三島募集案内所

三島募集案内所

三島募集案内所から、毎年30名以上の学生達が陸・海・空自衛官として入隊しそれぞれの部隊で大活躍しています。事務所は、JR三島駅北口から徒歩で約1分、お気軽にお訪ね下さ~い!

お問い合わせ・アクセス

  • 〒411-0033 三島市文教町1-9-10 ミシマ北口ビル4階 4D
  • 電話:055-989-9111 FAX : 055-989-9111
  • 担当エリア : 裾野市、三島市、伊豆の国市、伊豆市、長泉町、函南町

アクセスマップ


  • 中島2等陸尉
    三島募集案内所所長
    中島2等陸尉
    「進撃の三島募集案内所」新所長の中島です。10月15日付で前所長より引継ぎ、所長を拝命しました。 以下を目標として、募集業務を推進します。「チームワーク」を大切に、所員一丸となって
    1「活気」溢れる募集案内所を目指します!
    2「地域密着」、「強靭」な募集活動を展開します!
    3「至誠天に通ず」誠心誠意、全力でサポートします!
    「志」ある若者、「三島募集案内所」に集合!!
  • 谷川1等陸曹
    広報員
    谷川1等陸曹
    裾野市・長泉町を担当している谷川です。入隊・イベントに関する事等お気軽にお問い合わせください。 明るく・笑顔で自衛官を志す皆様のサポートを致します。三島募集案内所でお待ちしています!!  
  • 望月2等海曹
    広報員
    望月2等海曹
    三島市(中郷西・三島南中学校地区)伊豆の国市及び伊豆市を担当します広報官の望月です。 全力で担当地区に密着して行きます!

三島募集案内所イベント情報


進撃の三島所写真館


三島募集案内所出来事 BLOG


2月の出来事

NEW長泉町と三島市の入隊・入校予定者激励会を支援

2020年2月27日


長泉町と三島市の入隊・入校予定者激励会を支援

 進撃の三島募集案内所(所長・中島充2等陸尉)は、2月25日(火)に長泉町、27日(木)に三島市で、それぞれの自治体が主催する「入隊・入校予定者激励会」を支援した。

 長泉町には、一般曹候生入隊予定者1人とその家族が、三島市には、空自再任用、一般曹候補生、自衛官候補生の入隊予定者と高等工科学校入校予定者の計4人が出席した。

 それぞれの激励会では、長泉町には池田修町長、三島市には豊岡武士市長をはじめ、来賓として静岡県防衛協会役員、県自衛隊家族会東部地区会長兼三島支部会長、両市町の自衛官募集相談員、自衛隊協力会長が参列し、自衛隊静岡地方協力本部から坂下仁志副本部長が参加した。

 激励会は、厳粛な雰囲気の中、三島所長が入隊予定者を紹介し、参列者から入隊及び入校予定者へ、熱い激励の言葉がかけられた。

 坂下副本部長は「飯を食え(健康管理)、つらい時こそ上を向け(メンタル管理)、周りの人と話をせよ(ストレス管理)」という、厳しい自衛隊生活を乗り切っていくための三つの要訣と、共に国防の任務を遂行していく仲間としての歓迎の言葉を送った。続いて、河野太郎防衛大臣のDVD激励メッセージが披露されると、入隊入校予定者の表情がその責任感から、より一層引き締まった。

 最後に入隊入校予定者一人ひとりが、家族や周りの人々に対する今までの感謝と、国防の重責に対する力強い決意の言葉を述べ、激励会を締めくくった。

 今後、進撃の三島所は、高い志を持った入隊・入校予定者が安心して夢へ進めるよう、至誠を持って懇切丁寧且つ全力でフォローするべく、更なる進撃を続ける。

長泉町と三島市の入隊・入校予定者激励会を支援

NEW中・高校生に対して自衛隊の魅力をPR

2020年2月21日


中・高校生に対して自衛隊の魅力をPR

 進撃の三島募集案内所(所長・中島充2等陸尉)は、2月6日(木)に県立田方農業高等学校(田方郡函南町)の2学年部就職ガイダンス、同21日(金)に三島市立錦田中学校の職業講話で、それぞれ自衛隊の魅力を最大限PRした。

 田方農業高校のガイダンスには、自衛隊など9つの企業・団体が参加。自衛隊のガイダンスには、空自初の女性戦闘機パイロットの誕生や潜水艦の配置制限解除など、自衛隊における女性の活躍を反映してか、女子生徒の割合が圧倒的に多く、男子生徒2人と女子生徒12人が集まった。

 一方、錦田中学校の職業講話には、バレーボールVリーグの選手や地元コミュニティFMのアナウンサーなど多彩な講師陣が集まり、自衛隊の講話には、男子生徒14人、女子生徒2人が参加。

