藤枝地域事務所

藤枝地域事務所

藤枝地域事務所

藤枝地域事務所は「藤の花」で有名な藤枝市に事務所を構え、志太・榛原地区4市2町(藤枝市・焼津市・島田市・牧之原市・吉田町・川根本町)を担当エリアとし自衛官募集業務、広報活動、自衛隊のイベント紹介など様々な業務を行っております。藤枝地域事務所は住民の皆様と自衛隊の「架け橋」となる活動を行っております。自衛隊に興味がある方、ちょっと話が聞きたいなどございましたらお気軽にお越しください。所員一同こころよくお待ちしております。今後とも、藤枝地域事務所をどうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ・アクセス

  • 〒426-0034 藤枝市駅前3-11-21
  • 電話:054-643-6391 FAX : 054-643-6391
  • 担当エリア : 藤枝市、焼津市、島田市、牧之原市、川根本町、吉田町

アクセスマップ


  • 藤枝地域事務所・黒岩1陸尉
    藤枝地域事務所所長
    黒岩1陸尉
    藤枝地域事務所長の黒岩1尉です。群馬県出身で静岡県での勤務は初めてです。静岡県の良いところをたくさん見て聞いて体験したいと思います。自衛隊は「何をしているのだろう」「どんなことをするのだろう」など少しでも興味がある方、国際貢献・災害派遣など自衛官として国(国民)のために働きたいと考えている方、事務所でお待ちしています。お気軽にお越しください。
  • 藤枝地域事務所・伊藤空曹長
    副所長兼広報員
    伊藤空曹長
    藤枝地域事務所 副所長兼広報員の伊藤です。藤枝市、藤枝市民の皆様からのご支援ご協力を頂きながら募集広報業務を務めております。多くの方々に自衛隊の任務や制度を知ってもらえるよう今後も邁進していきます。自衛隊に関するご質問などございましたらお気軽に藤枝地域事務所までお越しください。お待ちしております。
  • 藤枝地域事務所・新井1等陸曹
    広報員
    新井1等陸曹
    こんにちは、焼津市を担当している新井と申します。自衛隊ではいろいろな経験ができ、魅力ある組織で人を育てる所です。是非、自衛隊(陸上、海上、航空)に少しでも興味のある方・入隊に関する事・イベント案内等お気軽にお問合せ下さい。お待ちしています。
  • 藤枝地域事務所・森谷2等空曹
    広報員
    森谷2等空曹
    島田市、川根本町を担当している森谷です。自衛隊をより身近に感じてもらえるように尽力いたします。自衛官になりたい方、少しでも興味がある方、イベントの情報を教えて欲しいなどお気軽に藤枝地域事務所までお問い合わせください。
  • 藤枝地域事務所・加藤2等海曹
    広報員
    加藤2等海曹
    牧之原市、吉田町、旧大井川町を担当している加藤です。 明るく、元気よく、笑顔で自衛官を目指す皆様の力になれるよう尽力してまいります。 自衛官を目指したい方、少しでも自衛隊に興味がある方、お気軽に藤枝地域事務所まで足をお運びください。


ハローワーク説明会

焼津市と島田市のハローワークで自衛隊の制度について広報官が詳しくご説明します。ぜひご来場ください。

ハローワーク焼津
焼津市

静岡県焼津市駅北1丁目6-22

  • 令和2年8月12日(水)9:00 - 12:00NEW

藤枝市のハローワーク
藤枝市

藤枝市前島1丁目7-10 (BiVi藤枝2階)

    藤枝市のハローワークを紹介します。制度説明会は焼津市と島田市のみですが自衛隊の資料や試験案内を置いてありますので、是非ご活用ください。

  • 利用時間10:00 - 18:00
  • 休日: 日曜日・祝日


チャレンジコーナー

昨年度イベントで塗り絵コーナーを開催しました。そこでたくさんのお友達に絵を塗ってもらいたくさんの作品が出来上がりました。一部は藤枝地域事務所のHPに掲載させていただきました。その塗り絵の一部をダウンロードして家でも塗り絵ができるようにしました。出来上がった作品を事務所に届けてもらえば素敵なプレゼントを準備しています。ぜひチャレンジしてみて下さい。

