1. HOME
  2. 自衛隊山梨地方協力本部について

山梨地方協力本部の紹介

自衛隊山梨地方協力本部は、山梨県下における防衛省・自衛隊の総合窓口としてのほか、次の業務を行っています。

国民保護・災害対策業務

地方公共団体と自衛隊をつなぐ国民保護法に基づく県、市町村の対策本部への要員派遣及び対処部隊等との連絡調整等を行っています。

募集業務

自衛官募集の窓口山梨地本本部を窓口として、各種自衛官の募集採用業務を行っています。

広報業務

地域との交流・対話の窓口県民の皆様に自衛隊を理解、認識してもらえるよう自衛隊を広報する業務を行っています。

援護業務

自衛隊と企業を結ぶ自衛隊を退職する県内の隊員の再就職についての活動と、企業からの求人情報の取り次ぎを行っています。

予備自衛官等業務

予備自衛官等の管理一般の会社員等として働きながら、我が国の防衛の一端を担う予備自衛官(補)の採用・訓練招集業務を行っています。

その他の窓口業務

地域社会と自衛隊の架け橋自衛隊が行う協力活動の連絡調整を行っています。

本部長からご挨拶

  皆様におかれましては、平素から防衛省・自衛隊に対し、格別のご理解とご協力を賜り誠に有難うございます。
 7月1日から、いよいよ高校生に対する採用業務が開始されます。各自治体の庁舎においても「自衛官募集中」の懸垂幕が掛けられると思いますし、各高校の掲示板にも「自衛官募集中」のポスターが掲示されるものと思います。
 高校生に対する募集種目は、大きく「就職コース」と「進学コース」に分けられますが、本紙面では「就職コース」について紹介したいと思います。
 一般曹候補生は、自衛隊の中核を担う陸海空曹を目指すコースで、自衛隊で腰を据えて自衛官としての技能を身につけ、生涯にわたり自衛官として勤務したい人にぴったりのコースです。選抜試験を受けて幹部自衛官になることも可能です。
 自衛官候補生は、教育訓練を受け、一定期間を自衛官として勤務するコースで、自衛官としてのスキルを身に付けステップアップして行きたい人や生涯にわたり自衛官として勤務することをまだ決めていない人にぴったりのコースです。2~3年の任期を更新することも可能ですし、特例退職金をもらって民間企業等に再就職することもできます。もちろん選抜試験を受けて陸海空曹になることも可能です。
航空学生は、段階的な操縦訓練を経て海上・航空自衛隊のパイロットとして勤務するコースで、最も若くしてパイロットになりたい人にぴったりのコースです。一人前のパイロットになった後、幹部候補生学校を卒業して幹部自衛官へと昇任します。
 自衛官という仕事は、特別職国家公務員として身分が保障され、安定した給与と福利厚生を受けられ、安心して生活をすることが出来ます。平和を守り、地域の安全安心を守り、人の命を守るという崇高な使命を果たしていますので、誇りを持って仕事に打ち込むことが出来ます。出動することは滅多になく、平素は教育を受け、訓練を行うことが中心となりますが、皆で力を合わせて目標を達成するために頑張りますので、仲間との信頼感も高まりますし、目標達成した後の充実感は格別なものとなります。ワークライフバランスもしっかり考えられており、仕事をする時は集中して行いますが、課業終了後は、しっかり休養も取ります。夏季休暇や年末年始休暇も長期間取得できるようにしていますので、毎年実家に帰省することもできますし、旅行を楽しむこともできます。仕事の内容も多種多様ですので、誰もがぴったりの仕事を見つけられると思います。
 自衛隊山梨地方協力本部は、自衛隊での仕事や生活についての説明会を随時行っており、部隊見学や生活体験、自衛隊のイベントへの案内も行っていますので、ご気軽にご問い合わせください。

名前 新宅 正章(しんたく まさあき)
階級 1等陸佐
職名 第8代自衛隊山梨地方協力本部長
出身地 愛知県
学歴
  • 昭和62年 3月 防衛大学校(国際関係論)
  • 平成 8年 7月 陸上自衛隊幹部学校(指揮幕僚課程)
  • 平成14年 5月 インド国防幕僚大学(防衛戦略学修士)
  • 平成25年10月 統合幕僚学校(特別課程)
部隊歴
  • 昭和62年 3月 陸上自衛隊入隊(前ケ原)
  • 平成10年 3月 檜町駐屯地業務隊付(電通)
  • 平成11年 3月 陸幕監理部総務課広報室(檜町→市ヶ谷)
  • 平成13年 3月 中央資料隊付(インド国防幕僚大学)
  • 平成14年 8月 研究本部(米中央軍連絡官)(米国)
  • 平成16年 6月 在インド防衛駐在官(ニューデリー)
  • 平成19年 7月 陸幕監理部総務課渉外班長(市ヶ谷)
  • 平成21年12月 第5高射特科群長(八戸)
  • 平成24年 4月 陸幕監理部総務課情報公開・個人情報保護室長(市ヶ谷)
  • 平成26年 8月 防衛研究所主任研究官(目黒)
  • 平成27年 8月 陸上自衛隊幹部学校主任教官(目黒)
  • 平成27年12月 小平学校総務部長(小平)
  • 平成30年 3月 現職

山梨地本本部の写真

山梨地本所在地

〒400-0031
山梨県甲府市丸の内1丁目1番18号甲府合同庁舎
TEL: 055-253-1591
FAX: 055-253-1592

事務所・出張所について

甲府募集案内所 (甲東地区)

甲府市、笛吹市、山梨市、甲州市にお住まいの方はご連絡ください。

〒400-0805
山梨県甲府市酒折2-2-7

TEL: 055-228-6427

詳しくはこちら

甲府募集案内所 (巨摩地区)

中央市、甲斐市、韮崎市、北杜市、南アルプス市、昭和町、市川三郷町、富士川町、身延町、早川町、南部町にお住まいの方はご連絡ください。

〒400-0301
山梨県南アルプス市桃園611-2

TEL: 055-283-5150

詳しくはこちら

大月地域事務所

富士吉田市、大月市、都留市、上野原市、富士河口湖町、西桂町、忍野村、鳴沢村、小菅村、丹波山村、道志村、山中湖村にお住まいの方はご連絡ください。

〒401-0012
山梨県大月市御太刀2-8-10 大月合同庁舎内

TEL: 0554-22-1298

詳しくはこちら

近隣の駐屯地について

北富士駐屯地

山梨県に所在する唯一の駐屯地、陸上自衛隊北富士駐屯地の活動やイベント情報等をご紹介致します。

〒401-0593
山梨県南都留郡忍野村忍草3093番地

TEL: 0555-84-3135

詳しくはこちら