隊員の活動

ホーム > 航空救難団の活動 >隊員の活動>機上無線

機上無線

新田原救難隊 空士長 小材 由季

   機上無線員は、航空救難団や輸送航空隊等が保有する航空機に搭乗し、主として通信業務を実施しています。特別航空輸送隊(政府専用機運用部隊)及び輸送航空隊では国内外で運航中の輸送機と基地の間に通信を確保することは重要であり、機上無線員の責任は重大です。また、この他にも飛行点検隊の機上無線員は、航空機を援助する航法施設の精度を確保するための業務を実施しています。
   航空救難団における機上無線員は、U-125A救難捜索機に搭乗し、主に捜索レーダー及び赤外線暗視装置を操作して要救助者を発見することと、無線を活用して指揮所等との情報伝達を正確迅速に実施することを任務としています。これらの業務は専門的知識と熟練した技能が要求されます。
   機上無線員になるには、まずは航空自衛隊の通信員又は通信電子関連の整備員として数年間の部隊経験を積んだ後に、機上無線員の選抜試験を受験する必要があります。選抜試験に合格した後は、機上無線員の基礎課程に入校し、卒業後は、機上無線員課程に入校しなければなりません。
   さらに航空救難団で勤務する場合には、全国の救難隊に機上無線員として配置された後、捜索技術講習を受講します。




Q.機上無線員になろうと思ったきっかけはなんですか?

A.父が航空自衛隊のパイロットという影響もあり、私自身も航空機に携わる職種を“機上無線員”と選択しました。



Q.機上無線員になるために努力したことは何ですか?

A.課程期間中は、搭載器材の名称及び操作要領など、飛行訓練に向けたイメージトレーニングを、同期と共に切磋琢磨しながら努力しました。



Q.機上無線員になって1番思い出に残っていることは何ですか?

A.今年の新田原基地航空祭にて救難展示飛行のクルーにアサインされ、機上無線員として飛行する姿を父に見せることができたことです。



Q.機上無線員になって良かった点を教えて下さい。

A.憧れていた搭乗員になれたことです。これから救難隊の機上無線員として人命救助活動に携われること、また救難業務に携わる多くの隊員と知り合えたことです。



Q.今後の目標を教えて下さい。

A.周りから信頼させる機上無線員になることです。