絵についてはお返しいたします。

陸上自衛隊 #02
陸上自衛隊 #02NEW

AH-64D

ダウンロード »
海上自衛隊 #02
海上自衛隊 #02NEW

哨戒機 SH-60K

ダウンロード »
航空自衛隊 #02
航空自衛隊 #02NEW

救難ヘリコプター UH-60J

ダウンロード »
Card image cap
陸上自衛隊 #01

10式戦車

ダウンロード »
Card image cap
海上自衛隊 #01

護衛艦いずも

ダウンロード »
Card image cap
航空自衛隊 #01

F15戦闘機

ダウンロード »

ポスターコーナー

「葦原おみず(PN)」が陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊それぞれの装備品を擬人化してポスターのように絵を描いてくれました。5.6.7月と連続で陸上・海上・航空とそれぞれ紹介します。楽しみにしていて下さい。

拡大は画像をクリック


Gallery 藤枝

このGallery藤枝で連載中の海上自衛艦を擬人化して絵を描いてくれている学生(PN:葦原おみず) がアマビエを描いてくれました。江戸時代の後期肥後の国(現:熊本県)に現れた妖怪で海中から役人に「私は海中に住むアマビエと申す者なり、当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くも疫病が流行する。私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ。」と予言したそうです。この絵をみんなで見てコロナウイルスに打ち勝ちましょう。

拡大は画像をクリック


「葦原おみず」による1月~5月にかけての海上自衛隊護衛艦擬人化シリーズは、いかがでしたでしょうか。5月までの予定でしたが、引き続き6月以降にも擬人化シリーズを掲載します。皆さんに楽しんでいただければと思います。

拡大は画像をクリック


静浜基地 空上げ

#03 静浜基地 空上げ PDF

静浜基地ホームペジはこちらから

GO
中学生の職場体験学習を行いました。

#04 中学生の職場体験学習を行いました。

「航空自衛隊 浜松広報館 エアーパーク」

GO
防衛大学校見学ツアーを行いました

#06「国の護り」像 ペンと兜を組合せ文武両道を表す

防衛大学校見学ツアーを行いました

GO
【静岡エコパスタジアム】

#07【静岡エコパスタジアム】

ラグビーは好きですか?

GO
豊川駐屯地を見学しました

#13 静浜基地の滑走路

静浜基地で「防衛講座」を行いました

GO
【藤枝市役所ステンドグラス】

#27【藤枝市役所ステンドグラス】

藤枝市で「防災講話」を行いました

GO
【ステンドグラス(防衛大学校「若人の城」)】

#29【ステンドグラス(防衛大学校「若人の城」)】

高校で防衛大学校教授による模擬授業が行われました

GO

藤枝所出来事 BLOG


7月の出来事

NEW海自広報官がTー7体験飛行で航空自衛隊を知る

2020年mm月dd日0702


海自広報官がTー7体験飛行で航空自衛隊を知る

 藤枝地域事務所(所長・黒岩要彦1等陸尉)は7月2日(木)、航空自衛隊静浜基地(焼津市)で行われた「Tー7体験飛行」に、同事務所広報官の加藤祐一2等海曹を参加させた。

 今回の体験飛行は、同基地協力のもと、広報官の航空自衛隊パイロットの見識を広げるため行われたものである。

 基地到着後、まずはパイロットスーツに着替え、飛行教育群司令に挨拶を行った。その後、搭乗機を操縦する教官パイロットの川崎礼輔3等空佐から、Tー7初等練習機の概要説明、飛行ルートの確認等ブリーフィングを受け、フライト準備を整えた。

