浜北募集案内所

浜北募集案内所

浜北募集案内所は、静岡県北西部のエリアで自衛官の募集を主に制度説明、各イベント等を紹介する業務をしています。所長以下4名で親切、丁寧、誠意をもって自衛隊のことをお教えいたします。

お問い合わせ・アクセス

  • 〒434-0003 浜松市浜北区新原3908
  • 電話:053-585-1719 FAX : 053-585-1719
  • 担当エリア : 浜松市(浜北区、北区、東区、天竜区)

アクセスマップ


  • 星3陸尉
    浜北募集案内所所長
    星3等陸尉
    浜北募集案内所長の星3尉です。 私は、空が好きです!うつ向いていては空は見えません。前を、上を向いて一歩ずつ歩んできました。この職務で皆さんと知り合える機会を得たことは財産です! 自衛隊は、人を育てるところだと思っています。人との繋がり、人の「和」「輪」を一緒に広げていきましょう。
  • 山田1等陸曹
    副所長兼広報員
    山田1等陸曹NEW
    浜北区・天竜区を担当しています。広報官という任務は初めてですが、自衛隊の広報及び募集に誠心誠意取り組んでいく所存です。挨拶は堅苦しいですが、自衛隊という仕事に少しでも興味のある方は、気軽にご連絡ください。待っています。
  • 有田2等空曹
    広報員
    有田2等空曹
    浜松市北区を担当しています航空自衛官の有田です。 広報員の前の職種は、浜松基地で航空機の整備をしていました。 なんでも聞いて下さい! 一緒に平和を仕事にしましょう!! 連絡、待ってます。
  • 鈴木2等陸曹
    広報員
    鈴木2等陸曹
    東区を担当します。少しでも自衛隊に興味がある人、集まれ!お気軽にご連絡してください。お待ちしています。

はぼあちゃん

はぼあちゃん

静岡のみかんとうなぎのしっぽをもつ妖精

出身:浜松市

誕生日:7月1日

性別:女の子

年齢:ヒミツ

性格:好奇心旺盛

趣味:楽器演奏・いま練習している曲(星に願いを)

いまハマっている食べ物:朝摘みみかん

一言:初めまして!しずぽんの従妹です。平和とみかんとうなぎと自衛隊が大好きです♪今日のコーディネートのお気に入りは、緑のリボン。 これから、たくさんお友達を増やしたいです。よろしくね。


はぼあ新聞


浜北募集案内所出来事 BLOG

6月の出来事

浜松工業高校で進路ガイダンス

2021年6月18日

浜松工業高校で進路ガイダンス

 浜北募集案内所(所長・星香織3等陸尉)は6月18日(金)、静岡県立浜松工業高等学校(浜松市)において、陸・海・空自衛隊の職業について進路ガイダンスを実施した。

 同校定時制課程の生徒を対象に、前半は1、3、4年生の45人、後半は2年生4人に実施した。

 自衛隊の任務や自衛官の一日、また、工業高校で学んでいる技術が生かせる職種があることやその魅力を紹介した。

 全体説明が終わると生徒たちが個別に集まり、「英語を生かす仕事に就きたいです」「こんなに職種があることに驚きました」「よくわかりました。楽しかったです」といった感想が聞かれた。

 後半は少人数のため質疑応答形式で進め、生徒から「入隊したきっかけは何ですか」「射撃の衝撃ってどんな感じですか」など、普段目にすることの少ない自衛隊へさまざまな質問が寄せられた。広報官が自らの経験談を交えながら一つひとつの質問に丁寧に答えるとともに、最後に生徒と一緒に仕事の楽しさややりがいについて考えた。

 浜北所は、今後もこのような機会を通じて自衛隊の仕事や任務、職種について説明を行い、将来の進路選択の際にやりがいを感じる仕事の一つとして自衛官を考えてもらえるよう、募集業務に創意工夫を重ね、萬進していく。

