評価支援隊

任務

評価支援隊長

2等陸佐
島田 昌樹

 評価支援隊は、部隊訓練評価隊の一部であり、陸上自衛隊唯一の専門の対抗部隊です。評価支援隊は富士訓練センターにおいて強力な対抗部隊として、全国からローテーションで訓練に参加する増強普通科中隊等を相手に、日々戦闘訓練を実施し訓練参加部隊に教訓を与えることにより、陸上自衛隊の精強化に寄与しています。

特性

 評価支援隊は戦車、装甲車を装備している大隊規模部隊であり富士訓練センターにおいては、「第1機械化大隊」として行動しています。
 富士訓練センターでは、実弾の代わりにレーザー光線やコンピューターシステム等のハイテク機器を駆使した交戦訓練用装置を使用し各種火器、火砲の射撃効果を判定して戦闘結果を審判しており、極めて実戦的な訓練が可能です。また、科学的な手法により戦闘結果を客観的、計数的に評価、分析することが可能です。


歴史

平成12年3月28日 評価支援隊準備隊発足
平成14年3月27日 評価支援隊編成完結
平成24年3月27日 創隊10周年

編成表

 普通科、機甲科、野戦特科及び施設科の部隊で構成されています。


特色ある装備等

服 装

 訓練部隊と識別するため対抗部隊専用の迷彩服を着用しています。

装 備 品

 上記同様に、対抗部隊専用の3色迷彩を施した戦闘車両を使用しています。


機械化大隊員としての心得

一、 戦士の鑑(かがみ)たれ
一、 戦場の人たれ
一、 相撃厳禁
一、 誠実の人たれ
一、 三つの管理   健康・安全・物品

 富士訓練センター運営に参加する際には必ず上記心得を唱和し、機械化大隊員としての自覚と誇りを確認するとともに、基礎動作の徹底を図っています。



上に戻る

評価支援隊

評価支援隊長

2等陸佐
島田 昌樹

任務

評価支援隊長

  2等陸佐
  四日谷 優介

 評価支援隊は、部隊訓練評価隊の一部であり、陸上自衛隊唯一の専門の対抗部隊です。
 評価支援隊は、富士訓練センターにおいて強力な対抗部隊として、全国からローテーションで訓練に参加する増強普通科中隊等を相手に、日々戦闘訓練を実施し訓練参加部隊に教訓を与えることにより、陸上自衛隊の精強化に寄与しています。

特性

 評価支援隊は戦車、装甲車を装備している大隊規模部隊であり富士訓練センターにおいては、「第1機械化大隊」として行動しています。
 富士訓練センターでは、実弾の代わりにレーザー光線やコンピューターシステム等のハイテク機器を駆使した交戦訓練用装置を使用し各種火器、火砲の射撃効果を判定して戦闘結果を審判しており、極めて実戦的な訓練が可能です。また、科学的な手法により戦闘結果を客観的、計数的に評価、分析することが可能です。

歴史

平成12年3月28日 評価支援隊準備隊発足
平成14年3月27日 評価支援隊編成完結
平成24年3月27日 創隊10周年

編成表

普通科、機甲科、野戦特科及び施設科の部隊で構成されています。

特色ある装備等

服 装
 訓練部隊と識別するため対抗部隊専用の迷彩服を着用しています。

装 備 品
 上記同様に、対抗部隊専用の3色迷彩を施した戦闘車両を使用しています。


機械化大隊員としての心得

一、 戦士の鑑(かがみ)たれ

一、 戦場の人たれ

一、 相撃厳禁

一、 誠実の人たれ

一、 三つの管理
   健康・安全・物品

 富士訓練センター運営に参加する際には必ず上記心得を唱和し、機械化大隊員としての自覚と誇りを確認するとともに、基礎動作の徹底を図っています。




上に戻る

部隊紹介