 救命装具を装着した加藤2曹は少々緊張した面持ちではあったが、川崎3佐の軽快なトークのおかげで搭乗直前には緊張もほぐれた様子であった。

 梅雨時期ということもあり雨が心配されたが、梅雨の中休みと言わんばかりの快晴に恵まれ、青空へ向けテイクオフ。気流や風の影響で不規則に揺れる機体に身を任せ、駿河湾上空へ飛びたった。その後、静岡市内上空を飛行し大井川上空へ。そこでアクロバット飛行を体験した。

 約30分のフライトを終え静浜基地に帰投した加藤2曹は「とても良い経験をすることができました。航空自衛隊パイロットの技術力の高さと身体を鍛えなければいけない理由を知ることができました」と話した。

 藤枝所は、今回の経験を今後の広報活動に生かし、志願者の募集に努めていく。

海自広報官がTー7体験飛行で航空自衛隊を知る

藤枝所が初のラジオ出演

2020年7月2日


藤枝所が初のラジオ出演

 藤枝地域事務所(所長・黒岩要彦1等陸尉)は7月2日(木)、エフエムしみず(静岡市)で行われた「自衛TIMES★静岡」の収録に、所長の黒岩1尉と副所長の伊藤克哉空曹長が参加した。

 この日は新たに静岡地本長に就任した杉谷本部長の収録から始まり、黒岩所長、そして伊藤副所長の順に収録に臨んだ。少し緊張しながらもそれぞれ出身地や趣味、藤枝所などについて紹介し、パーソナリティ・三輪祐子さんとの軽快なトークで約10分間の収録を終えた。「楽しかったな~」と黒岩所長。伊藤副所長は「緊張しました!意外と収録は難しかったです」と話していた。

 今回収録した番組は、7月22日(水)に黒岩所長、7月29日(水)に伊藤副所長の回が放送される。興味がある方はぜひ聞いてもらいたい。

 藤枝所はあらゆる情報発信の機会を活用し、事務所のアピールを行い、今後の募集活動に繋げていく。

藤枝所が初のラジオ出演
6月の出来事

今春入隊者 恩師に近況報告

2020年6月23日


今春入隊者 恩師に近況報告

 藤枝地域事務所(所長・黒岩要彦1等陸尉)は6月23日(火)、今春、藤枝市から一般曹候補生海上要員として入隊した県立島田工業高等学校(島田市)出身の中野海翔2等海士の母校訪問を支援した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ゴールデンウイークの帰省を取り止め、入隊から約3か月後、久しぶりの帰省となった。真新しい海上自衛官の白い制服に身を包んだ中野2士は、母校を訪れ恩師に近況報告を行った。

 面会したのは、佐野進路指導主事と、在校時の担任である林教諭。「体が引き締まった感じがしますね。学生の時はおとなしい生徒だったので、心配していました」と林教諭が話すと、中野2士は「入隊当時はきつかったですが、今は同期と楽しく訓練を行っています」と笑顔で近況を語った。

 同校には今年度も海上自衛隊を希望する生徒がいるということで、夏休みに帰省できれば再度学校を訪れ、生徒との面談を行うことを約束した。

 藤枝所は入隊者のサポートをしっかり行いながら学校との関係を深め、受験希望者への対応を確実に実施していく。

今春入隊者 恩師に近況報告

今春入隊した一般曹候補生 母校へ

2020年6月19日


今春入隊した一般曹候補生 母校へ

 藤枝地域事務所(所長・黒岩要彦1等陸尉)は、6月19日(金)、今春、藤枝市から一般曹候補生として陸上自衛隊に入隊した、県立島田高等学校(島田市)の卒業生、鈴木翔大2等陸士の母校訪問を支援した。同高からは、今春、一般曹候補生陸上要員2人、同航空要員1人が入隊している。

 今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止策でゴールデンウイークに帰省ができなかったため、前期教育課程の卒業前に代休を取得し帰省した。

