沼津地域事務所

沼津地域事務所

●沼津地域事務所の入口をリニューアルしました。
●新型コロナウィルス感染拡大防止を受けて、事務所の前にも、アルコール消毒液を準備いたしました。
ポスト投函で資料をお届けしますので、是非連絡ください。

お問い合わせ・アクセス

  • 〒410-0033 沼津市杉崎町6-20 法務局内1F
  • 電話:055-916-0605 FAX : 055-916-0610
  • 担当エリア : 沼津市、御殿場市、小山町、清水町

アクセスマップ


  • 鎌田3等陸佐
    沼津地域事務所長
    鎌田3等陸佐
    12月1日より沼津地域事務所長となりました「カマタ」です。「誰かを守りたい」「自衛隊に興味がある」「自分のスキルアップ」を考えてる方は沼津地域事務所に電話を下さい。みなさんの連絡を待ってます!
  • 伊與田1等陸曹
    副所長兼広報員
    伊與田陸曹長
    はじめまして!御殿場市・小山町を担当しています。自衛隊に少しでも興味のある方、まだやりたい事が見つからない貴方!!お待ちしています。資料請求も大歓迎です。
  • 木原1等空曹
    広報員
    木原1等空曹
    .
  • 梅野1等陸曹
    広報員
    梅野1等陸曹
    はじめまして!沼津市南部・清水町を担当しています。自衛隊に少しでも興味のある方、まだやりたい事が見つからない貴方!!お待ちしています。資料請求も大歓迎です。
  • 飯野3等海曹
    広報員
    飯野3等海曹
    はじめまして、沼津市南部・清水町を担当しています。海上自衛隊は艦艇、航空機、陸上基地と幅広い職場があります。小さな疑問からお答えしますので、お気軽にご連絡ください。

沼津地域事務所出来事 BLOG

6月の出来事

NEW富士メカニック専門学校モーターショーで自衛隊の整備の仕事をPR

2021年6月19日

富士メカニック専門学校モーターショーで自衛隊の整備の仕事をPR

 沼津地域事務所(所長・鎌田誠3等陸佐)は6月19日(土)、プラサヴェルデ(沼津市)で開催された「富士メカニック専門学校モーターショー」において、富士駐屯地の第105全般支援大隊(御殿場市)とともに自衛隊の広報活動を実施した。

 これは学校法人鈴木学園富士メカニック専門学校からの依頼で実施したもので、自衛隊や自動車販売店などが車両を展示し、それぞれの仕事や整備について説明するもの。

 当日はあいにくの雨模様であったが、学生や家族連れなど約280組の来場者で賑わった。

 自衛隊は室内ブースに陸上自衛隊の小型トラックと偵察用オートバイ、屋外ブースに中型トラックを展示。ブースを訪れた来場者は車両やバイクに乗ったり、隊員から自衛隊車両の特徴などを聞き、興味津々な様子で見入っていた。

 また、希望する学生等に自衛隊の制度説明も行った。自衛官の採用制度や幅広い職種について解説するとともに、部隊の車両整備を担当している第105全般支援大隊の隊員が直接車両の説明や整備の大切さなどを分かりやすく説明した。

 沼津所は、一人でも多くの県民に自衛隊の活動を知ってもらうため、今後も各種イベントに積極的に参加し、広報活動を行っていく。

富士メカニック専門学校モーターショーで自衛隊の整備の仕事をPR
4月の出来事

J3アスルクラロ沼津・日本たばこ産業と合同で防災イベント

2020年4月25日

J3アスルクラロ沼津・日本たばこ産業と合同で防災イベント

 沼津地域事務所(所長・鎌田誠3等陸佐)は4月25日(日)、沼津市愛鷹広域公園で行われた防災イベントに参加した。

 これはサッカーJ3リーグのアスルクラロ沼津、日本たばこ産業、自衛隊静岡地方協力本部が合同で開催したもの。ソーシャルディスタンスを確保する等コロナ対策を十分に行った上で、静岡地本の自衛官が災害時等に活用できるロープワーク術をアスルクラロの選手たちと一緒に来場者に展示した。

 アスルクラロの選手たちは、初めてのロープワークに最初は苦戦していたものの、最後は全員しっかりと結ぶことができ、来場者から盛大な拍手を受けていた。

 車両展示コーナーでは陸上自衛隊の中型トラックと偵察用オートバイの展示を行い、来場者が興味津々な様子で見入っていた。

 また募集広報ブースでは、自衛隊の職種を紹介したパネルの展示や、来場した小・中学生に当日限定のオリジナル缶バッジを配布した。子供たちはパネルを見学したり、受け取った缶バッジをユニフォームに付けて自衛隊とのふれあいを楽しんでいた。

