貸費学生

貸費学生とは

現在、大学および大学院(専門職大学院を除く)で、医学、歯学、理学、工学を専攻している学生で、卒業(修了)後、その専攻した学術を活かして引き続き自衛隊に勤務する意志を持つ者に対し防衛省より学資金が貸費される制度です。

技術貸費学生

大学の理学部・工学部の3年次、4年次又は大学院(専門職大学院を除く。)修士課程に在学している方が対象となります。

配置される主要な技術分野

区分 主要な技術分野(注2)
陸上自衛隊 装甲車両、誘導武器、サイバー攻撃対処、弾道ミサイル対処、電磁波に関する分野等
海上自衛隊 船艇、航空機、搭載電子機器・武器(電磁波に関する分野を含む。)、航空武器、水中音響に関する分野等
航空自衛隊 航空機、誘導武器、レーダー、搭載電子機器、電磁波、宇宙領域に関する分野等

注2:記載の技術分野のほか、大学又は大学院の研究分野に応じて多様な技術分野に配置されます。

研修

防衛省では、技術貸費学生を対象として、大学の夏休み期間を利用した約1週間程度の夏期研修を行っています。夏期研修は、自衛隊の研究開発機関や部隊等で装備品に直接触れたりして、見聞を広めてもらうもので、本研修にかかる経費は防衛省が負担します。

募集要項

応募資格 大学の理学部、工学部(注)の3・4年次又は大学院修士課程在学(専門職大学院を除く。)
(正規の修業年限を終わる年の4月1日現在で26歳未満(大学院*修士課程在学者は28歳未満))
注:学部については、理学部、工学部に類する学部も応募資格に該当する場合があります。詳しくは最寄りの自衛隊地方協力本部にお問い合わせ下さい。
受付期間 令和4年6月1日(水) ~ 令和4年11月11日(金)
試験科目 筆記試験、口述試験及び身体検査
試験日程 令和4年12月3日(土)
合格発表 令和5年3月3日(金)
入隊時期 卒業(修了)後

貸費学生の魅力

①国家公務員特別職(自衛官)の幹部が約束されます。

②自衛隊入隊後は防大卒業生や一般幹部候補生と同じ人事管理です。

③自分の勉強した内容を生かして技術系の仕事が可能です。

④大学で勉強に専念することが可能(就職活動は必要ない)です。

⑤学士採用の場合でも、修士進学は可能です。

⑥4年以上かつ学資金貸与期間の1.5倍の期間自衛隊で勤務すれば学資金の返還は免除になります。

⑦貸与金はほかの奨学金制度と比較しても遜色ありません。

⑧採用後、夏季休暇に部隊研修が可能(将来勤務のための素地を養う)です。

学資金

学資金の貸与

毎月54,000円(平成30年4月1日現在)を貸与します。

学資金の免除等

貸与された学資金は、自衛官として一定年限以上勤務すると規定に従って返還が免除されます。

^