 真新しい制服に身を包み、母校である島田高校を訪問した鈴木2士は「やっと帰って来れました。学校懐かしいです」と一言。対応してくれた第3学年主任の伊藤教諭から「逞しくなっていますね」「これからどんな仕事をしていくのですか」と聞かれると、鈴木2士は「職種が空挺に決まりそうなので、頑張りたいと思っています」としっかりとした口調で報告を行った。伊藤教諭との面談は約30分。鈴木2士は「これからもっと鍛えて頑張って行きます」と今後の志を熱く語った。

 藤枝所は、入隊者のサポートを確実に行うとともに、学校との関係を大切にしながら今後の募集活動に邁進する。

今春入隊した一般曹候補生 母校へ

藤枝市の自衛官募集相談員に委嘱状を交付

2020年6月8日


藤枝市の自衛官募集相談員に委嘱状を交付

 藤枝地域事務所(所長・黒岩要彦1等陸尉)は6月1日(月)と8日(月)、藤枝市内で自衛官の募集に協力して頂いている自衛官募集相談員に委嘱状を交付した。

 同市募集相談員の方々は、静浜基地航空祭や募集解禁行事など各種イベントへの参加や、自衛隊に興味がある学生などを積極的に紹介して頂いている。本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、藤枝市長と静岡地方協力本部長との連名委嘱式を中止し、所長及び担当広報官が委嘱状を手渡した。

 各相談員の自宅や店舗を訪れ、所長が委嘱状を手渡すと、相談員からは「新型コロナで募集も更に大変だと思いますが、頑張ってください」「委嘱されて、もう2年経つんですね。自衛隊に興味がある子を探します」との声が聴かれた。

 藤枝所は、募集相談員の方々と連絡を密にし、志願者の情報を獲得すべく日々邁進する。

藤枝市の自衛官募集相談員に委嘱状を交付

自衛官募集相談員に委嘱状交付

2020年6月4日


自衛官募集相談員に委嘱状交付

 藤枝地域事務所(所長・黒岩要彦1等陸尉)は6月4日(木)、島田市及び川根本町の自衛官募集相談員に委嘱状を交付した。

 自衛官募集相談員とは、2年を1任期とし、地域における自衛隊と県民の架け橋として地方協力本部と連携し、ボランティアで自衛官募集のため活動するもの。島田市の継続5人と、川根本町の新規1人の委嘱を行った。

 本来であれば、島田市長、川根本町長及び静岡地方協力本部長の連名により、盛大に委嘱式が執り行われるところ、新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小し、島田市は藤枝地域事務所長、川根本町は同町役場総務課長の同席のもと委嘱が行われた。

 各市町相談員共に、地域住民とのつながりや信頼も厚く、国防や近年多発している大規模災害などに対応する、自衛官の重要性を深く認識していただいており、積極的に募集や広報活動に尽力されている。委嘱を受けた募集相談員からは「イベントなど、お手伝いできることがあれば積極的に協力していきたい」「私有地に自由にポスターなどを貼って、広報に活用してもらえれば」などの声が寄せられた。

 藤枝所は、若者に自衛官を職業選択肢の一つと認識してもらえるよう、募集相談員と連携を密にして自衛官という職業をアピールしていく。

自衛官募集相談員に委嘱状交付
4月の出来事

祝!自衛官候補生入隊式

2020年4月6日


祝!自衛官候補生入隊式

 藤枝地域事務所(所長・黒岩要彦1等陸尉)は4月6日(月)、陸上自衛隊板妻駐屯地(御殿場市)で行われた「自衛官候補生課程入隊式」に参加し、藤枝所が入隊を担当した7人を激励した。

 桜咲く春うららかな中、本来ならば家族を迎えて盛大かつ厳かに執り行われるところ、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、来賓や家族の参加を見送り、参列隊員全員がマスクを着用して距離を置くなど、これまでにない記憶に残る入隊式となった。

