清水募集案内所

清水募集案内所 01 清水募集案内所 02 清水募集案内所 03 清水募集案内所 04

清水募集案内所

清水募集案内所は、静岡市清水区を担当エリアとして、自衛官の募集、自衛隊に関する説明、自衛隊のイベント紹介等を主な業務としています。自衛隊に興味がある方は、ぜひ一度清水募集案内所に遊びに来て下さい。

お問い合わせ・アクセス

  • 〒424-0825 静岡市清水区松原町2-15 清水合同庁舎3
  • E-mail : [email protected]
  • 担当エリア : 静岡市(清水区)


清水募集案内所長
藤井1等海尉

清水所長の藤井です。海上自衛隊では航空関係の職種についています。多くの方々に自衛隊への魅力を発信できるよう頑張ります。是非、清水所へも足を運んでください。【出身】青森県八戸市【職種】航空機整備幹部


山田陸曹長
副所長兼広報員
山田陸曹長

清水所、副所長の山田です。少しでも多くの方に自衛隊の良い所をPRするために、いつも明るく誠心誠意真心を込めて勤務していきたいと思っております。イベント等で見かけた際は気軽にお声掛けください。どうぞ宜しくお願い致します。【出身】広島県呉市【職種】通信(レーダ整備)

望月2等陸曹
広報員
望月2等陸曹

COMING SOON

広報員
木元2等陸曹

清水所の木元です。本部から異動してまいりました。広報官としては新米ですが、一生懸命勤務させて頂きます。質問等あれば、お気軽にお声を掛けて下さい。【出身】岩手県気仙郡住田町【職種】野戦特科



情報誌「自衛隊清水」


清水所出来事 BLOG

8月の出来事

NEW「かんばらまつり」で自衛隊をPR

2022年8月20日

「かんばらまつり」で自衛隊をPR

 清水募集案内所(所長・藤井隆裕1等海尉)は8月20日(土)、静岡市蒲原市民センターで行われた「第36回かんばらまつり」において広報活動を実施した。

 この催しは昭和25年、蒲原地区の各区(今の自治会)で行われる盆踊りが終了した次の日曜日に「総盆踊り大会」として始まったもので、「かんばらまつり」としては昭和62年から開催されている。総盆踊りのほか、蒲原太鼓や消防団のラッパ演奏、打ち上げ花火などが行われ、会場は大盛り上がりとなった。

 清水所は会場入口付近に広報ブースを開設し、20キロの背のう(リュック)背負い体験、広報パネルや小型トラックを展示し、多くの家族連れが足を止めた。

 背のう体験では、高校生たちが力自慢を披露するなど楽しんでいる様子で、また、小型トラックの展示では親子連れが車内の見学や記念写真を撮って自衛隊への関心を高めていた。

 清水所は、今後も地域のイベントに積極的に参加し、自衛隊への興味や関心を高められるような広報活動に努めていく。

「かんばらまつり」で自衛隊をPR
5月の出来事

清水港フラワーフェスタで自衛隊をPR

2022年5月22日

清水港フラワーフェスタで自衛隊をPR

 清水募集案内所(所長・藤井隆裕1等海尉)は、5月22日(日)、清水マリンパーク(静岡市)で行われた「清水港フラワーフェスタ2022」において、広報活動を実施した。

 この催しは、静岡市内の生花店と草花を扱う団体、学校などが観葉植物の販売会やワークショップなどを開くもので、会場には季節の花々や植物が並んだ。

 自衛隊は特設ステージで陸上自衛隊第1音楽隊(練馬駐屯地)が演奏を披露し、静岡地本が広報ブースを設置した。

 清水所は陸・海・空自衛官の制服や自衛隊の活動を紹介したパネル、偵察用バイクを展示し、多くの家族連れで賑わった。

 偵察バイクコーナーでは、子供用迷彩服を試着してバイクにまたがることができ、子供たちは大喜びだった。大人も制服の防衛記念章に興味を示したり、展示パネルを熱心に見たりして、自衛隊への関心の高さが伺えた。

