本文へスキップ

防衛省・自衛隊 神奈川地方協力本部は、自衛官を目指している人を応援しています。

電話でのお問い合わせはTEL.045-662-9497(援護課)

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町253-2

退職自衛官の雇用〜頼れる即戦力!〜

我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つことを主たる任務としている自衛隊は、その精強性を維持する観点から若年定年制(大部分が54歳〜56歳で定年)及び任期制(大部分が20歳代に退職)という任用制度を採用しております。
これらの退職自衛官は、在職中に培った実行力、責任感、指導力の他、職務に応じて身に付けた知識と技術力などは、再就職先からも高い評価を受けております。

自衛官の魅力 企業のニーズに応える人物! >



自衛官は、わが国の平和と独立を守るという国民から負託された重要な任務を全うするため、日夜真剣に職務に従事しています。職務と教育訓練は広範なジャンルにわたり、多くの職種・職域にまたがっています。
自衛官は、制度上、幹部・曹クラスで50歳代前半、士は20歳代前半という年齢で退職します。
自衛隊退職者は、幹部・曹クラスでも働き盛りであり、技能と精強さに加え、職務遂行と教育訓練によって培われた企画力・指導力・実行力・協調性・責任感などに優れていると高い評価を受けています。この資質と能力は、いずれの分野でも必ずやお役に立つものと信じます。 
尚、求人登録についてのお問い合わせは、下記(援護課)までご連絡ください。

自衛官は職種(仕事内容)に応じた多くの各種免許(専門技術・資格)を取得しています。 >

  • 事業用操縦士
  • 小型船舶操縦士
  • 無線通信士
  • 無線技術士
  • 特殊無線技士
  • 自動車運転者
  • 自動車整備士
  • 電気主任技術者
  • 電気工事士
  • ボイラー技士
  • ボイラー整備士
  • 車両系建設機械運転技術者
  • フォークリフト運転者
  • クレーン運転士
  • ガス溶接技能者
  • 玉掛技能者
  • 土木施工管理技士
  • 建設機械整備
  • 火薬類保安責任者
  • 危険物取扱者
  • 衛生管理者
  • ビル管理技術者
  • 行政書士
  • 社会保険労務士
  • 簿記
  • 実用英語
  • 薬剤師

防災・危機管理職員 退職自衛官がお役に立ちます! >



防災・危機管理職員として退職自衛官がお役に立ちます!
地方公共団体における防災計画の作成、防災訓練の企画・実施等、さらには、災害が発生した場合における自衛隊などの実動機関との調整、このような地方公共団体の幅広い防災業務への対応には、退職自衛官がお役に立ちます。
退職自衛官の雇用を財政面からも後押しする「地域防災マネージャー」制度が平成27年10月から導入されました。退職自衛官には、この「地域防災マネージャー」の要件を満たす者が多数おりますので、地域の防災・危機管理能力を向上させるため、本制度を活用し、防災監等として退職自衛官の雇用を是非ご検討ください。

雇用主様からの声 即戦力になる退職自衛官! >



実際に退職自衛官を雇用して頂いた企業様からの喜びと感謝の声が寄せられています。

学校法人西武学園 理事長 >

私ども、西武学園は西武鉄道と西武不動産(現:西武プロパティーズ)を母体として、昭和48年に設立されました。神奈川県内で4園、埼玉県内で1園、計5つの幼稚園を運営しております。
現在、神奈川県内の2つの幼稚園で1名ずつ、計2名の退職自衛官の方が管理人として勤務されております。幼稚園という業務の性格上、男手が少ない中、園内の小修繕から登園・退園時の子どもたちの見守り、運動会等の行事にと、自衛隊で培われた技能やコミュニケーション能力をフルに生かして活躍いただいております。様々な業務に真摯に取り組む姿は、教育的にも良い影響を与えており、子どもたちからは、「せんせい、せんせい」と慕われ、教職員はもとより、保護者からも信頼される非常に頼もしい存在となっております。
2名の方の活躍を受けて、今年度はさらにもう1名採用の予定です。素晴らしい人材をご紹介いただき、心より感謝申しあげます。

ライジングビルメインテナンス株式会社 取締役総務部長 >

弊社は、某メガバンクの専属警備会社として店頭(フロア)警備を行っている会社です。昭和61年の創業以来、退職自衛官の採用等を通じて自衛隊の陸・海・空、各就職援護セクションとは、全国各地で約30年に亘るお付き合いをさせて頂いております。
勤勉で規律正しく、忍耐強い等の特性を有する自衛隊出身者に対するクライアントからの評価は極めて高いものがあります。こうしたことから、弊社では、665名(H29.3.末)在籍する全警備員の内、約9割を元自衛官が占めており、多くの「元自」の方々が活躍されています。
主な職務内容は、@立哨及び巡回による警備防犯 A顧客対応(挨拶・声かけ・取り次ぎ・案内)B店頭やロビー等の整理整頓及び美化であります。「顧客対応」等、自衛隊では経験のない職務もありますが、入社研修や経験年数に応じた数々の自社研修が整備されていることから、スムーズに新職務を習得し遣り甲斐を持って仕事に取組める環境にあります。今後も継続的に退職自衛官(定年制)を採用して行く所存でありますので、宜しくお願い申し上げます。

