一般曹候補生

一般曹候補生とは

陸上・海上・航空自衛隊の曹となる自衛官を養成する制度です。一般曹候補生は、入隊後2年9月以降選考により3曹へ昇任します。自分の能力に合わせて、知識と技能を高めてゆくことが可能です。
一般曹候補生とは、18歳以上33歳未満の者を対象に、陸上、海上、航空各自衛隊の部隊勤務を通じて、その基幹隊員となる陸・海・空曹自衛官を養成する制度です。応募資格年齢を比較的広くとっているため、高校新卒者はもちろん、高専卒、大卒、社会人経験者まで多様な経歴を持った人材が一般曹候補生として入隊します。

募集要項

応募資格 日本国籍を有する18歳以上33歳未満の者
※32歳の者は、採用予定月の末日現在、33歳に達していない者
募集期間

試験地により受付期間が異なります。

細部は自衛官募集ホームページTOPページの「重要なお知らせ」をご確認ください。

試験科目 1次:筆記試験及び適性試験 2次:口述試験及び身体試験
試験各回と対象 令和4年3月高等学校卒業予定者又は中等教育学校卒業予定者は第2回のみの受験となります。
試験日程

試験地により試験期日が異なります。

細部は自衛官募集ホームページTOPページの「重要なお知らせ」をご確認ください。

合格発表

試験地により合格発表時期が異なります。

細部は自衛官募集ホームページTOPページの「重要なお知らせ」をご確認ください。

入隊 令和4年3月下旬~4月上旬
※上記の他に設定する場合があります。
^