予備自衛官補

予備自衛官補とは

予備自衛官補制度とは、主として自衛官未経験者を予備自衛官補として採用し、所定の教育を経た後、予備自衛官として任用する制度です。

予備自衛官制度のポイント!

  • 予備自衛官補の期間中は、教育訓練招集に応じる義務のみを有します。防衛招集や災害招集などに応じる義務はありません。
  • 一般(駐屯地の警備や、後方支援等の予備自衛官になるコース)と技能(医療従事者、語学要員等の予備自衛官になるコースがあります。
  • 教育訓練のすべてを修了すると、予備自衛官に任用され、階級(一般:2等陸士、技能:3等陸佐~3等陸曹)が指定されます。

予備自衛官補から予備自衛官へ

予備自衛官補になるには

地方協力本部へ志願票を提出。各地で実施される採用試験を受験します。

予備自衛官補に採用されると

一般は3年以内に50日間、技能は2年以内に10日間の教育訓練に参加し、必要な技能・知識を習得します。

教育訓練を修了すると

予備自衛官として、年間5日間の招集訓練に参加する他、いざという時は自衛官として国防等の任務に就きます。
更に、一般公募予備自衛官は所定の訓練を終了すると、即応予備自衛官として任用されることも可能です。

処遇

訓練に参加すると、手当が支給されます。

教育訓練招集手当 日額 7,900円
支給総額(税込) 一般 395,000円/3年(50日分)
技能 79,000円/2年(10日分)

招集旅費及び食事

招集中に必要な被服が貸与され、訓練出頭のための往復旅費及び食事が支給されます。

災害補償

公務に起因する負傷、疾病、障害又は死亡の場合の災害補償は、自衛官と同様に実施されます。

予備自衛官補の採用資格等

採用年齢

一般:18歳以上34歳未満
技能:18歳以上で、保有する技能に応じ53~55歳未満

採用予定の技能資格

技能区分 技能の資格
衛生 医師、歯科医師、薬剤師、臨床心理士、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師、臨床検査技師、看護師、救急救命士(准看護師の資格を併せて保有する者)、栄養士、准看護師、歯科技工士
語学 英語、ロシア語、中国語、韓国語、アラビア語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語
整備 1級大型又は小型自動車整備士、1級又は2級二輪自動車整備士、2級ガソリン自動車整備士、2級ジーゼル自動車整備士
情報処理 システムアナリスト、プロジェクトマネージャー、テクニカルエンジニア 等
通信 総合無線通信士、陸上無線技術士、第1種工事担当者 等
電気 第1種又は第2種又は第3種電気主任技術者
放射線管理 第1種又は第2種放射線取扱主任者
建設 1級又は2級建築士、測量士、測量士補、1級又は2級建設機械施工技士、木造建築士、1級又は2級建築施工管理技士、1級又は2級土木施工管理技士、1級又は2級管工事施工管理技士
法務 弁護士、司法書士
海上自衛隊 予備自衛官補(技能) 1級海技士(航海)、1級海技士(機関)、2級海技士(航海)、2級海技士(機関)、3級海技士(航海)、3級海技士(機関)、4級海技士(航海)、4級海技士(機関)、5級海技士(航海)、5級海技士(機関)

訓練担当部隊

千葉地本が管理を担当する予備自衛官補の訓練は、すべて神奈川県横須賀市の武山駐屯地にて行われます。

訓練を担当する部隊は、東部方面混成団 第117教育大隊です。

^