 清水所は、今後も地域で開催されるイベントに積極的に参加し、自衛隊への興味や関心を高めてもらえるような広報活動に努めていく。

清水港フラワーフェスタで自衛隊をPR
 

静岡市立清水袖師中学校で防災講話

2022年5月17日

静岡市立清水袖師中学校で防災講話

 清水募集案内所(所長・藤井隆裕1等海尉)は5月17日(火)、静岡市立清水袖師中学校において防災講話を行った。

 これは同校から、2年生を対象に「共助」をテーマに自衛隊の災害派遣について講話を行ってほしい、という要望があり実施したもの。

 当日は、まず藤井所長が自衛隊の災害派遣の概要について説明し、その後、東日本大震災での自衛隊の活動を記録した映像を通して、災害の状況や「共助」の大切さを伝えた。

 後半は、空挺レンジャー隊員の広報官・木元洋2等陸曹が、レンジャーでの経験をもとに、防災携行品を機能的・効率的にリュックに詰める方法を紹介した。

 全般を通じて生徒たちは真剣にメモを取りながら聞き入り、防災意識の高さが伺えた。

 講話の最後には生徒から「災害派遣にもいろいろな種類があることを初めて知った。防災の重要性を理解することができた」と感想があり、充実した教育となった。

 清水所は、今後も学校と密接に連携し、自衛隊の意義と魅力を発信していく。

静岡市立清水袖師中学校で防災講話
 

IAIスタジアムで自衛隊をPR

2022年5月7日

IAIスタジアムで自衛隊をPR

 清水募集案内所(所長・藤井隆裕1等海尉)は、4月28日(金)の清水エスパルス対サンフレッチェ広島戦、5月7日(土)の清水エスパルス対川崎フロンターレ戦の試合前に、会場であるIAIスタジアム日本平(静岡市)イベント広場において広報活動を実施した。

 自衛隊広報ブースでは、自衛隊車両のほか、任務や災害派遣活動を紹介したパネルを展示するとともに自衛官採用制度説明を行った。

 4月29日はあいにくの雨模様、5月7日は一転、すがすがしい天気と対称的な2日間であった。

 両日とも広報ブースでは、多くの来場者が足を止めて展示物に見入り、試合前のひと時を楽しんでいた。

 特に、昨年出動した熱海土砂災害での災害派遣活動を紹介したパネルが注目を集め、自衛隊の任務の重要性についてより一層の理解を得ることができた。

 清水所は、今後も地域イベントに積極的に参加し、自衛隊への興味や関心を高めるような広報活動に努めていく。

IAIスタジアムで自衛隊をPR
3月の出来事

清水飯田中学校で自衛隊を紹介

2022年3月8日

清水飯田中学校で自衛隊を紹介

 清水募集案内所(所長・藤井隆裕1等海尉)は3月8日(火)、静岡市立清水飯田中学校において職業講話を実施した。

 これは、生徒がさまざまな仕事の内容への理解を深め、素晴らしさや大変さを知り、自分の将来設計や生活に活かす機会を設ける目的で同校から講話依頼があったもの。自衛隊のほか、地元の企業などが集まり、1年生に対し説明を行った。

 当日は清水所長が30分ほどの講義を2回に分けて行い、陸・海・空自衛隊の任務や仕事の種類、やりがいなどを、自己の経験を交えながら紹介した。

 生徒たちは、真剣にメモを取りながら聞き入り、実際の仕事内容や各種制度、福利厚生に関して多くの質問があり、関心の高さが伺えた。

 講話の最後には生徒から「自衛隊のイメージが変わった」「自衛隊の仕事を知ることができた」など、前向きな声を聞くことができた。

 清水所は、今後も学校と密接に連携し、自衛隊の意義と魅力を発信していく。

清水飯田中学校で自衛隊を紹介

東海大学Web学内合同企業説明会で自衛隊をアピール

2022年3月2日

東海大学Web学内合同企業説明会で自衛隊をアピール

 清水募集案内所(所長・藤井隆裕1等海尉)は3月2日(水)、同案内所で「東海大学海洋学部Web合同企業説明会」に参加し、自衛隊の採用制度説明を行った。

 この説明会は3年生を対象に行われ、一昨年までは対面で行われていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、今回は各自が自宅などから参加するWeb形式で3回に分けて実施された。

 自衛隊の説明には5人の学生が参加し、画面越しに清水所副所長・山田弘隆陸曹長の説明に熱心に耳を傾けていた。

 説明を受けた学生からは「自衛隊の採用制度が理解できた」「職業としての自衛隊を知ることができた」などの声が聞かれ、自らの将来を真剣に考えている様子が伺えた。

 また、「体力にあまり自信がないですが、訓練についていけますか」「免許や資格を保有していた方がいいですか」などの質問があり、説明した山田曹長が丁寧に回答した。

 清水所は、このような説明会に積極的に参加し、自衛隊の正確な情報を発信していく。

東海大学Web学内合同企業説明会で自衛隊をアピール

お気軽にお問合せください

自衛官募集・採用試験等のご相談はこちらからどうぞ

防衛省・自衛隊 自衛隊静岡地方協力本部(ちほん)
〒420-0821 静岡市葵区柚木366
054-261-3151 | 054-261-3152
[email protected]