富士地域援護センター

富士地域援護センター

お問い合わせ・アクセス

  • 御殿場市駒門5-1 駒門駐屯地内
  • 電話:0550-87-6960・6961 FAX : 0550-87-6962
  • 担当エリア :
  • Mail : fuji-place-ea@inet.gsdf.mod.go.jp

アクセスマップ


  • 岡村3等陸佐
    富士地域援護センター長
    岡村3等陸佐
    今年の目標は「感謝」です。 援護業務は、「縁心」(えんご)が重要です。人の縁というものは、実に様々なものを運んできます。多くの人達と「出会う奇跡」に感謝し、退官者の人生が輝かしい未来になるよう「感謝の気持ち」をもって、完全援護達成に頑張っていきます。静岡マラソン(3月6日)完走しました。今年は天候に恵まれたことに感謝をして、楽しく走れました。
  • 田口1等陸尉
    援護幹部
    田口1等陸尉
    援護幹部として、退職者の皆様と企業様との良いご縁を結び、「この職場で働けてよかった。」「この人を採用して良かった。」とお互いに感じてもらえるように、また一件一件の援護成果の積み重ねが、自衛隊に対する信頼、防衛基盤の育成につながっていくとの思いで精一杯努力していきたいと思います。宜しくお願いいたします。
  • 近西准陸尉
    企画係長兼先任曹長企画班
    近西准陸尉
    富士地域援護センターの縁の下の力持ちとなれるよう精進して参りたいと思います。 よろしくお願いいたします。
  • 高村非常勤隊員
    企画係
    高村非常勤隊員企画班
    センター勤務職員の方々が円滑な業務を実施できるよう、日々前向きに努力いていきたいと思います。
  • 清水陸曹長
    定年制班・援護係長定年制班
    清水陸曹長
    自衛官は50代半ばでの定年退職となり、まだ働きざかりで、体力・気力が充実した隊員が多くおります。企業様にこのような良い人材を提供したいと思います。求人がございましたら、ご連絡を頂ければ、いつでもお伺い致しますので、どうぞ宜しくお願い致します。
  • 坂1等陸曹
    定年制班・援護係定年制班
    坂1等陸曹
    鮪で有名な青森県大間町出身です。自衛隊は人材の宝庫です。企業様と定年退職者の方々との掛け橋となるように、鮪に負けないスピードで、また「随処在主」の精神で業務を進めていきます。皆様どうぞよろしくお願い致します。
  • 松永2等陸曹
    定年制班・援護係定年制班
    松永2等陸曹
    援護マンとして向上心を持ち勤務しております。 退職される方々に寄り添い一生懸命援護してまいります。企業の皆様、自衛官は真面目で誠実な人間が多いです。求人情報、宜しくお願いいたします。
  • 清藤非常勤隊員
    定年制班・援護係定年制班
    清藤非常勤隊員
    自衛隊OBです。26年3月迄は装甲戦闘車の乗員として勤務し、定年後は同駐屯地の援護室で勤務しております。退職される皆様にはOBならではのアドバイス等出来ると思いますので、是非援護室を御利用下さい。 最後に、趣味は釣り、スノーボード、野球です。 機会が有れば一緒に楽しみましょう。
  • 光藤非常勤隊員
    定年制班・援護係定年制班
    光藤非常勤隊員
    自衛隊は人材の宝庫です。 身元確実で体力があり、真面目で様々な知識や技能を持った隊員が大勢おります。 貴社の業務に貢献できる人材を紹介させていただきますので、自衛隊退職者の採用をご検討の際はご一報いただければすぐに伺いますので、ぜひよろしくお願いいたします。
  • 井上陸曹長
    任期制班・援護係長任期制班
    井上陸曹長
    平成30年8月1日より富士地域援護センター任期制退職者援護係として勤務する事になりました、井上と申します。静岡県で就職を希望する隊員が満足できる援護が目標です。どうぞ宜しくお願い致します。
  • 佐藤1等陸曹
    任期制班・援護係任期制班
    佐藤1等陸曹
    援護マンとして、静岡県内を明るく元気に、全力で行動していきます。趣味は、薪割とバスケットボールです。
  • 高橋非常勤隊員
    任期制班・援護係任期制班
    高橋非常勤隊員
    企業様との架け橋となり、隊員の能力が発揮できるよう、私らしく、援助をしていきたいと思います。 企業の皆様、求人情報 よろしくお願い致します。
  • 千葉陸曹長
    援護係長滝ヶ原駐屯地援護室
    千葉陸曹長
    隊員の為に、微力ながら就職援助業務を行いたいと思います。 よろしくお願い致します。
  • 松岡非常勤隊員
    援護係滝ヶ原駐屯地援護室
    松岡非常勤隊員
    退職される隊員が気軽に立ち寄っていただけるような雰囲気作りに心掛けます。滝ヶ原駐屯地援護室にお気軽にお越しください。
  • 森准陸尉
    援護室長板妻駐屯地援護室
    森准陸尉
    「理解・協力・感謝」をモットーに、信頼される援護にベストを尽くして参ります。皆様については、何時でも気軽に援護室へお越し下さい。宜しくお願いします。
  • 松澤非常勤隊員
    援護室援護係板妻駐屯地援護室
    松澤非常勤隊員
    隊員の皆様が援護室に入りやすく、安心して就職相談及び職業選択に臨めるような雰囲気づくりに努めていく所存でおります。よろしくお願い致します。
  • 佐野陸曹長
    援護室長駒門駐屯地援護室
    佐野陸曹長
    皆様が気軽に立ち寄り、何でも相談できる援護室となるよう努力してまいりますので宜しくお願い致します。
  • 増渕非常勤隊員
    援護室援護係駒門駐屯地援護室
    増渕非常勤隊員
    隊員には「再就職」という新たな一歩を踏み出す際のお手伝いを、企業の皆様には「退職自衛官」というブランドの紹介を、駒門駐屯地援護室にて実施中です。お気軽にお立ち寄りください。

