特色と学科構成

特色

防衛大学校は多くの魅力ある特色を持っています。その主なものを以下に掲げます。

  1. 人社系3分野、理工系11分野にわたる多様な専攻分野の選択が可能。
  2. 図書館、実験設備、運動施設など、全国有数の優れた教育環境。
  3. 授業料免除、衣食住は国費で。さらに学生手当て月額約10万3千円。
  4. 約10人の外国人講師を含む充実した英語教育。
  5. 学生数1割相当の選抜優秀学生に対する海外士官学校短期留学の機会。
  6. 教官約350人による少人数教育とマンツーマンの卒業研究指導。
  7. 毎日2〜4時間の自習時間、平均1.5時間のクラブ活動の確保。
  8. 学生各自所有のパソコンとつながった校内LANシステムの完備。
  9. 徹底した情報処理教育。
  10. 開校記念祭(パレード、棒倒しなど)、国際士官候補生会議、他大学生との学生シンポジウム、卒業ダンスパーティなど、他大学では見られない多彩な学生行事。
  11. 春、夏、秋、冬期に集中的に実施する訓練。戦車、艦艇、戦闘機などに試乗する、他大学にはない体験。厳しさの中にも楽しいスキー訓練なども。
  12. 8キロ遠泳、40キロ夜間行進、富士登山などにより心身ともにタフさを練成し、自己の限界に挑戦する機会。
  13. 学生舎生活、クラブ活動(校友会)を通しての楽しい学生生活と真の友情を築く機会。また指導力の養成にも。
  14. 大学院に相当する「研究科(博士・修士課程)」を設置。
  15. 総理、防衛大臣が参列する卒業式、任官宣誓式、観閲式。

学科構成

防衛大学校には、専攻分野に当たる14学科があります。
 受験生は、人文・社会科学専攻、理工学専攻の区分を選んで受験しますが、入校後、1学年の末に人文・社会科学専攻学生は人社系3学科、理工学専攻学生は理工系11学科の中から、1つの学科を選択します。
 その際、各学生の希望や成績などが考慮されます。

防衛大学校について