 代表の気合いの入った号令の下、新入隊員が一斉に統率のとれた動作と、曇りのない眼光を披露し、一週間前に着隊したとは思えない逞しさを見せた。

 第34普通科連隊長・深田満男1等陸佐は「これからつらい訓練もあると思うが、下積みの時代を乗り越え、自ら望める世界を進んでもらいたい。いつおとずれるかもしれないその時に備えるため、厳しい訓練に耐え、与えられた任務を全うし、国民の期待に応えること。常に全身全霊をもって、崇高な任務に向き合うように」と力強く要望し、訓示とした。

 式後、新入隊員からは「忙しい毎日ですが充実しています」「体力面が心配ですが、心強い同期がいるので一緒に切磋琢磨して頑張ります」と、それぞれ前向きな気持ちを心強く語っていた。

 藤枝所は引き続き新入隊員と綿密に連絡をとり、家族との架け橋となれるようサポートしていく。

祝!自衛官候補生入隊式
3月の出来事

宮川本部長が島田市で防災講話

2020年3月24日


宮川本部長が島田市で防災講話

 3月24日(火)、島田市役所で行われた「島田市防災マイスター育成講座」において静岡地本長・宮川知己1等空佐が特別講師として防災講話を実施した。

 島田市は、危機管理能力の育成、市民の安心安全、防災力の向上を目的として、同講座を平成27年度から開催している。

 同講座が終了となる最後の日、宮川本部長は参加者37人に対し、自衛隊の任務や活動、災害派遣活動について、自身の経験を踏まえて講話を行った。特に、航空自衛隊百里基地救難隊長として対応した、東日本大震災の救出活動や原発対処などの体験について話すと、皆一様に熱心に耳を傾けていた。

 最後に宮川本部長は、地方公共団体と自衛隊との連携は防災において極めて重要であり、連絡体制の充実、防災訓練への参加、防災担当部局との人的交流の重要性などを説明し、講話を終了した。

 藤枝所は、今後も各市町と連携を図り、国民の自衛隊に対する期待に応えていく。

宮川本部長が島田市で防災講話
2月の出来事

静岡産業大学合同企業ガイダンスで自衛隊をアピール

2020年2月12日


静岡産業大学合同企業ガイダンスで自衛隊をアピール

 藤枝地域事務所(所長・黒岩要彦1等陸尉)は2月12日(水)、ホテルセンチュリー静岡(静岡市)で行われた「静岡産業大学合同企業ガイダンス」に参加し、自衛隊の採用制度説明を行った。

 このガイダンスは、同大学藤枝キャンパス、磐田キャンパスの3年生を対象に行われ、多くの学生が訪れた。会場には90社の企業・団体などが集結。藤枝地域事務所と袋井地域事務所が合同で自衛隊ブースを出展した。

 また、同大学の卒業生で、現在は航空自衛隊習志野分屯基地第1高射隊(千葉県船橋市)で勤務する滝航太郎空士長が応援に駆け付け、30分間の説明を5回、学生との面談形式で行った。

 自衛隊のブースには男子学生6人と女子学生1人が訪れ、広報官との面談を行った。「自衛隊に入ろうと思っています」「選択肢のひとつとして考えています」「いろいろな企業の話を聞いていますが、自衛隊も意識しています」など、学生はさまざまな思いを話してくれた。

 また、「訓練はきついですか」「福利厚生が気になっています」「休みはありますか」などの質問があり、面談した広報官が丁寧に回答した。中には「来年度の就職の参考になりました。自衛隊の受験を検討したいと思います」と話してくれた学生もおり、本ガイダンスの成果を感じることができた。

 藤枝所は、大学・高校問わずガイダンスなどの機会に積極的に参加し、多くの学生と面談して自衛隊をアピールしていく。

静岡産業大学合同企業ガイダンスで自衛隊をアピール

空自入隊予定者が静浜基地へ 先輩達からのエール!

