1. HOME
  2. 今月のトピックス

今月のトピックス

今月のテーマ

山梨県出身隊員の紹介

陸上自衛隊高等工科学校

 陸上自衛隊には「技術的な識能を有し、知徳体を兼ね備えた伸展性のある陸上自衛官としてふさわしい人材を育成する。」という理念のもと、陸上自衛官を育成する陸上自衛隊高等工科学校があります。今月号では、同校の教育や訓練の様子を、山梨地本から入隊した生徒の声で紹介します。








■ 生徒第67期 第1教育隊 第11区隊
深澤 謙太(御殿場市立原里中学校尉卒)

 私が陸上自衛隊高等工科学校に入校してからの3年間で、大きく変化したことは、「物事に対しての考え方」です。何事に対しても物事の本質を理解するように努めるようになりました。これにより状況に応じて柔軟に思考することができるようになりました。
また、学校生活で一番印象に残っていることは、北富士演習場で行われた「富士野営訓練」です。起伏が激しく、天候が変化しやすい演習場での訓練は、武山駐屯地内での戦闘訓練よりも体力の消耗が激しく、自分の体力の限界を感じることとなりました。
 次に、一番楽しかったのは「創立記念行事」です。創立記念行事当日は、学校は一般開放され、学校内の様子や様々な文化クラブ展示、ドリル部や和太鼓部の演技・演舞を見ることができます。本校見学にはお勧めの行事です。
 ここ武山で過ごす日々も残り少なくなってきた今、自衛官への任官に向け、勉強と体力練成に全力で励みたいと思っています。また3年間ともに過ごした同期との最後の思い出づくりをしたいと思います。
 親元を離れて入校することは、大きな不安を抱くとは思いますが、本校では充実した環境での教育や訓練、同期との集団生活など、普通の高等学校では味わうことのできない経験をたくさんすることができます。本校を卒業する頃には、強靭な体力と精神力が身に付き、国防という崇高な任務を担うことができる人間に成長することができます。将来、ともに任務を遂行できるときを待っています。









■ 生徒第65期 第3教育隊 第7区隊
村松 龍葵(甲府市立城南中学校卒)

 私が陸上自衛隊高等工科学校に入校してからの3年間で、大きく変化したことは、「物事に対しての考え方」です。何事に対しても物事の本質を理解するように努めるようになりました。これにより状況に応じて柔軟に思考することができるようになりました。
 また、学校生活で一番印象に残っていることは、北富士演習場で行われた「富士野営訓練」です。起伏が激しく、天候が変化しやすい演習場での訓練は、武山駐屯地内での戦闘訓練よりも体力の消耗が激しく、自分の体力の限界を感じることとなりました。
次に、一番楽しかったのは「創立記念行事」です。創立記念行事当日は、学校は一般開放され、学校内の様子や様々な文化クラブ展示、ドリル部や和太鼓部の演技・演舞を見ることができます。本校見学にはお勧めの行事です。
 ここ武山で過ごす日々も残り少なくなってきた今、自衛官への任官に向け、勉強と体力練成に全力で励みたいと思っています。また3年間ともに過ごした同期との最後の思い出づくりをしたいと思います。
 親元を離れて入校することは、大きな不安を抱くとは思いますが、本校では充実した環境での教育や訓練、同期との集団生活など、普通の高等学校では味わうことのできない経験をたくさんすることができます。本校を卒業する頃には、強靭な体力と精神力が身に付き、国防という崇高な任務を担うことができる人間に成長することができます。将来、ともに任務を遂行できるときを待っています。