駐屯地創立記念行事

 駐屯地では、毎年4月に駐屯地創立記念行事を行うとともに、駐屯地を一般開放しております。
 駐屯地創立記念行事では、式典、観閲行進、太鼓演奏、訓練展示等が駐屯地グラウンドにおいて行われます。 本州では、ここ滝ヶ原駐屯地のみに装備されている89式装甲戦闘車をはじめ、陸上自衛隊唯一の対抗部隊「評価支援隊(第1機械化大隊)」の迷彩服や富士飛行班によるヘリ飛行など様々な装備品が登場します。 観客との距離も近く、大迫力の訓練展示が目の前でご覧いただけます。

 写真は平成31年4月14日(日)創立45周年記念行事当日の様子で、約4200人の来場者をお迎えし、行事を行いました。

 式典後、駐屯地グラウンド等において、今年度評価支援隊に装備換装されたばかりの90式戦車や96式装輪装甲車の体験搭乗が行われました。その他模擬売店、富士学校音楽隊による青空演奏、滝ヶ原雲海太鼓・松本アルプス太鼓・入間修武太鼓による3チーム合同太鼓演奏、実際の災害現場を想定した災害派遣訓練展示、子供向けエアスライダーや動物キャラバン、広報展示室開放、訓練風景パネル展示など各種アトラクションが催されました。装備品展示では16式機動戦闘車や10式戦車のほか、キャンプ富士からも米海兵隊の装備品が展示されました。又、スペシャルゲストとして、福井県よりYouTubeで話題の天才エレクトーン奏者「826aska」さんをお招きし、エレクトーンLiveで創立記念行事を盛り上げていただきました。


上に戻る