人間文化学科

授業風景の写真

近年、国際平和協力活動などで自衛隊が海外に派遣される機会が増えています。さらにわが国の平和と安定を確保するための多国間・二国間の防衛交流も、具体的な行動を伴った協力へと深まりつつあります。このような国際的な実務の最前線は、究極的には固有の文化的背景をもつ人と人がじかに接する場となります。したがって、そうした現場で活動する幹部自衛官には、各国・地域の文化的特性を理解した上で、文化や宗教の違いによる摩擦を回避し、効果的なコミュニケーションを行う能力が必要です。
 人間文化学科は、わが国の安全保障をめぐるこうした要請に応えるべく、人文科学の諸分野と語学の教育を通して、異文化理解/異文化コミュニケーション能力の育成を図ることを目標としています。

何を学ぶ?どう学ぶ?

授業風景の写真

人間文化学科では哲学・心理学・世界史・日本史・地理学・文化人類学・言語文化などの人文科学の諸分野を幅広く学び、日本や世界各地域の文化、歴史、宗教などについての基礎的教養、ならびに異文化理解の学問的手法を身につけます。また本学科の特色として、専門科目として英語や第2外国語の授業を展開し、語学の教育に力を入れていることも挙げられます。学生は4学年になると、各自の興味にしたがって卒業研究を執筆し、論文作成能力と発表の手法を身に付けます。学科の授業は少人数のゼミナールが多く、卒業研究の作成に際しても丁寧な個人指導を受けることができます。このように教官と学生の距離が近く、アットホームな雰囲気をもつ本学科で、皆さんも一緒に学びませんか?

主な専門科目とその概要

欧米史概論

欧米の歴史を通して、歴史的な見方・考え方を修得します。

日本史概論・アジア史概論

国際的な視野を養成するため、特に地域間の相互交流に留意しながら、日本やアジア諸地域の歴史に関する基礎的事項を学んでいきます。

宗教文化史

キリスト教の歴史とその社会に及ぼした影響について考え、西洋の文化的・思想的伝統を学びます。

文化地理学

自然現象や人文現象の分析を通して、その地域の歴史的な背景を理解し、現代的課題に応えるための実用性の基礎を身につけます。

心理学概論

異文化理解の前提となる、文化的多様性を越えた人間同士のコミュニケーションの方法や、多様な価値観を理解する能力を心理学の立場から学びます。

臨床心理学

病気や障害、あるい不幸な経験などによって引き起こされる心理的苦悩を軽減するための心理援助について学びます。

地域思想論Ⅰ・Ⅱ

西洋・東洋哲学の基本的なトピックや著述、その歴史的な展開を考察することで、その地域のアイデンティティのかたちや歴史思想を学びます。

文化人類学

人間の文化的活動を科学的にとらえる方法を学習し、グローバルなものの見方をする基礎を学びます。

異文化コミュニケーション論

国際交流の際必要となる言語によるコミュニケーションの方法や基礎理論を実践的に学びます。

日本言語文化論Ⅰ・Ⅱ

日本語・日本文学を通して、日本文化の独自性を学び、国際交流の際、自己の視点に立った情報発信ができるようにします。

英語コミュニケーション論

英語を「聴き、話し、読み、書く」能力を高め、英語を実際に使いこなす運用能力を集中的に指導します。

各国語ゼミナールⅠ〜Ⅳ

独語・仏語・中国語・露語・朝鮮語・アラビア語の少人数クラスに分かれ、各文化と言語を多角的に学びます。

歴史学研究・人間学研究・言語文化研究・人間文化研究

ゼミ形式で文献精読の方法、人文科学の各分野の方法論、論文作成法、口頭発表の方法を習得します。

ストレス管理論

ストレスおよびストレス・コントロールの基礎的な概念、理論、方法について学び、心身の健康についての理解を深めます。

人間関係論

人間関係の諸相その基礎理論・人間集団の統率の方法を、心理学の立場から学び、異文化社会への理解の基礎とします。

現代思想論

欧米の近現代思想やその流れを学び、人間・文化理解のための哲学的背景の素養を身につけます。

比較文化論

国際交流に欠かせない、自文化と異文化とを比較する視点からの文化理解の仕方を学びます。

授業科目と単位数

教育・訓練