地球海洋学科

授業風景の写真

私たちが住む惑星地球について教育研究するのが目的です。総合的な視野に立ち、地球環境を理解できる人材を育成するために、地球惑星の自然現象について基礎と専門教育を行います。
 教育研究分野としては、大気の運動について知る大気科学、航空管制のための航空気象、地球内部と地震を理解するための固体地球科学、宇宙や地球惑星を調査する宇宙惑星リモートセンシング、音波伝搬により海洋構造を調べる海洋音響学、海洋の熱、氷、運動量を追跡する海洋探知情報、海中音波の探知方式に関する海洋探知システムなどがあります。

何を学ぶ?どう学ぶ?

授業風景の写真

2学年では地球海洋学の基礎的な授業、3学年では様々な分野の授業、4学年では自由にテーマを選んで卒業研究が行われます。台風、ダウンバースト、航空気象、気象レーダー観測、都市の温暖化、海氷、海流、エルニーニョ、地震、マントル対流、銀河、近接連星、小惑星、水中音響探知システム、海洋音響トモグラフィーなどの研究が行われています。卒業研究は興味のあるテーマをもとに観測や実験・解析・理論を通して教官と議論しながらまとめていきます。

主な専門科目とその概要

気象学概論

太陽放射、大気大循環、大気に働く力、気圧と風、気温と湿度、温帯低気圧と台風、気団と前線など、地球を取り巻く大気中で起る様々な現象について基礎的な知識を学びます。

航空気象学

航空機の運用に関する気象現象、例えば、離着陸時の気象現象、巡航時の気象現象などについて学びます。

地圏科学

地球惑星の内部構造を探る地震学、火山学、マントル対流などの地球内部の変動、地球の熱的構造と地球の進化について基礎的な知識を学びます。

天文学

地球惑星を取り巻く宇宙環境、例えば、太陽系、太陽と恒星、銀河と銀河団、宇宙の構造と進化などについての基礎を学びます。

海洋学

地球表面の70パーセントを占める海洋について、海水の働き、水温と塩分の分布、海洋の熱収支、海洋の循環、波と潮汐など全般的な知識を学びます。

海洋音響工学

海洋音響に関する基礎と応用、例えば、波動方程式、水中音波の反射と透過、海洋音響トモグラフィーなどについて学びます。

センシング工学

物体の計測に用いられるセンサーの種類や動作原理に関してセンサーの基本原理、各種変換素子、各物理量のセンサー、光波センシング、海洋センサーなどについて学びます。

ソーナー工学

水中音波の基礎理論を学び、水中音波による水中物体探知に関する知識を学びます。

リモートセンシング

大気・海洋・地球表層を観測するためのリモートセンシングについて、その原理、可視光・赤外・マイクロ波の各リモートセンシングの基礎を学びます。

授業科目と単位数

教育・訓練