうございます。
芦屋管制隊は、北九州の響灘を望む芦屋飛行場におきまして、航空交通管制業務を提供し、航空機の安全な運航を支えるため、全隊員が一丸となって任務に励んでおります。
本ホームページでは、部隊の行事や隊員の活動状況などを紹介しておりますので少しでも芦屋管制隊を身近に感じていただければ幸いです。
今後とも変わらぬご理解とご支援のほどよろしくお願いします。

  

部隊紹介

  

芦屋管制隊は、管制塔で行う飛行場管制業務とレーダーによる着陸誘導管制所を行っています。芦屋飛行場を離着陸する航空機や飛行場周辺を飛行する航空機の安全確保と効率的な流れを促進する管制業務を行っています。
芦屋飛行場には、将来の戦闘機パイロットの育成にあたる第13飛行教育団所属のT-4型練習機のほか、航空機遭難に係る捜索救助及び地震等の災害発生時の情報収集や救急患者搬送などの任務を持つ芦屋救難隊所属のUH-60JとU-125Aが所在し、日夜厳しい飛行訓練を実施しています。
芦屋管制隊は、これらの航空機の安全かつ効率的な運航を推進する重要な任務に対し、隊員一丸となって明るく逞しく取り組んでいます。
着陸誘導管制所のレーダー器材が新しくなりましたので、芦屋基地を見学される機会がありましたら、ぜひお立ち寄りください。

部隊紹介部隊紹介部隊紹介

隊員の訓練風景

皆さん、こんにちは。芦屋管制隊では飛行場管制業務及び着陸誘導管制業務(詳しくは▷「管制群の業務」をクリック)を行っており、それぞれの業務に係る国家資格取得のため、訓練生(航空管制官の卵)は日々知識の習得や技能向上に努めています。
今回は、飛行場管制業務の受験を控えている訓練生を紹介します。
彼は芦屋管制隊で実務に就きながら訓練(OJT)を行い、国家資格取得を目指します。
これまでの間、自ら専門知識を学習し、諸先輩方からの指導や、時には激励を受けながら訓練に励んできました。
そして、数々の経験を積んで試験日を迎えようとしています
彼が無事に合格できるよう、今後も芦屋管制隊全員でサポートしていきます。

訓練風景

トピックス

体育訓練(バレーボール)

いつも芦屋管制隊のホームページをご覧いただきありがとうございます。6月下旬、芦屋管制隊は体育訓練(バレーボール)を実施しました。
管制隊にバレーボールの経験者がいませんでしたが、今年の1月から2月まで自衛隊体育学校に入校していた隊員を中心として、ウォームアップをしっかり実施した後に、試合形式の訓練を行いました。自衛隊体育学校で教わるウォームアップは実際にプロアスリートが活用しているものも多く、試合中に故障する隊員は一人もいませんでした。
今回の体育訓練には若年隊員からベテラン隊員まで幅広い年齢層の隊員が参加して、通常の業務とは一味違ったコミュニケーション力が求められました。初めはどういった声掛けをすれば良いのかわからない隊員が多かったようですが、試合数が増えるごとに自然に声が出るようになり、周りをよく見てラリーも繋がるようになり、試合として成立するレベルまで上達しました。
試合がすべて終わると自然に自分たちの試合の反省をしており、もう少し時間があればより良い試合内容にすることができたと思います。自衛官として筋力トレーニングや体力練成訓練は必須ですが、今回のような体育訓練をすることで隊員同士のコミュニケーション能力の向上を図ることも大切であると感じました。今後も定期的に球技訓練をし、芦屋管制隊の士気を向上させることで、部隊の更なる精強化に繋げていきたいと思います。

トピックス

トピックス