浜松工業高校で進路ガイダンス

NEW未来の大人たちへ 丸塚中学校で未来授業

2021年6月16日

未来の大人たちへ 丸塚中学校で未来授業

 浜北募集案内所(所長・星香織3等陸尉)は6月16日(水)、浜松市立丸塚中学校において2年生15人に「未来授業」を行った。

 未来授業は、地域の大人を講師として学校に招き、子供たちとふれあうことで、学校と地域が協力して未来の大人を育てていく環境を作るというもの。

 当日は広報官の鈴木直玄2等陸曹が、陸・海・空自衛隊の任務をはじめ、普段の広報官の仕事やその面白さなどを、実体験を交えながら伝えた。

 緊張した硬い表情の子供たちも、時間が経つにつれ笑顔がこぼれるようになり、「どうして自衛官になったんですか」「やりがいを感じるのはどんな時ですか」「つらかったことはありますか」など多くの質問が寄せられ、自衛隊に対する関心の高さが伺えた。

 最後に、この学校に入学していなかったら出会えなかった同級生の存在、そして、国の防衛、災害派遣などで1億2千万以上の日本人と関わる自衛隊という組織について考えてもらい、家族、友達、出会ったことのない多くの人のために役に立つ仕事、それが自衛隊であることを強調し、締めくくった。

 浜北所は、引き続きこのような機会を通じて地域の学校との連携強化を図るとともに、進路の一つとして「自衛官」という選択があるということを伝えていく。

未来の大人たちへ 丸塚中学校で未来授業

新隊員「お久しぶりです!」と元気な姿

2021年6月15日

新隊員「お久しぶりです!」と元気な姿

 浜北募集案内所(所長・星香織3等陸尉)に、今春、陸上自衛隊へ入隊した新隊員たちが帰省に併せて訪れた。

 元気よく「お久しぶりです!」と、入隊前とは比較できないほど大きな声と節度ある態度で事務所を訪れた新隊員たちは、目を輝かせながら広報官に近況を報告してくれた。

 わずか3カ月ではあるが、入隊式、基本教練、射撃や行進訓練、営内生活など、入隊してからの楽しかったことや大変だったことを懐かしく思い出しながら語っていた。

 5月中旬頃、コロナ禍で外出制限もかかっているであろう新隊員を思い、浜北所員が送った激励の手紙も、「読んで元気をもらいました」と喜んでいた。

 前期教育期間での検定・試験は全て終わっており、休暇後には職種が決まる。新隊員の多くが災害派遣等で活動する自衛官の姿を見て入隊を決意しており、広報官は「自衛隊は24万人の組織。一人ひとりの小さな仕事が大きな結果に繋がる。陸上、海上、航空自衛隊が連携して日本を守っていることを忘れないように」と激励した。

 浜北所は、今後も入隊者との繋がりを大切にし、募集業務に邁進していく。

新隊員「お久しぶりです!」と元気な姿 新隊員「お久しぶりです!」と元気な姿

北浜北小学校6年生への未来授業

2021年6月14日

北浜北小学校6年生への未来授業

 浜北募集案内所(所長・星香織3等陸尉)は、6月14日(月)に浜松市立北浜北小学校で開催された未来授業に参加した。

 これは一般社団法人未来学校が主催し、静岡県西部地区の小・中学校等においてキャリア教育の一環として行われているもので、社会人が仕事のやりがい、楽しさや面白さを伝え、児童の働くことへの関心を高めることを目的としている。当日は、自衛官や医師、理容師、産業カウンセラー等8人の講師が集まった。

 自衛隊の教室には5時限目10人、6時限目11人、7時限目10人の児童が参加した。

 授業では、まず児童たちと名刺交換を行った。この名刺は手作りで、裏にはそれぞれの好きなことや将来の夢がカラフルに書かれている。中には、将来の夢に「自衛官」と書いている児童もいた。

 児童たちの緊張をほぐすため、広報官が「陸・海・空自衛隊のどれが一番好きですか」「自衛隊の装備品で好きなものは何ですか」と質問をすると、全員が手を挙げて元気よく答えてくれた。

