芦屋管制隊  

ホーム > 部隊紹介 > 芦屋管制隊

芦屋管制隊

芦屋管制隊長

芦屋管制隊長 3等空佐 朝日 千昭

隊長挨拶

 

皆様こんにちは。
芦屋管制隊ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。このたび芦屋管制隊長を拝命した朝日3佐です。
芦屋管制隊は、北九州の響灘を望む芦屋飛行場において、航空交通管制業務を提供し、主として将来の戦闘機パイロットになる学生訓練機の飛行及び航空救難や災害派遣等を任務とする救難機の安全な運航を支えるため、全隊員が日夜一丸となって取り組んでおります。
当ホームページでは明るい職場の雰囲気と逞しい隊員たちの活動の雰囲気をお届けできるよう心掛けています。
新型コロナウイルスの感染状況は依然として厳しい中ではございますが、東京オリンピック代表選手たちの輝かしい活躍に負けず、わが隊もワンチームとして任務及び訓練に邁進してまいりますので、皆様の変わらぬご支援、ご理解を賜りますよう、よろしくお願い致します。

  

部隊紹介

  

芦屋管制隊は、管制塔で行う飛行場管制業務とレーダーによる着陸誘導管制所を行っています。芦屋飛行場を離着陸する航空機や飛行場周辺を飛行する航空機の安全確保と効率的な流れを促進する管制業務を行っています。
芦屋飛行場には、将来の戦闘機パイロットの育成にあたる第13飛行教育団所属のT-4型練習機のほか、航空機遭難に係る捜索救助及び地震等の災害発生時の情報収集や救急患者搬送などの任務を持つ芦屋救難隊所属のUH-60JとU-125Aが所在し、日夜厳しい飛行訓練を実施しています。
芦屋管制隊は、これらの航空機の安全かつ効率的な運航を推進する重要な任務に対し、隊員一丸となって明るく逞しく取り組んでいます。
着陸誘導管制所のレーダー器材が新しくなりましたので、芦屋基地を見学される機会がありましたら、ぜひお立ち寄りください。

部隊紹介部隊紹介部隊紹介

隊員の訓練風景

皆さん、こんにちは。芦屋管制隊では飛行場管制業務及び着陸誘導管制業務(詳しくは▷「管制群の業務」をクリック)を行っており、それぞれの業務に係る資格取得(国家試験)のため、訓練生は日々知識の習得や技量向上に努めています。
今回は、飛行場管制業務の受験を控えている隊員を紹介します。
彼らは昨年の夏に、愛知県小牧市にある第5術科学校を卒業し、我が隊に配属された期待の新人です。
第5術科学校は、航空管制業務に必要な基礎知識と技術を身に付けるための教育機関で、約1年間のカリキュラムを履修し卒業します。
無事卒業した彼らは、ここ芦屋管制隊でようやく実務に就きながらの訓練(OJT)を開始して国家資格取得を目指します。
その間、自ら専門知識を習得したり、諸先輩方からの教育、熱い激励を受けて数々の経験を積んで試験日を迎えようとしています。
彼らが無事に合格できるよう、今後も芦屋管制隊全員でサポートしていきます。

訓練風景

トピックス

秋季火災予防訓練

皆さん、こんにちは。今月、芦屋管制隊は消防班の方々と合同で火災予防訓練を実施しました。航空自衛隊では年に2回、春と秋に火災予防運動に伴う訓練を実施しております。そこで今回の訓練を通して私が学んだことをご紹介します。
皆さんは初期消火というものをご存じでしょうか。初期消火とは出火後1~2分程度の鎮火行為を指します。初期消火を行う時の流れは「火事を知らせる」、「消火活動を行う」、「現場から離れる」といった順番になります。ポイントはできるだけ速やかに周囲の人たちに火事を知らせることです。そして、速やかに119番通報することで消防が到着する時間が早くなり、消火活動を早く始めることができます。注意点として、出火から3分以上経過した場合、または火が天井まで上がった場合は初期消火を中止し、速やかに避難してください。延焼がひどくなると自力での初期消火が困難となり、人命に危機が及びます。
今回の訓練で初期消火の重要性について学びました。しかし、1番重要なのは火災発生の要因を断つことです。ぜひ、皆さんの身の回りにも火災発生の要因がないか確認してみてください。

トピックス

トピックス

トピックス

トピックス

トピックス




60周年動画コンテスト作品


各部隊のPR動画を公開中です。
芦屋管制隊はこちらからどうぞ > 芦屋管制隊動画