清水募集案内所

清水募集案内所

清水募集案内所は、静岡市清水区を担当エリアとして、自衛官の募集、自衛隊に関する説明、自衛隊のイベント紹介等を主な業務としています。自衛隊に興味がある方は、ぜひ一度清水募集案内所に遊びに来て下さい。

お問い合わせ・アクセス

  • 静岡市清水区松原町2-15 清水合同庁舎3F
  • 電話:054-352-9100 FAX : 054-352-9100
  • E-mail : shimizu@rct.gsdf.mod.go.jp
  • 担当エリア : 静岡市(清水区)

アクセスマップ


  • 佐野1海尉
    清水募集案内所所長
    佐野1海尉
    平成31年4月1日付で清水募集案内所長として着任しました佐野です。富士宮市出身の海上自衛官で、これまではヘリコプターの整備をしていました。清水募集案内所長として、自衛隊に興味を持っていただけるよう沢山の魅力を伝えさせていただきます。宜しくお願いします。
  • 中島陸曹長
    副所長兼広報員
    中島陸曹長
    昨年10月から清水区南部を担当しています。23歳で入隊以来、自衛隊にお世話になっています。自分の人生は、自衛隊だけではありません。私のもっている数多の人生経験と自衛隊の知識を最大限活用して、誠心誠意お手伝いさせていただきます。迷ったら、まず電話で相談ください
  • 大石1等陸曹
    広報員
    大石1等陸曹
    清水募集案内所の大石1曹です。広報官として、まだまだ未熟な所ばかりですが自分なりに精一杯頑張りたいと思いますのでよろしくお願い致します。

情報誌「自衛隊清水」

(2019年度 PDF)


清水所出来事 BLOG


11月の出来事

東海大海洋祭に陸自のWAPC現る!

2019年11月3日


東海大海洋祭に陸自のWAPC現る

 清水募集案内所(所長・佐野英和1等海尉)は、11月2日(土)と3日(日)、東海大学海洋学部(静岡市)で行われた「第39回海洋祭」において自衛隊の広報活動を実施した。

 同大学祭は、模擬店や海洋生物水族館といった趣向を凝らした海洋学部ならではの各種催しが行われ、地域住民も多く足を運ぶ大人気のイベント。清水所は昨年から広報ブースを出展しており、今年は駒門駐屯地(御殿場市)第1戦車大隊の支援を得て、96式装輪装甲車(WAPC)を展示したほか、陸自隊員が訓練で使用する重さ25キロの背のう(リュック)や、砕氷艦「しらせ」が持ち帰った南極の氷に触れる体験コーナーを設置し、来場者に自衛隊を体感してもらった。

 特にWAPCは静岡市内ではほとんど目にすることのない車両のため、「WAPCが来るというイベント情報を見たので来ました」「とても強そうでかっこいい!将来自衛官になって乗ってみたい」などと多くの人の興味を引き、自衛官のヘルメットと同じものを被り記念撮影する姿が多く見られた。

 また、南極の氷を体験するコーナーでは、家族連れが氷に触れて南極の寒さを想像したり、氷が溶ける際の「パチパチ」という気泡が弾ける音を聞いたりして楽しんでいた。南極の氷に閉じ込められた空気は何千年から何万年も前のものと言われており、体験した人たちは「何万年も前の空気なんて、とてもロマンを感じる」と感想を話していた。

 清水所は、今後も地域イベントに積極的に参加し、自衛隊への興味や関心を高めてもらえるよう努めていく。

東海大海洋祭に陸自のWAPC現る
10月の出来事

自衛隊車両が大人気! 静岡はたらく車展

2019年10月20日


自衛隊車両が大人気! 静岡はたらく車展

 清水募集案内所(所長・佐野英和1等海尉)は、10月20日(日)、エスパルスドリームプラザ(静岡市)で行われた「静岡はたらく車展2019」において、小型トラックを展示し広報活動を実施した。

 さまざまな場面で活躍する「はたらく車」が集合し、当日は天候にも恵まれたため、多くの家族連れで賑わった。

 清水所は自衛隊の災害派遣などではたらく小型トラックを展示したほか、災害派遣活動の様子を撮影した写真パネルの展示、子供用制服・迷彩服の試着体験を行い、自衛隊の活動を紹介した。

 「はたらく車展」に参加していた車両の中でも自衛隊車両は特に人気が高く、制服や迷彩服を着用して車両と記念撮影をする家族で長蛇の列となった。また、普段見ることのできない自衛隊の車の運転席や後部座席も開放し、子供たちだけでなく、大人も興味津々な様子であった。

 来場者からは「かっこいい!」「なかなか見ることができない運転席を見られて、貴重な経験でした」などといった声を聞くことができたほか「災害派遣などで大変だと思いますが、これからも頑張ってください」という励ましの言葉も寄せられた。

 清水所は、今後も地域のイベントに積極的に参加し、自衛隊への興味や関心を高めてもらえるよう努めていく。

自衛隊車両が大人気! 静岡はたらく車展

自衛官も児童の安全を見守る活動に参加

2019年10月15日


自衛官も児童の安全を見守る活動に参加

 清水募集案内所(所長・佐野英和1等海尉)は10月15日(火)に静岡市立井宮小学校、17日(木)に同市立森下小学校で、帰宅する児童と通学路の安全を制服姿で見守った。

 静岡市では、通勤やウォーキング、犬の散歩など日常生活を行うかたわら、防犯の視点をもって児童の安全を見守る活動「しずおか防犯パトロール」が展開されており、静岡市清水区を担当エリアとする清水所もこの活動に賛同して、所長と広報官が市内での募集業務のかたわら、児童の見守り活動を実施したもの。

 今回は、静岡市や静岡中央警察署が企画した各小学校の後期始業式に併せた見守り会。始業式で各校教諭らが児童に防犯パトロールについて説明した後、実際に通学路で出会うことになる清水所員など市民ボランティアが紹介された。

 下校時間になると、校門付近に制服姿の自衛官が他の市民ボランティアと並んで児童の下校を見守り、「気をつけて帰ってね」と声をかけると「わかりました。さようなら」と元気な声が返ってきた。

 所長と広報官は、さらに学校周辺の通学路に乗用車が飛び出してきそうな交差点や転落しやすい側溝など危険な場所はないか、不審者が隠れていそうな場所はないか児童の安全や防犯の視点から確認しながら見守りを実施した。

 清水所は、今後も「しずおか防犯パトロール」を継続し、警察や市民ボランティア等と連携しながら地域の安全確保に努めていく。

自衛官も児童の安全を見守る活動に参加

お気軽にお問合せください

自衛官募集・採用試験等のご相談はこちらからどうぞ

防衛省・自衛隊 自衛隊静岡地方協力本部
〒420-0821 静岡市葵区柚木366
TEL:054-261-3151 | 054-261-3152

hq1-sizuoka@pco.mod.go.jp