 沼津所は、一人でも多くの県民に自衛隊の活動を知ってもらうため、今後も各種防災イベントへ積極的に参加していく。

J3アスルクラロ沼津・日本たばこ産業と合同で防災イベント
  3月の出来事

袋井市入隊激励会に参加

2020年3月16日

袋井市入隊激励会に参加

 沼津地域事務所(所長・鎌田誠3等陸佐)は3月16日(火)、袋井市が主催する入隊激励会に、高校3年間実家を離れ沼津市の高校に通っていた山内真矢さんとともに参加した。

 山内さんは高校3年間、地元の袋井市を離れて沼津学園飛龍高等学校に通い、勉学や部活動のバスケットボールに励んでいた。持ち前の明るさ、部活動で培った粘り強さと面倒見の良さ、親しみやすい性格から進路担当教諭から自衛官を勧められ、女性自衛官を目指し始めた。

 入隊激励会は袋井市の防災センターで実施され、入隊予定者4人が参加した。激励会は市長の挨拶から始まり、DVDによる防衛大臣の激励メッセージ、各協力団体会長及び自衛隊静岡地方協力本部長から激励の言葉が送られた。

 今回、偶然にも参加者の中に山内さんと同じ陸上自衛隊女性自衛官教育隊へ入隊予定の中学校の同級生がいたことから、激励会の後に2人の母校である袋井中学校へ訪問することとなった。中学校では校長をはじめ、当時の担任や部活動の顧問と面会し、「まさか、この2人が自衛官を目指すとは思わなかった。しっかりと国に貢献して、また2人で元気な顔見せてください」と温かいエールを受けた。

 沼津所は、今後も各地域事務所と連携しつつ、心に残る広報を実施していく。

袋井市入隊激励会に参加

高等工科学校入校者に対する激励会

2020年3月13日

高等工科学校入校者に対する激励会

 沼津地域事務所(所長・鎌田誠3等陸佐)は3月13日(土)、沼津所において令和3年度の高等工科学校入校予定者に対する事務所独自の激励会を実施した。

 これは、例年沼津市が実施している入隊・入校激励会が新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止となったことから、その代替行事として開催したもので、沼津市からの入校予定者4人とその家族が参加した。

 激励会は担当広報官の挨拶からはじまり、入校予定者の紹介、沼津市長からの激励文の代読、DVDによる防衛大臣のからの激励メッセージ、自衛隊の活動状況映像の上映、入校予定者から保護者に対して感謝の言葉並びに決意表明、記念撮影の順に実施した。

 会は終始和やかなムードで行われ、入校予定者の決意表明では、参加した4人それぞれが親への感謝の気持ちや入校に関する意気込み等を力強く発表した。また、沼津市出身者の同期の絆、保護者間の連携なども深めることができた様子だった。

 沼津所は、コロナ禍でイベントなどが中止となる中、創意工夫し、今後も心に残る広報を実施して、地域との繋がりを重視した業務に邁進していく。

高等工科学校入校者に対する激励会

自衛隊入隊予定者の沼津市長への面会

2020年3月12日

自衛隊入隊予定者の沼津市長への面会

 自衛隊静岡地方協力本部(本部長・杉谷康征1等空佐)は3月12日(金)、沼津市役所において、3月末に同市から自衛隊に入隊する村上ゆきさんの賴重秀一沼津市長への面会を実施した。

 例年同市で行われている入隊激励会が新型コロナウイルス感染症拡大防止のため開催できなかったことから、入隊予定者の代表として面会したもの。村上さんはこの春大学を卒業後、航空自衛隊幹部候補生学校(奈良県)への入校を予定している。

 市長との懇談において村上さんは、「今までたくさんの方に支えていただいたおかげで、今自分がここにいるということを改めて実感しています。今度は私がお世話になった方々への感謝の気持ちを形にしていけるよう、将来自衛官としての使命を全うすることを目指し、自分自身を鍛錬して参りたいと思っています」と熱い抱負を語った。

 賴重市長は「近年、平和維持はもちろん、自然災害における救助活動など、自衛隊が地域社会においても力を尽くされています。大変素晴らしい志をもって、大いにご活躍いただけると嬉しいです」と期待を込めた。

 同市からは村上さんのほか、自衛隊の中核として活躍する一般曹候補生9人、自衛官候補生7人、将来の陸上自衛官を育てる高等工科学校への入校者4人が、それぞれの夢へ向かって自衛官としての第一歩を踏み出す。

 静岡地本は、これからも入隊・入校予定者の成長を見守りつつ、サポートを実施していく。


お気軽にお問合せください

自衛官募集・採用試験等のご相談はこちらからどうぞ

防衛省・自衛隊 自衛隊静岡地方協力本部(ちほん)
〒420-0821 静岡市葵区柚木366
054-261-3151 | 054-261-3152
hq1-sizuoka@pco.mod.go.jp