東京地本マーク自衛隊東京地本
JSDF TOKYO PCO
東京地本マーク自衛隊東京地方協力本部
JAPAN SELF DEFENSE FORCE TOKYO PCO
東京地本マーク自衛隊東京地方協力本部
JAPAN SELF DEFENSE FORCE TOKYO PROVINCIAL COOPERATION OFFICE

トップ  > 採用情報  > 採用種目一覧

応募から受験までのステップ

自衛官になるには

自衛隊は様々な採用コースが存在します。 あなたに最適なコースを見つけるためにも少しでも興味を持ったら、 まずはお近くの募集事務所等へご連絡下さい。おまちしております☆
⇒  【各募集案内所】

採用種目一覧

一覧になります、資格等をご参照下さい。

一般幹部候補生

(一般)22歳以上26歳未満の者(20歳以上22歳未満の者は大卒、修士課程修了者等は28歳未満)
(歯科・薬剤)専門の大卒20歳以上30歳未満の者(薬剤は20歳以上28歳未満の者)※各科目卒業見込含みます。

各自衛隊の幹部自衛官となる者(パイロット要員含む)を養成する制度

医科歯科幹部

医師・歯科医師の免許取得者

陸海空各部隊の医療、健康管理指導、予防衛生等に携わる幹部自衛官となる者を採用する制度

技術海上技術航空幹部

大卒38歳未満の者

大学にて応募資格に定められた学部の指定する専攻学科を卒業後、2年以上の業務経験のある人を対象

技術空曹・技術海曹

20歳以上の者で国家免許取得者等

必要な国家資格免許、取得が難しい、保有者が少ない免許を有し、即戦力となる人材を採用する制度

航空学生

高卒(見込含)21歳未満(空)、23歳未満(海)の者

海上自衛隊・航空自衛隊のパイロットや戦術航空士等を養成する制度

一般曹候補生

18歳以上33歳未満の者
(ただし、32歳の者にあっては、採用予定月の1日から起算して3月に達する日の翌月の末日現在、 33歳に達していない者に限る。)

陸上・海上・航空自衛隊の曹となる自衛官を養成する制度

自衛官候補生

18歳以上33歳未満の者
(ただし、32歳の者にあっては、採用予定月の1日から起算して3月に達する日の翌月の末日現在、 33歳に達していない者に限る。)

自衛官候補生として所要の教育を経て3ヶ月後に2等陸・海・空士(任期制自衛官)に任官する制度

防衛大学校学生

高卒(見込含)21歳未満の者

将来、各自衛隊の幹部自衛官となる者(パイロット要員含む)を4年間の修業期間において養成する制度

防衛医科大学校医学科学生

高卒(見込含)21歳未満の者

将来、医師であり、かつ各自衛隊の幹部自衛官となる者を養成する制度

防衛医科大学校看護科学生(自衛官候補看護学生)

高卒(見込含)21歳未満の者

保健師・看護師である幹部自衛官となるべき者を育成する制度

高等工科学校生徒

男子で中卒(見込含)17歳未満の者

将来陸上自衛隊において、高機能化・システム化された装備品を駆使・運用するとともに、 国際社会においても自信をもって対応できる自衛官となる者を養成するために、 中学校卒業予定者等を対象に採用する制度です。そのため、個人の適性に応じて、 幅広い教養と豊かな人間性を養い、将来陸上自衛官として大きく進展できる基礎を作ります。

貸費学生

大学の理学部、工学部の3・4年次又は大学院(専門職大学院を除く) 修士課程在学(正規の修業年限を終わる年の4月1日現在で26歳未満の者 (大学院修士課程在学者は28歳未満))

自衛隊に勤務する意志を持つ者に対し防衛省より学資金が貸費される制度

予備自衛官補

(一般)18歳以上34歳未満の者
(技能)18歳以上で国家免許資格等を有する者(資格により53歳未満~55歳未満の者)

一般社会人や学生の方を予備自衛官補として採用し、教育訓練修了後、予備自衛官として任用する制度