自衛隊山形地方協力本部

HOME > 退職自衛官の雇用

退職自衛官の雇用

自衛官は、精強さを保つために多くの自衛官が50歳半ば(若年定年制自衛官)または20~30歳半ば(任期制自衛官)で退職します。
そのため多くの自衛官は、退職後の生活基盤を確保するために再就職が必要となります。その自衛官のために退職予定自衛官の再就職の支援を行うことは、最重要事項の一つとしてとらえ、再就職に有利な職業訓練などの援護支援施策を行っております。
数多くの退職自衛官が在職中に培った強い責任感、階級に応じた指導力と実行力、さらに職務ごとに身につけた知識や高い技術保持しており、自衛隊退職後も様々な分野でそれらを発揮し社会に貢献すべく活躍の場を求めています。
【退職自衛官雇用ガイド】

人材情報(山形県内)

自衛隊を退職し、山形県内に就職を希望している隊員の情報です。

随時更新していきます。今しばらくお待ちください。




その他人材情報(自衛隊援護協会ホームページ)はこちら
「自衛隊新卒」とは任期制自衛官を修了して民間企業に就職することです。
詳細はこちらをご覧ください

LINK

SNS運用方針
プライバシーポリシー
利用規約