TOP >本部長室から

本部長室から



  自衛隊山形地方協力本部のホームページをご覧の皆様、こんにちは。本部長の白石です。

  寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  山形県の皆様におかれましては平素より自衛隊山形地方協力本部の活動に多大なるご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

  本来であれば私たちは地域のイベントなどに広報展を出展し防衛省・自衛隊の広報を行っておりますが、昨年も新型コロナウイルスの影響で県内の大規模イベントが2年連続中止となるなど、なかなか地域のイベントで私たちが広報をできるチャンスはありませんでした。
  そのような中で、大成功となったイベントは、5月下旬の東北絆まつりと10月下旬の庄内空港30周年記念行事における、航空自衛隊第4航空団第11飛行隊のブルーインパルスによる展示飛行だと思っております。
  コロナ禍の中でも、県民の皆様の協力で、密をつくらず、自宅や自宅付近などで人との十分な距離を確保するなど、最大限の工夫をしていただきました。皆様が空を見上げ、華麗なる飛行をご覧になったと思います。
  航空機の飛行展示は天候によって左右されます。双方のイベントは直前まで天候が悪く、飛行決心直前までの厚い雲から一筋の晴れ間が見え、結果、ブルーインパルスの飛行が実施されたときは嬉しさいっぱいでした。私は、本当に県民の皆様の気持ちが一つになった結果だと思いました。
  なお、本フライトは、新型コロナウイルス感染症の収束を願い、今もなお新型コロナウイルスへの対応で日々勤務している医療従事者への感謝を込めた飛行でもありました。色々な場所で医療関係者が空を見上げ、ブルーインパルスに手を振る姿は感動を覚えました。県民の皆様のご協力に感謝申し上げます。

  防衛省・自衛隊は多様な任務を的確に対応し、国民の皆様の信頼にこたえることができるよう、日々即応態勢を保ちつつ、訓練を積み重ねております。自衛隊の活動は国民・山形県民の皆様のご理解とご支援が何よりも不可欠です。
  本年も県民の皆様に信頼されるように努力を続け、自衛隊を身近に感じていただき、広く認識していただけるよう色々な広報活動を実施して参ります。活動内容は山形地本のSNSで発信致しますので、楽しみにして下さい。また、お住まいの近くで広報展などの開催の際には是非ともお立ち寄り下さい。

  自衛隊山形地方協力本部職員一同、全力で県民の皆様の懸け橋となり各種活動に取り組んで参りますので、更なるご支援とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



プロフィール


氏 名 : 白石 正実(しらいし まさみ)
出 身 : 群馬県

LINK

SNS運用方針
プライバシーポリシー
利用規約