JXサイトセキュリティ株式会社 代表取締役 >

弊社は、JXエネルギーグループの製油所、石油化学製品製造所における自衛防災組織、地域共同防災組織の中核を担い、防災業務及び施設警備業務を遂行しています。
退職自衛官には3班24時間制交替勤務にて大型消防車両による消防操法および施設構内入出管理等の警備業務に従事していただきます。
規律正しく誠実に職務を遂行するにあたり、訓練で培われた体力と協調性に加え、安全に関する知見が業務遂行に大いに役立っています。

横浜ビルシステム株式会社 代表取締役社長 >

弊社は、横浜で平成4年から総合ビルメンテナンス業を行っている会社です。主な事業内容は、設備管理、清掃、警備、受付業務などです。
退職自衛官の方には、誠実さと規律正しさが必要とされる警備業務(施設・運搬)や受付業務などを行っていただいており、真面目に、かつ現職時代に培われてきた能力を存分に発揮し、勤務していただいております。
退職自衛官の方々には、現職時代に様々な経験をされた方がいらっしゃいます。また、仕事も安心して任せられる人材をご紹介いただけました。弊社では、今後も退職自衛官の採用に期待を寄せています。

常盤海運株式会社 代表取締役 >

常磐海運株式会社は、日本有数の貿易港である横浜で1954年に創業した物流会社です。主な事業内容は、一般貨物輸出入、海上コンテナ輸送、自動車輸出入及び自動車保管で、お客様に高品質な物流サービスを提供させていただいております。
退職自衛官の方には、現在海上コンテナ輸送の運転員として活躍いただいています。コンテナは、長さが約12mもある大きな貨物で、その輸送は、わずかな油断でも重大な事故を惹き起こす可能性があり、高い運転技術を必要とします。
退職自衛官の方は、仕事に対する責任感があり、安全第一に、真面目に取り組んでいただいております。また、自衛隊での経験から運転技術も高く、入社以来大変助かっております。弊社では、今後も退職自衛官の採用には大きな期待を寄せています。

企業様への広報 各種イベントへのご案内 >

神奈川地方協力本部援護課は、企業等の皆様をご案内して、各種のイベントを通じ、防衛省・自衛隊の活動や隊員の活躍する様子などをご紹介しております。

体験搭乗(陸自UH−1) >

立川駐屯地

(28.8.6)

武山駐屯地

(28.11.23)

体験航海 >

護衛艦きりしま


護衛艦きりしま

体験航海中

護衛艦たかなみ

艦上より
レインボーブリッジ下を通過

護衛艦たかなみ

艦上の様子

富士総合火力演習(8月) >

90式戦車

CH-47J輸送ヘリコプター

第1空挺団降下訓練初め研修(1月) >

自衛隊援護協会について 

(一財)自衛隊援護協会は、厚生労働大臣の許可を受けて、退職自衛官の再就職に関する援護業務を実施するとともに、防衛行政の効率的な推進に貢献し、もって我が国の防衛基盤の育成強化に寄与することを目的とした非営利型法人です。
 (一財)自衛隊援護協会は、本部及び札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の7支部があり、各支部は「退職自衛官無料職業紹介所」として自衛隊の就職援護機関、職業安定機関と密接な連携をとり、退職自衛官に対し企業等への職業紹介を実施しています。

自衛隊援護協会のホームページも合わせてご覧ください。



ご注意ください!

退職自衛官に係る職業紹介事業は、一般財団法人自衛隊援護協会が厚生労働大臣と国土交通大臣の許可を得て、無料で行っております。
 退職自衛官の再就職を斡旋すると称し、登録料という名目で振り込みを依頼する詐欺まがいの電話や、インターネットサイト等への自衛隊向け有料求人広告の勧誘があるとの連絡が寄せられることがございます。

退職自衛官人材情報〜即戦力になる自衛官〜


自衛隊を定年退職し、神奈川県内に就職を希望している隊員の情報です。

隊員に対する職業紹介は、厚生労働大臣から無料職業紹介の許可を受けた(一財)自衛隊援護協会が行っております。自衛隊援護機関は、自衛隊援護協会に対し、求人情報及び退職予定隊員の情報の取次ぎ等を行い、職業紹介に対する協力を行っています。

退職自衛官を雇用してくださる企業様へ

自衛隊を退職した後に、民間企業で働きながら自衛隊の訓練に参加し、有事や災害派遣の際に自衛官として活躍する「即応予備自衛官」「予備自衛官」という制度がございます。退職自衛官を雇用してくださる企業様のご理解とご協力をお願いいたします。


お問い合わせ先

TEL. 045-662-9497 FAX.045-662-9498
e-mail. place-kanagawa-pco@pco.mod.go.jp
防衛省・自衛隊 神奈川地方協力本部 援護課