 三島所はそれぞれにおいて、「自衛隊を正しく理解してもらうとともに、その魅力を楽しく最大限PRする」をコンセプトとし、「我が国の平和と独立を守る」自衛隊の仕事をメインに、自衛官の魅力ややりがいについてユーモアを交えて伝えた。

 特に錦田中学校では、初めに質問コーナーを設けて広報官が全員の質問に答え、生徒達と親密なコミュニケーションを図ることができ、自衛隊の魅力を最大限PRすることに成功した。

 最後に、今後より良い人生を歩んでもらうために「ONE TEAM~仲間を大切に~」を、自衛官が自衛隊の使命を全うし、任務を完遂することにより国民の負託に応えるため、最も心掛けていることの一つとして伝え、講話を終了した。

 後日届けられた生徒達からのお礼の手紙には「自衛隊の仕事の内容がよく理解できた」「国を守る大切さや大変さがわかった」「自衛官は厳しい職業だと思っていたが、すごく笑顔やユーモアがあったので印象が大きく変わり、緊張がほぐれた」といった感想が多数寄せられた。

 進撃の三島所は、今後も積極的に就職ガイダンスや職業講話に協力し、未来の日本の至宝達に自衛隊を正しく理解してもらうともに、その魅力を知ってもらうことで「平和を守る」崇高な仕事の仲間となってもらえるよう、更なる進撃を続ける。

中・高校生に対して自衛隊の魅力をPR
1月の出来事

雪遊び中の子供たちにじゃんけん大会で自衛隊をPR

2020年1月26日


雪遊び中の子供たちにじゃんけん大会で自衛隊をPR

 三島募集案内所(所長・中島充2等陸尉)は、1月26日(日)、三島駅近郊の楽寿園(三島市)で開催された「楽寿園で雪あそび」会場で、未来の原石達に対して将来作戦を狙いとした自衛隊の広報活動を展開した。

 今回が11回目となる、ふじのくに三島かがやきネット主催によるこのイベントは、富士山のふもとにある人工スキー場から60トンの雪を運び込み、雪あそび場を開設し、地元の親子に雪あそびなどで楽しい一日を過ごしてもらおうと企画されているもの。

 会場では、ラグビーワールドカップの盛り上がりを繋げようと県ラグビー協会によるラグビー体験イベント、2020東京オリンピック自転車競技の県内開催のPR、地元の飲食や雑貨の販売をする「マルシェ」なども実施され、親子連れを中心に賑わいを見せた。

 当日は冬の厳しい寒さに加え、この季節には珍しく雨も降りしきるあいにくの天候ではあったが、陸上自衛隊の小型トラック展示、子供用迷彩服試着コーナーのほか、自衛官とのジャンケン大会を開催し、参加してくれた子供たちに自衛隊グッズをプレゼントするなどして、未来の自衛官の原石達に自衛隊を強力にアピールした。

雪遊び中の子供たちにじゃんけん大会で自衛隊をPR

伊豆地区自衛隊家族会が静浜基地で隊員を激励

2020年1月17日


伊豆地区自衛隊家族会が静浜基地で隊員を激励

 進撃の三島募集案内所(所長・中島充2等陸尉)は、1月17日(金)、伊豆地区自衛隊家族会の航空自衛隊静浜基地(焼津市)見学を支援した。

 当日は会長以下14人の会員が参加し、冬の寒さがやや厳しかったものの、天候には恵まれ、絶好の見学日和となった。

 会員らは基地史料館で航空自衛隊及び静浜基地の概要を聞いた後、館内を見学した。その後、格納庫へ移動し、整備を担当する隊員がT‐7初等練習機の性能等を説明。ユーモアあふれる整備空曹の言葉に、参加者たちは大いに盛り上がっていた。また、実際にT‐7初等練習機の迫力ある飛行の様子を見た参加者たちからは感嘆の声が上がった。

 会員らは、隊員食堂に移動して自衛官の昼食を体験喫食した後、家族会長が同基地で勤務している我が子と久々の面会。日頃の勤務の労いと激励をし、基地見学を終了した。

 進撃の三島所は、今後も家族会との連携をより深化させ、募集広報活動を拡充することにより人的防衛基盤の強化に寄与できるよう更なる進撃を続ける。


月別

お気軽にお問合せください

自衛官募集・採用試験等のご相談はこちらからどうぞ

防衛省・自衛隊 自衛隊静岡地方協力本部(ちほん)
〒420-0821 静岡市葵区柚木366
054-261-3151 | 054-261-3152
hq1-sizuoka@pco.mod.go.jp