駐屯地概要

沿革

昭和35年4月   滝ヶ原分屯地として発足

昭和40年7月   第110施設大隊が移駐

昭和49年4月   駐屯地に昇格

昭和49年8月   業務隊・会計隊新編

昭和52年3月   
 富士飛行班が教育支援飛行隊富士飛行班に改称

平成14年3月   
 第110施設大隊廃止、教育支援施設隊として新編

   同      評価支援隊新編

 昭和35年4月      滝ヶ原分屯地として発足

 昭和40年7月      第110施設大隊が移駐

 昭和49年4月      駐屯地に昇格

 昭和49年8月      業務隊・会計隊新編

 昭和52年3月      富士飛行班が教育支援飛行隊富士飛行班に改称

 平成14年3月      第110施設大隊廃止、教育支援施設隊として新編

    同         評価支援隊新編

 

 

紹介

 滝ヶ原駐屯地は静岡県東部、霊峰富士の麓に広がる人口約9万人の御殿場市の西、本州最大の演習場である東富士演習場のほぼ中央に位置します。

 標高は約700メートル。総面積47.5万㎡(東京ドーム 約10個分)の駐屯地内には隊員食堂、売店、体育館など各種施設を備えています。



上に戻る