1 即応予備自衛官とは


 即応予備自衛官は、非常勤の特別職国家公務員として普段はそれぞれの職業に従事しながら訓練招集命令により出頭し、即応予備自衛官として必要とされる知識・技能を最低限確保するため年間30日の訓練に応じます。  
 また、防衛力の基本的な枠組みの一部として、防衛招集命令、国民保護等命令、治安招集命令及び災害等招集命令を受けて自衛官となり、あらかじめ指定された部隊において、常備自衛官と同様の任務にあたります。


2 即応予備自衛官の処遇


 即応予備自衛官手当(月額:16,000円)、訓練招集手当(日額:14,200円(2尉)~10,400円(1士))が支給され、1任期(3年)を良好な成績で勤務すると勤続報奨金として120,000円が支給されます。  
 また、招集訓練時の旅費・食事は支給され、招集期間中の公務災害については、自衛官と同様の補償が受けられます。


3 即応予備自衛官の応募資格等



4 即応予備自衛官の招集訓練


 即応予備自衛官は必要とされる知識・技能を最低限確保するため、年間30日間の訓練に参加します。訓練は内容ごとに2~4日間で設定され、12回に分割して実施しています。また、企業等の勤務形態にできる限り配慮し、複数の訓練機会から訓練日を選択できる等、訓練環境を良好に保つ努力を行っております。


5 即応予備自衛官雇用企業給付金


 即応予備自衛官を雇用する企業等の負担等に報いるとともに、即応予備自衛官として安心して訓練及び災害等招集に出頭できる環境を整えていただくため、即応予備自衛官雇用企業給付金制度を設けております。


 >>詳細についてはコチラ


6 お問い合わせ


 即応予備自衛官に興味がある!そんな方は・・・ 。
 自衛隊岐阜地方協力本部援護課即応予備自衛官班までお気軽にご連絡ください。

 E-mail:place1-gifu@pco.mod.go.jp

 TEL:(058)232-5191