袋井地域事務所

袋井地域事務所

私達袋井地域事務所は磐田市から御前崎市までの5市1町を担当エリアとして、各種イベント等の機会を活用して自衛隊の活動を皆様に知って頂くための広報活動、自衛官の募集・採用業務を行っております。皆様からのお問合せをお待ちしております!

お問い合わせ・アクセス

  • 〒437-0014 袋井市永楽町143 朝日生命ビル3F
  • 電話:0538-43-3717 FAX : 0538-43-3717
  • 担当エリア : 袋井市、磐田市、掛川市、菊川市、御前崎市、森町

アクセスマップ


  • 野口1等空尉
    袋井地域事務所所長
    野口1等空尉
    はじめまして。航空自衛隊岐阜気象隊から参りました野口です。 よろしくお願いします。 私も自衛隊のことはよく分からないまま入隊しました。 多くの仲間に囲まれ仕事をしているうちに、 もっと沢山の人々に、自衛隊のことを知ってほしい と感じてきました。 お気軽にご連絡を、また、事務所へお立ち寄りください。 詳しく説明させていただきます。 お待ちしております。
  • 菅原陸曹長
    NEW副所長兼広報員
    菅原陸曹長
    菊川市・御前崎市の担当になりました菅原です。将来、なりたい自分になる為のサポートをいたします。自衛隊についての疑問や質問があれば、いつでもお答えしますのでお気軽にお声掛けください。
  • 箕輪2空曹
    広報員
    箕輪2空曹
    「自衛隊ってどんなところだろう」「自衛官は普段何をしているのだろう」 皆さんの自衛隊に対するイメージは、きっとこんな感じではないでしょうか。 私に何でもお聞きください。そして、自衛隊を知ってください。きっと、自衛隊を身近に感じられるはずです。 もし話を聞いて興味を抱けば、職業として自衛官を選択肢の一つに加えてみてください。規律、自立、社会的身分、そして何より見聞が広がります。 気軽に事務所に、お越しください。 連絡お待ちしています。
  • 菊池2陸曹
    NEW広報員
    菊池2陸曹
    はじめまして!令和3年3月に34連隊から袋井所へ着任しました菊地です。 自衛隊って普段は何をしているの? なんでも聞いてください!どんな些細な事でも気軽に聞いてください。 自分には無理だと思っている方、そんなことはありません。! まずは連絡を!お待ちしております。
  • 山下3等海曹
    広報員
    山下3等海曹
    こんにちは。海上自衛官の山下です。 自衛隊員は確かに体力が求められます。では体力が無いと 入隊できないかと言うとそんな訳でもありません。 入隊してから同期と段階的に鍛えて徐々に体力をつけていくのです。 そして、自衛隊は大きな組織です。多くの職種、多くの勤務地、 多くの仲間、その中で自分に合った居場所がきっと見つかるはずです。 入隊してみると案外楽しい自衛隊。先ずは最寄りのイベントに参加して 自衛隊を感じてみて下さい。お待ちしております。
  • 田代1等陸曹
    静岡地本付
    田代1等陸曹
    4年のブランクを乗り越えて袋井地域事務所へ戻ってきました。まだまだ若い広報官には負けません。 オールドルーキーですが、1人でも多くの方に自衛隊に入隊していただけるよう、誠心誠意心に響く 説明をさせていただきます。ご連絡お待ちしております。

袋井所出来事 BLOG

5月の出来事

NEW御前崎中学校で職業講話

2020年5月12日


御前崎中学校で職業講話

 袋井地域事務所(所長・野口貴志1等空尉)は5月12日(水)、御前崎中学校(御前崎市)で行われた職業講話に参加した。

 これは御前崎市教育委員会が主催し、「地域で働くさまざまな職業の大人から直接話を聞くことで、自分の将来の職業に関する関心を高め、進路選択の一助とする」ことをねらいに行っているもの。

 当日は、16の職業の講師が参加。自衛隊は、航空自衛隊御前崎分屯基地の隊員と、袋井所の菅原浩晃陸曹長及び山下亮3等海曹の3人が参加した。

 講話では、まず袋井所の所員が陸・海・空自衛隊の任務や職種、装備品や災害派遣における活動、女性自衛官が活躍する姿などを紹介した。その後、御前崎分屯基地の隊員が同基地・部隊での勤務状況を紹介し、最後に生徒からの質問を受け付けた。

 講話には1回目14人、2回目17人の生徒が参加し、「やりがいを感じた仕事はなんですか」「大変だった仕事はありますか」など活発な質問があり、隊員の回答をメモするなど関心の高さが確認できた。

 袋井所は、今後も担当する学校等との連携の強化を図り、若者たちの自衛隊に対する認識と理解の向上に努めていく。

御前崎中学校で職業講話
2月の出来事

「遠江総合高校マッチングフェスタ」で自衛隊の魅力を紹介

2020年2月3日


「遠江総合高校マッチングフェスタ」で自衛隊の魅力を紹介

 袋井地域事務所(所長・野口貴志1等空尉)は2月3日(水)、森町総合体育館森アリーナ(周智郡森町)で行われた「遠江総合高校マッチングフェスタ」に参加した。

 これは、静岡県立遠江総合高等学校(同町)が主催したもので、生徒に地元企業や上級学校の魅力などを直接紹介し、職業や進学に対する意識を高め、今後の進路選択に指針を示すため行われた。県内から学校・企業合わせて81組が集まり、袋井所からは広報官の山下亮3等海曹が参加した。

 参加者は全員マスクと手袋を着用し、各ブースは透明なビニールシートで仕切りを作り、会場内は換気を行うなど、新型コロナウイルス感染症対策がなされた。

 当日は、200人を超える2年生がそれぞれ興味のあるブースを訪問。自衛隊ブースに訪れた生徒に自衛隊に対するイメージを聞いたところ、「体力があり、しっかりしている」「訓練が厳しい。ほふく前進や戦闘訓練以外にどういったことをしているのか知りたい」といった声があり、山下3曹が「厳しいこともあるが、それは任務を完遂するために必要なこと。困難は仲間とともに乗り越えてきた」と自らの経験を話し、また、資料を使い、自衛隊には多様な職種が存在し、多くの人に適する仕事があることなどを説明した。

 説明を聞いた生徒は「警察官を目指していますが、説明を聞いて自衛隊の中にも警察に似た仕事があることを知り、興味が湧きました」と話していた。

 袋井所は、今後も企業説明会等に積極的に参加し、自衛隊に対する認識と理解の向上に努めていく。

「遠江総合高校マッチングフェスタ」で自衛隊の魅力を紹介

お気軽にお問合せください

自衛官募集・採用試験等のご相談はこちらからどうぞ

防衛省・自衛隊 自衛隊静岡地方協力本部(ちほん)
〒420-0821 静岡市葵区柚木366
054-261-3151 | 054-261-3152
hq1-sizuoka@pco.mod.go.jp