静岡県内対象求人票(新書式)31.4.18 登録無料

※退職自衛官の採用に関する確認事項(シート名:確認事項)の内容をご確認の上、求人票内の「確認事項」欄内にレ点を付けてから、下記【求人票送付手順】により、送付をお願いいたします。


【求人票送付手順】

  1. ダウンロードしたファイルに必要事項を入力
  2. 下段メールフォーム「メールはこちら」に、連絡先等必要事項を入力の上、求人票エクセルファイルを添付して【富士地域援護センター】に送付※【添付ファイル名】任意名称可 例)○○会社.xlsx
  3. 富士地域援護センターに電話し「求人票を送付したこと」をお伝えください。0550-87-6960・6961
  4. 当方でメールの着信を確認、求人票記入内容の確認及び必要な処置を行った後、 改めて、後日、こちらからご連絡させていただきます。
  5. 【注意事項】 メールの確認遅れや未処理が生じるおそれがありますので、求人票を送付後は、必ずお電話をいただくようお願いいたします。

メールはこちら


富士地域援護センター出来事 BLOG


8月の出来事

NEW任期制隊員、首都圏で新たな進路を模索

2019年8月7日


任期制隊員、首都圏で新たな進路を模索

 富士地域援護センター(センター長・岡村伸一3等陸佐)は、8月6日(火)と7日(水)に東京流通センターで実施された「首都圏合同企業説明会」に参加した。

 静岡県に所在する各駐屯地からは、首都圏での就職を希望する71人の任期制隊員が参加した。説明会に参加した約530社の中から、2日間で14社を選択し、自分の将来を託す会社との面談に臨んだ。

 会場内は8月にふさわしい熱気に溢れ、隊員は各企業の説明に耳を傾け、具体的な業務の内容や処遇等を質問することで、自分がその会社で働く際のイメージを掴もうという真剣な表情が見られた。

 参加した隊員からは「企業側の説明を受け、具体的な事業の内容がイメージできた」「どの企業を選択するか、これからしっかり考え、採用してもらえるよう努力したい」との声が聞かれ、部隊から同行した中隊長は隊員の自己の再就職に対する意気込みや、企業側の自衛隊に対する期待の高さを感じていた。

 富士地域援護センターは今後、本説明会の結果に基づき、参加した隊員が最良の再就職先を選択できるよう企業訪問や面接指導を行い、来春には晴れて全員が希望する企業に就職できるよう、それぞれの所属部隊とも連係、協力して業務を進めていく。

