ホーム > 陸上自衛隊とは > シンボルマークについて

シンボルマークについて

このページでは、陸上自衛隊のシンボルマークとキャッチコピーについてご紹介いたします。


陸上自衛隊シンボルマークとキャッチコピー「守りたい人がいる」

シンボルマークの中心のデザインは、守りたい人と日本列島を、左右のデザインは、手を表しています。 左手で「逞しさ・強さ」を、右手で「優しさ」を表現しており、両手で人・日本列島を包み込むことによって陸上自衛隊が守るという意志を表現しています。また、中心のデザインに躍動感を与え、将来に向かって飛躍する日本を表すとともに、デザイン全体を10度斜めに傾けることによって、新たな世紀に向かって旅立とうとする陸上自衛隊を表しています。

このコピーに言う「人」とは、愛する家族であり、ふれあう地域の人々であり、我が国の美しい自然や文化をも表しています。 わたくしたちは、この「守りたい人がいる」を通じて、愛する人、愛する日本のために「事に臨んでは身の危険を顧みず任務に邁進する」という陸上自衛隊の存在の原点を明らかにし、逞しく頼りがいのある陸上自衛隊を目指します。

陸上自衛隊WEBサイトで使用しているキャッチコピー「守りたい人がいる」及びロゴ画像の著作権・版権は陸上自衛隊にあります。

「守りたい人がいる」及びロゴ画像をインターネットあるいはプレゼンテーション等で公開のために使用することができるのは、防衛省関係者が防衛省・陸上自衛隊の広報目的に利用する場合のみに限られています。

ロゴ画像を利用する場合、拡大・縮小以外の加工を加えることはできません。

「守りたい人がいる」及びロゴは陸上自衛隊の登録商標です。