退職自衛官を雇用する

 


目 次

 


援護業務について

1.優れた資質と能力を持つ退職自衛官

自衛官は、自らの危険をも顧みず、我が国の平和と独立を守るという、国民から付託された重要な任務を全うするため、日夜真剣に職務と教育訓練に従事しています。
数多くの隊員が勤務で培った強い責任感、階級に応じた指導力と実行力、更に職務ごとに身に着けた高い技術を退職後も様々な分野で発揮し、社会に貢献できるよう活躍の場を求めています。

2.安心して職務に励むための施策

自衛隊は、任務の性格上、精強性を維持するため「若年定年制」では53歳~56歳で、「任期制」では20歳代~30歳代半ばで退職する任用制度をとっています。隊員が退職後の心配をすることなく任務 に邁進できるようにするため、また退職後の生活基盤確保のため、隊員の再就職の援助を実施しています。

 


自衛官の退職年齢

自衛隊は任務の性格上、精強性を維持するため若年定年制任期制の制度がとられています。
※ 若年定年制においては2020年1月以降の定年年齢引き上げにより退職年齢が逐次に引き上げられる予定です。

 


再就職のための教育訓練

防衛省・自衛隊では、隊員が退職後も社会貢献できるよう、再就職に有効な技能を身につける訓練や教育など、様々な施策を講じています。

 


自衛隊の援護組織

就職援護に際しては、地域の援護協力組織などの協力を図る一方、防衛省には独自に職業紹介を行う 機関がないため、厚生労働大臣と国土交通大臣の認可を得た一般財団法人自衛隊援護協会が、自衛隊 援護機関、職業安定機関や企業などと密接な連携をとりながら退職自衛官に対する無料職業紹介事業を行っています。

 


就職活動の流れ


若年定年制隊員 54歳(1曹~1尉)の場合


任期制隊員 2任期満了・3月末退職の場合
 


よくあるご質問

Q1.自衛官の退職時期はいつ頃ですか
A1.任期制隊員は、3~4月頃の入隊者が最も多く、任期満了日(退職日)も同様にこの時期に集中しています。若年定年退職隊員は、本人が退職年齢に達する誕生日が退職の日となり、時期はそれぞれです。


Q2.退職自衛官の年齢層はどのくらいですか?
A2.任期制隊員は20歳代から30歳代、若年定年制隊員は50歳代半ばが大半を占めています。また、若年定年制隊員の退職年齢は階級によって異なります。
★詳しくはこちら


Q3.退職時の自衛官の給料はどのくらいですか?
A3.任期制隊員の場合で2任期(4年または5年)勤務した場合の例では、退職時の基本給は約19万です。ただし、食事の支給や宿泊施設を貸与されることを踏まえると実質約21万円を超えます。また、若年定年退職隊員は退職時の階級に差がありますので、詳しくは就職援護担当者にお問い合わせください。


Q4.退職する自衛官はどのような資格・免許を持っていますか?
A4.退職予定隊員の職種(職域)や勤務経験等により、保有資格免許は様々です。この他、希望する再就職先で有効活用できる資格免許の取得にも努めています。
★詳しくはこちら


Q5.何名くらいの自衛官が退職していますか?
A5.年度によって異なりますが、石川県内で適職を求める退職予定隊員数は、任期制の場合で概ね年間30名前後、若年定年退職隊員では年間20名前後です。


Q6.雇用を検討しているのですが、求人の申込はどうすればいいですか?
A6.(一財)自衛隊援護協会(退職自衛官無料職業紹介所)が受け付けています。また、各都道府県に所在する自衛隊地方協力本部においても取次ぎを行っています。 お気軽にお問い合わせください。 なお、隊員のプライバシー等に関するご質問にはおこたえしておりません。


Q7.取次ぎ費用はどのくらいかかりますか?
A7.退職自衛官の職業紹介は厚生労働大臣の認可を得た「退職自衛官無料職業紹介所」が行っており、 費用は一切かかりません。

※ 有料求人広告に関する注意喚起
企業に対し、退職自衛官の再就職を斡旋すると称し、登録料や掲載料の名目で振込みを依頼する、詐欺まがいの連絡があったと報告が寄せられています。 退職自衛官に係る職業紹介事業は、一般財団法人自衛隊援護協会が、厚生労働大臣の認可を受けて無料で行っております。 つきましては、このような連絡に取り合うことのないようお願いいたします。 なお、ご不明な点については自衛隊石川地方協力本部地域援護センターまでお問い合わせください。

 


お問い合わせ先


一般財団法人 自衛隊援護協会

自衛隊援護協会は、国の認可を受けて主に退職自衛官の再就職に関する就職業務を実施する非営利 法人です。「退職自衛官無料職業紹介所」を開設し、自衛隊援護機関、職業安定機関や、企業などと密接な連携をとりながら、退職する自衛官へ向けての無料職業紹介事業を行っています。
求人票作成にあたっては、援護協会名古屋支部または地域援護センターまでお問い合わせください。

     自衛隊援護協会 名古屋支部
  •  〒450-0002
  •  愛知県名古屋市中村区名駅4-23-132
  •  名古屋大同生命ビル10階
  •  ℡ 052-541-0334
  •  ✉ nagoya@engokyokai.jp
  •  
  •  
自衛隊援護機関
  • 企業に対する広報・退職自衛官の雇用に関するお問い合わせはこちらより行ってください。

  •  自衛隊石川地方協力本部 地域援護センター
  •  〒921-8520
  •  石川県金沢市野田町1番8号
  •  陸上自衛隊 金沢駐屯地内
  •  ℡ 076-241-7450(FAX兼用)
  •  ✉ ishikawa-place-ma@inet.gsdf.mod.go.jp