総合情報図書館・グローバルセキュリティセンター

総合情報図書館の写真

平成21年4月に図書館と学術情報センターを統合し、「総合情報図書館」と改称しました。
 総合情報図書館は、各種専門図書をはじめ学習用図書、教養図書、貴重図書などを所蔵しています。また、校内LANを利用した情報検索サービスを提供するとともに、ホームページなどを通じて情報を発信し、他大学の図書館との情報交換・相互利用に努めています。本科・研究科学生、教職員の教養の向上や研究の促進に資することが総合情報図書館の目的です。

総合情報図書館は、地上1階・地下1階建てで、ゆとりのある空間を設けています。各階に図書情報検索コーナー、図書の自動貸出・返却装置を設置し、参考書などの持ち込みを可能とするなど、利用者の利便性向上を図っています。

1階には、展示コーナー、AVコーナー、新着図書コーナーを設けています。閲覧室の書架には国防・軍事や情報科学に関連した図書、年鑑、百科事典などを配架しています。また、総合情報図書館事務室、受付カウンターがあります。

地下1階には、吹き抜けの円形ブラウジングコーナーがあり、そこでは国内外の新聞、雑誌を読むことができます。閲覧室には参考図書コーナーを設けたほか、人文・社会科学、自然科学、技術工学に関連した図書等を配架しています。また、通常の閲覧室のほかに、閲覧個室、研究閲覧室、グループ研究室を設置し、利用者の学習形態に合わせた最適の環境を整えています。

なお、総合情報図書館に隣接してAVホールとパソコン講義室が設置され、教育・訓練等に幅広く活用できる施設を整えています。

◆グローバルセキュリティセンター

 グローバルセキュリティセンターは、現代社会が直面する安全保障上の課題における、①学術と実務の融合、②学際的アプローチと国内外の教育研究機関との連携による学術研究基盤の強化と学問的発展、③本科・研究科教育の国際化推進、④研究成果の国内外への発信を目的として平成28年4月に創設されました。

グローバルセキュリティセンターのサイトへ

防衛大学校について