 その後、資料を基に自衛隊の任務や職種について説明すると、児童は真剣な表情で聞き入っていた。

 授業後半では、砕氷艦「しらせ」が南極から持ち帰った氷に実際に触れてもらい、南極観測における海上自衛隊の役割について説明した。「生まれて初めて南極の氷に触った」「ペンギンが歩いた氷!」など、南極という未知の世界に児童たちは興味津々な様子だった。

 浜北所は、今後もあらゆる機会を活用して自衛隊の魅力の普及に努め、地域の子供たちの目線に立ち、将来の進路選択の参考となれるよう努力していく。



4月の出来事

第7特科連隊の入隊者を激励

2021年4月10日

第7特科連隊の入隊者を激励

 浜北募集案内所(所長・星香織3等陸尉)は4月10日(土)、陸上自衛隊東千歳駐屯地(北海道千歳市)第7特科連隊教育隊の入隊式に参列した。静岡県からは10人の新隊員が入隊し、この教育隊で3カ月間、自衛官としての基礎を学ぶ。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため家族の参加は見送られ、入隊者と自衛隊関係者のみの参列となった。

 第7音楽隊の気持ちがこもった演奏で入隊式が始まり、続いて一人ひとりの名前が読み上げられると、会場に各人の「はい!」という、力強い返事が響き渡った。

 祝電として、千歳市長や北部方面総監からの激励メッセージが紹介され、写真撮影、区隊旗授与式と進んだ。

 その後、会場を体育館から教育隊の隊舎に移し、武器授与式が行われた。教育隊長が「銃(命)の重みを、心に刻みつけなさい」と訓示し、区隊長から、それぞれに89式小銃が手渡された。入隊式での宣誓、そして区隊旗授与、武器授与式を経験していく中で、入隊者の顔つきは、少しずつ精悍さを感じられるように変わっていった。

 静岡県出身の入隊者たちは「激励、ありがとうございました」「担当広報官の方にも元気でやっていますと伝えてください」と元気よく挨拶し、笑顔を見せていた。

 浜北所は、自衛官としての一歩を踏み出した入隊者を陰ながら応援し、国を守ることを職業として選んだ仲間として「絆」をこれからも大切にしていく。

第7特科連隊の入隊者を激励

第120教育大隊の入隊者を激励

2021年4月9日

第120教育大隊の入隊者を激励

 浜北募集案内所(所長・星香織3等陸尉)は4月9日(金)、静岡地方協力本部の代表として、今春、陸上自衛隊真駒内駐屯地(北海道札幌市)に入隊した新隊員の激励、取材を実施した。

 3月末に静岡空港から出発し、同駐屯地で自衛官として初めの一歩を踏み出した5人の入隊者たち。たった1週間しか経っていないものの、出発当時とはすっかり変わり、活力に溢れた表情となっていた。

 同駐屯地には、男性、女性それぞれの教育隊があり、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた取り組みとして、マスクの着用や手指の消毒、教場内の換気等念入りに行いながら、教育を進めていた。

 この日、男性隊員は午後から体力検定を行っていた。自衛官は、陸海空ともに年に一度、体力検定を行う。腕立て伏せ、腹筋など種目ごとに年齢別の基準が定められており、その基準を上回ることを目標としている。入隊当初は体力がなくても、日々の教育訓練で、ランニングや筋力トレーニングを続け、基礎体力を高めていく。

 「今日は週末!明日は休日!全力で、自分の今の実力を出すように」と教官たちに励まされながら、それぞれが今の自分の体力の限界に挑んでいた。

 浜北所は、今後も入隊者、またその家族に対して情報交換などを積極的に行い、幅広い年代との「絆」を大切にして、自衛隊に対する理解と信頼を深めていく。

第120教育大隊の入隊者を激励

海上自衛隊一般曹候補生課程入隊式に参列

2021年4月8日

海上自衛隊一般曹候補生課程入隊式に参列

 浜北募集案内所(所長・星香織3等陸尉)は4月8日(木)、海上自衛隊武山基地(神奈川県横須賀市)横須賀教育隊の一般曹候補生課程の入隊式に参列し、静岡県出身隊員を激励した。

