応用化学科

授業風景の写真

化学は物質の性質や物質の関与する反応や現象に関する学問です。そのため自然科学の中で占める化学の役割は大きくかつ広い分野にわたります。応用化学科では無機化学、有機化学、物理化学、分析化学などの基礎的な分野を比較的早い時期に学び、高分子化学、反応化学、燃料化学、火薬学などの応用分野を後期に学ぶように配慮されています。
 近年、新たに生物化学を追加して分子生物学やバイオテクノロジーに関しても深い理解のある学生を育てることを目指しています。また、実験や演習などの科目では、知識だけではなく計算したり、実際に物質を扱うことを重要視しています。

何を学ぶ?どう学ぶ?

授業風景の写真

基礎的な科目を大学初期に、応用的な科目を大学後期にと配置されており、無理なく理解できるように配慮されています。4学年の卒業研究では無機化学、有機化学、物理化学、分析化学、高分子化学、反応化学、燃料化学、火薬学、生物化学などの好きな研究室の好きな教官を選び、マンツーマンの指導を受けることになります。約1年をかけて、与えられたテーマについて実験したり教官と議論をしながら卒業論文を完成します。応用化学科は伝統ある学科ですが、常に新しいものを取り入れダイナミックに変化をめざす学科でもあります。

主な専門科目とその概要

無機化学

各元素の性質と化学を周期律表を基に講義。原子構造、化学結合、量子力学についても学びます。

有機化学

有機化合物の諸特性と反応性に関する系統的な理解を促すための講義を行います。

物理化学

物質を構成する原子や分子が集合して存在している場合を様々な熱力学関数をもとに解釈して、平衡論についての理解を深めるとともに、物質の変化を取り扱う上での基礎知識を得ます。

分析化学

溶解、分離、濃縮、元素の化学状態の分析について、また、その理論的基礎となる溶液内化学平衡の概念、溶液内化学反応の特徴、各種化学平衡とその分析化学への応用について学びます。

応用無機化学Ⅰ

遷移元素(d電子及びf電子元素)、電子不足結合、混合原子価化合物、錯体、無機溶液化学、機能性無機材料についての講義を行います。

応用有機化学Ⅰ

有機化学の基礎を反応論と構造論から正しく理解することが目的。官能基別に講義を進め、複雑に見える有機化合物の性質や反応がどのような法則のもとに理解されるのかを講述します。

応用物理化学Ⅰ

量子力学と分光学により原子構造、分子構造及び化学結合について講義します。

高分子化学Ⅰ

繊維やプラスチックの素材である汎用高分子から高性能・高機能高分子にいたるまで高分子素材の合成法及び成型法を明らかにします。

反応化学

反応速度定数について経験則から統計論的アプローチまでの広い範囲を講義するとともに、物質移動等の化学工学の初歩に触れることにより化学反応の基礎と応用の橋渡しも試みます。

燃料化学

化石燃料の将来やその有効利用について環境問題と関連して学習。その有効利用については燃料電池の種類や構造、実現性などについても考えていきます。

火薬学Ⅰ

黒色火薬、ダイナマイト、硝安油剤爆薬、プラスチック爆弾などの火薬類の性能及び試験法、発破などの基礎を学習します。

生命化学Ⅰ

細胞の構造をはじめ、糖質、アミノ酸、脂質など生命維持に必要な化学物質の構造、性質について学びます。さらにたんぱく質、酸素、核酸などについても講義します。

細胞生物学

生きた細胞内で起っている出来事(成長、合成、分解、分裂等)について学習します。さらに植物や微生物などを用いたバイオテクノロジー技術についても講義します。

化学演習・応用化学演習

1学年、2学年で学ぶ化学の基礎的な事項や、3学年、4学年で学ぶより高度かつ専門的な内容に関してそれぞれ演習問題を解きつつ化学全般についての理解を深めます。

授業科目と単位数

教育・訓練