CJBF

父基分の日常

令和3年6月28日(月)、7月16日(金)、9月8日(水)、24日(金)学校訪問

 小笠原小、中、高校及び母島小、中学校をそれぞれ訪問しました。

 砕氷艦「しらせ」の機関長として、2度の南極地域観測協力を経験した当隊隊長が授業の一環で南極及び「しらせ」について講話を実施しました。

 この中に訪れたことがある人はおそらくいないであろう南極の話に興味津々です。

 授業が終わったあとも、目をキラキラさせながら隊長に直接質問している姿が印象的でした。

 もちろん「南極の氷」も持参しています。

 雪さえ見る機会のない小笠原諸島で体験した「南極の氷」は生徒たちにはどう映ったのでしょうか。

 小笠原中学校の校長先生はずっと「この氷でロックを~、ロックを~」と言われてました。
 大人になるということはいろんなことを経験していくのです。

 生徒のみなさん、当隊隊長が実施した講話の時間は、みなさんの人生においてはほんの一瞬に過ぎません。しかしこの一瞬でも世界は広く、壮大だということは十分伝わったのではないでしょうか。将来、みなさんがその世界に飛び立ち、可能性にチャレンジしていく姿を楽しみにしています。

 どれだけ時間がかかってもいいんです。あなたが成長し大人になってまた戻ってきたとき、チャレンジした世界の話を聞かせてください。そのときは一杯酌み交わしましょう。「最高の氷」を準備しておきます。
 もちろん、校長先生といっしょに。

島内一周マラソン記念写真です。
くにさき広報記念写真です。
祝成人!記念写真です。
令和2年度小笠原管内排出油等防除訓練記念写真です。
くにさきパンフレットです。
LCACパンフレットです。
艦艇見学記念写真です。

<< 前のページに戻る

所在地 27-09N 142-19E