 今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮して参加人数を制限し、午前と午後に分かれての開催となった。

 入隊して約2週間経った新隊員は、真新しい制服を自衛官らしく端正に着こなし、隊員の基本となる教練も節度ある動作で行っており、3月末の着隊見送りの頃とは見違えるほど成長していた。

 式は家族が見守る中、厳粛に行われ、服務の宣誓では宣誓文を唱和し、自衛官として勤務する決意を新たにしていた。

 式終了後には家族との懇談の場が設けられ、新隊員は限られた時間を思い思い過ごしていた。

 参列した広報官が新隊員に激励の声をかけると、「これから厳しい訓練もあると思いますが、同期と協力して頑張っていきます」と迷いなく元気に答えてくれた。

 浜北所は、自衛官としての一歩を踏み出した入隊者の更なる成長を応援し、家族のフォロー、今春の入隊者に続く人材を獲得していく。

海上自衛隊一般曹候補生課程入隊式に参列
2月の出来事

浜北北部中学校1年生への未来授業に参加

2021年2月2日

浜北北部中学校1年生への未来授業に参加

 浜北募集案内所(所長・星香織3等陸尉)は、2月2日(火)に浜松市立浜北北部中学校で開催された未来授業に参加した。

 この授業は、一般社団法人未来学校の主催によるもので、さまざまな分野で活躍する地域の大人が講師として招かれ、職業観や仕事内容を紹介し、生徒たちに働くことの楽しさややりがいを伝えることを目的としている。当日は、浜北所を含め飲食業、金融業など20人の講師が参加した。

 浜北所は、5時限目に12人、6時限目に11人の生徒を担当した。まず生徒一人ひとりと名刺交換を行い、自己紹介。緊張気味だった生徒たちも、「自衛隊関連のバラエティー番組を見たことはありますか」といった質問をすると、一気に和やかな雰囲気となった。

 その後、自衛隊の組織や仕事の内容、部隊での生活等についてわかりやすく説明すると、熱心に聞き入り、重要な箇所はメモを取っていた。

 授業後半では、生徒が「自衛隊のやりがいについて」「今まで一番嬉しかった・楽しかったことは何ですか」など、疑問に思ったことを質問し、一つ一つに広報官の山田明1等陸曹が丁寧に回答した。

 最後に、「勉強・運動に一生懸命取り組むことが、将来のなりたい仕事につながります。悔いのない学校生活を送ってください」と締めくくると「夢や希望を叶えられるように勉強や運動をがんばりたい」といった声があがった。

 浜北所は、今後もあらゆる機会を活用して、広報官一人一人の個性を活かした広報力をもとに自衛隊の魅力の普及に努め、地域の子供たちの目線に立ち、一大人として、一職業人として目標となれるよう努力していく。

浜北北部中学校1年生への未来授業に参加
1月の出来事

与進中学校2年生の未来授業に参加

2021年1月29日

与進中学校2年生の未来授業に参加

 浜北募集案内所(所長・星香織3等陸尉)は1月29日(金)、浜松市立与進中学校で開催された未来授業に参加した。

 この授業は、一般社団法人未来学校が主催したもので、生徒に仕事のやりがいや楽しさ、面白さを伝え、働くことへの関心を高めることを目的としている。当日は自衛隊のほか、歯科医師、営業職、塾講師、司会業等23人の講師が参加した。

 浜北所は広報官の山田明1等陸曹が、5時限目に9人、6時限目に8人の生徒に授業を行った。最初に生徒一人ひとりに対し名刺交換と自己紹介を実施。緊張気味の生徒たちも、山田1曹が同じ浜松市出身であることを伝えると、親近感を感じたのか和やかな雰囲気となった。

