隊員の活動

ホーム > 航空救難団の活動 >隊員の活動>操縦(CH-47J)

操縦(CH-47J)

那覇ヘリコプター空輸隊 1等空尉 桑田 翔


航空救難団にはCH-47J大型輸送ヘリコプターが配備されており、主にレーダーサイトなど飛行場のない基地への人員物資空輸及び災害派遣における被災者救助、救援物資輸送、消火活動などで活躍しています。このCH-47Jを操縦するのがヘリコプターパイロットです。
航空自衛隊のパイロットになるには、高校卒業後に受験することができる航空学生、防衛大学校の飛行要員、一般大学等卒業後に受験することができる一般幹部候補生の飛行要員の3つの道があります。
なお、CH-47Jのパイロットになるためには、基本的な操縦課程を経てウィングマークを取得後に救難操縦(UH-60J)課程を卒業し、さらにCH-47J機種転換課程を修了する必要があります。



Q.パイロットになろうと思ったきっかけ教えてください。

A.子供の頃ブルーインパルスのフライトを見て、自分も空を飛びたいと思いパイロットを目指しました。


Q.パイロットの学生として教育を受ける上で努力したことは何ですか?

A.地上における準備です。航空機を飛ばすためには、機体の構造や航空法など多くの知識が必要になります。そのため、地上において、勉強やイメージトレーニングを何度も行い一度のフライトで多くのことを得ようと努力しました。


Q.パイロットになって1番思い出に残っていることは何ですか?

A.T-7での初フライトの時です。初めて自ら航空機を操縦し、感動を覚えるとともに、操縦の難しさを感じ、身の引き締まる思いでした。


Q.パイロットとして勤務する中でやりがいを感じる時はどんな時ですか?

A.体験搭乗を行った際に、搭乗している方の笑顔を見ることができた時です。自分が行っている仕事が人を笑顔にすることができていることにやりがいを感じました。


Q.CH-47Jのパイロットならではのエピソードがあれば教えてください。

A.CH-47Jは機体下部にフックがついており、機外に貨物をつり下げて飛行することができます。貨物をつり下げて実施する訓練は、つり下げた貨物と貨物を受け取る側の地上支援員との距離を保ちつつ、細かい操作を行わなければなりません。そのため、初めて貨物をつり下げた訓練を行った際は、いつも以上に緊張しました。