2020年2月7日


空自入隊予定者が静浜基地へ 先輩達からのエール!

 藤枝地域事務所(所長・黒岩要彦1等陸尉)は2月7日(金)、今春航空自衛隊へ入隊を予定している県中部地区の学生など7人が参加した静浜基地(焼津市)見学を支援した。藤枝所が担当する5人も参加した。

 見学は航空自衛官の仕事(職種)の説明を中心に進められ、同基地渉外室長による航空自衛隊の概要説明後、厚生センターにおいて、同基地にかかってくる電話を取り次ぐ交換手や、基地の通信ケーブルの維持管理をする有線整備などを担当する通信職種の女性自衛官が、自らの仕事について解説した。また、基地警備等で使用する磁石式電話機を実際に参加者に触ってもらったり、女性入隊予定者の疑問・質問にも丁寧に答えた。

 午後は気象隊・飛行場の維持・管理を担当する飛行場勤務隊・輸送小隊などで働く自衛官の様子を見学し、最後に基地を見渡すことのできる管制塔へ。滑走路の端から端までを一望した入隊予定者から「女性は何人位所属していますか」「教育隊の様子はどうですか」「仕事が休みの時は何をしていますか」と、今気になる質問が多く寄せられ、管制隊の隊員が一つひとつ具体的に答えた。

 帰り際、研修を終えた入隊予定者からは「希望職種の候補が見つかった」「現役の自衛官から話を聞くことができ、参考になった」という前向きな声が聞こえてきた。

 藤枝所は入隊予定者が安心して入隊準備をできるよう、確実にサポートを実施していく。

空自入隊予定者が静浜基地へ 先輩達からのエール!
1月の出来事

焼津水産高校の生徒・学生が海上自衛隊を見学

2020年1月16日


焼津水産高校の生徒・学生が海上自衛隊を見学

 藤枝地域事務所(所長・黒岩要彦1等陸尉)は、1月16日(木)、静岡県立焼津水産高等学校(焼津市)の海上自衛隊横須賀基地(神奈川県横須賀市)見学を支援した。

 今回の見学に参加したのは、海洋科学科2年生20人と、同学科を卒業後に船舶運航のスペシャリストである三級海技士などを目指して勉学に励んでいる専攻科の学生14人。

 横須賀基地到着後、岸壁に停泊中の護衛艦「たかなみ」と「てるづき」の雄姿を前に、海上自衛隊や護衛艦の任務、両艦の性能などについて丁寧な説明を受け、学生たちは対応してくれた海上自衛官に同じ海の男として親近感を寄せていた。

 次に、岸壁から近傍に所在する海上自衛隊第2術科学校に移動。同校は艦艇の心臓ともいうべきエンジンをはじめ、情報や外国語に関する海上自衛官の教育、そして部隊運用の調査研究と幅広い。学生たちは2グループに分かれて、護衛艦の主力エンジンであるガスタービンエンジンの始動操作をシミュレーターで体験したほか、普段目にすることの少ないエンジンの実機を間近で見学し、機関の構造や各種機能について多くを学んでいた。

 研修終了後、学生は「学校では経験のできない機関室のシミュレーター操作や巨大なガスタービンエンジンを間近に見学できて、これからの勉強の励みになりました」と感想を話してくれた。

 藤枝所は、今後も実際の装備品に触れることができる基地見学等を積極的に紹介し、多くの若者に自衛隊の魅力を知ってもらえるよう努めていく。

焼津水産高校の生徒・学生が海上自衛隊を見学

お気軽にお問合せください

自衛官募集・採用試験等のご相談はこちらからどうぞ

防衛省・自衛隊 自衛隊静岡地方協力本部(ちほん)
〒420-0821 静岡市葵区柚木366
054-261-3151 | 054-261-3152
hq1-sizuoka@pco.mod.go.jp