 次に、資料を基に自衛隊の役割や自衛官の日常生活などについて説明。「自衛隊に対するイメージはどうですか」「陸・海・空自衛官は全部で何人いると思いますか」などの質問を投げかけると、生徒たちも積極的に答え、非常に活気ある授業となった。

 授業後半では、生徒が事前に考えてきた質問や疑問に回答する時間を設け、一つひとつの質問に丁寧に答えた。

 浜北所は、今後もあらゆる機会を活用して、自衛隊の魅力の普及に努め、地域の子供たちの目線に立ち、将来の進路選択の目標となれるよう努力していく。

与進中学校2年生の未来授業に参加

丸塚中学校での未来授業―守るについて

2021年1月20日

丸塚中学校での未来授業―守るについて

 浜北募集案内所(所長・星香織3等陸尉)は1月20日(水)、浜松市立丸塚中学校において、2年生を対象に行われた「未来授業」に広報官の鈴木直玄2等陸曹を派遣した。

 未来授業は、地域の大人(社会人)を講師として学校に招き、生徒たちが仕事に対する考え方や将来の生き方を考え、学校と地域が協力して未来の大人を育てていくことを目的として開催されている。

 当日は23人の生徒に対し、自衛隊ならではの「守ること」をテーマにした授業を行い、仕事内容や面白さややりがい、福利厚生にいたるまで幅広く紹介した。

 未来授業は後日、生徒から感想が届くため、講師が伝えたかったことがどのくらい生徒たちに届いたか、どんな内容に関心を持ったのか等を知ることができる。今回は「男女関係なく、幅広く活躍できる仕事だということがわかった」「怖い職場なのかと思っていたが、想像と全く違うことを知ることができた」といった感想があったほか、自衛隊のロゴマークに込められた、強さと優しさ、そして日本を守るという意味に深い感銘を受けたようであった。

 浜北所は、今後も一人でも多くの若者に「守る自衛官」への道が選択肢の一つとなれるように、自衛隊や自衛官の魅力を伝えていく。

丸塚中学校での未来授業―守るについて

高校1年生に職業講話

2021年1月20日

高校1年生に職業講話

 浜北募集案内所(所長・星香織3等陸尉)は1月20日(水)、県立天竜高等学校春野校舎(浜松市)において、1年生17人に職業講話を行った。

 昨年度は新型コロナウイルスの影響で中止となったが、同校では毎年さまざまな職業人を招き、仕事内容や体験談を聞くことで生徒が自らの生き方や勤労観、職業観を身につけることを狙いとして行われている。

 今回は広報官の山田明1等陸曹が、自衛官は特別職国家公務員であり、多様な職種・職域があること、高校生のなりたい職業ランキングで公務員が人気であることなどを紹介し、公務員制度の概要や自衛隊の任務、魅力、福利厚生にいたるまで分かりやすく説明した。

 また、自衛官の1日について、らっぱで起きてらっぱで就寝すると話すと、教室内にクスクスと笑い声が聞こえた。

 山田1曹は生徒たちの顔を一人一人見て「訓練・災害派遣等で、組織として活動する上で団体生活・団体行動ができるように日頃から身に付けておくことが重要です」と説明した。

 最後に星所長が、自分の進路選択時のことを話し、「情報が溢れている今、選択することが昔に比べて難しいかもしれません。でも、私が自分の夢を自衛隊で叶えたいと今でも努力しているように、皆さんにも叶えたい夢を見つけてほしいと思います」と締めくくった。

 浜北所は、引き続き学校での講話に積極的に参加し、生徒のみならず教職員の方にも自衛隊に対する理解と認識を深めてもらうとともに、進路選択の一つとして周知されるよう努めていく。

高校1年生に職業講話

お気軽にお問合せください

自衛官募集・採用試験等のご相談はこちらからどうぞ

防衛省・自衛隊 自衛隊静岡地方協力本部(ちほん)
〒420-0821 静岡市葵区柚木366
054-261-3151 | 054-261-3152
hq1-sizuoka@pco.mod.go.jp