任期制隊員、首都圏で新たな進路を模索
7月の出来事

NEW令和元年度第4回・第6回任期制隊員ライフプラン集合訓練開催 駒門駐屯地援護室

2019年7月24日


令和元年度第4回・第6回任期制隊員ライフプラン集合訓練開催 駒門駐屯地援護室

 富士地域援護センター(センター長・岡村伸一3等陸佐)駒門駐屯地援護室は、6月20日(木)及び7月24日(水)に「令和元年度第4回及び第6回任期制隊員ライフプラン集合訓練」を実施した。

 本教育は、入隊1年以上の任期制隊員を対象に、明確な自己分析に基づいた自らの意思による人生設計を確立させるとともに、職業選択・資格取得等の能力開発の自助努力を促進することを目的として行ったもので、第4回は21人、第6回は板妻及び滝ヶ原の女性隊員を含めて12人の隊員が参加した。

 まずライフプランの意義や重要性等を説明した後、各隊員にライフプランを作成させるとともに、就職の援助施策等の要点を説明した。

 駒門援護室は、各隊員が本教育で確立させた人生設計を面接や各種就職援護施策等でより強固になるよう指導、本人の希望や能力に沿った適切な就職援護業務を進めていく。

令和元年度第4回・第6回任期制隊員ライフプラン集合訓練開催 駒門駐屯地援護室

NEW令和初の任期制隊員合同企業説明会を開催

2019年7月10日


令和初の任期制隊員合同企業説明会を開催

 7月10日(水)、御殿場高原ホテル(御殿場市)において、自衛隊援護協会東京支部が主催し、自衛隊静岡地方協力本部(本部長・宮川知己1等空佐)が担任する令和最初の「任期制隊員合同企業説明会」が開催された。

 本説明会は、退職自衛官の採用を希望する県内企業45社が、面談形式で自社の業務内容等を説明することで、隊員の就職活動の資とするものであり、今回は来年春に静岡県内に就職を希望する任期制隊員36人が参加した。

 富士地域援護センターは、主催者や参加隊員、企業との調整等事前準備を実施したほか、参加隊員に「就職補導教育」「ビジネスマナー教育」等、多種教育や個人面談を通じて職業選択に必要な知識の付与、再就職への意識向上を促した。

 参加した隊員にとっては自らの再就職先を選択するための重要な結節である一方、採用を希望する企業側から人間性を見極められる最初の機会になることから、参加隊員は高い意識をもって各社のブースを訪れ説明を受けていた。

 参加した隊員からは「求人票に書かれていない企業風土や人材育成に関する考え方等まで知ることができ大変参考になった」との声が聞かれ、企業からも「隊員の気質の良さが感じられ、採用したい隊員が多かった」という意見が寄せられた。

 富士地域援護センターは、この説明会が隊員、企業双方にとって良い縁を結ぶ機会であったと思っていただけるよう、引続き就職援助業務を進めていく。

令和初の任期制隊員合同企業説明会を開催

NEW任期制隊員の就活が活発化

2019年7月10日


任期制隊員の就活が活発化

 今年度当初から実施されている援護関係の各種教育や、7月10日(水)に自衛隊援護協会東京支部が主催した静岡県合同企業説明会を経て、今年度3月に任期満了を予定している任期制隊員は、退職後の人生設計を具体的に検討する時期にきた。

 任期満了退職を予定する隊員の多くは、9月前後から就職を希望する企業を訪問して業務内容や就職後の待遇等について確認する。そのうえで自己のライフプランと照らし合わせて生涯の仕事を探し当て、採用試験を受けることとなる。

 これまで富士地域援護センター(センター長・岡村伸一3等陸佐)が就職援護を担当した隊員の多くは入社後、自衛隊生活で培った能力、協調性を発揮して社内で高い評価をいただいている。そのため、後に続く隊員に対して好意的な評価をしていただいている企業も少なくない。このような恵まれた環境の甘えず、隊員個々の向上心を促すことも富士地域援護センターの就職援護隊員の役割である。

 一例を挙げれば、9月5日(木)、静岡市に所在する東海埠頭株式会社に退職予定隊員が企業訪問し、作業現場の詳細や業務上の留意点など、実務的な説明を受けた。同社には過去、多くの自衛隊員が入社しており、社内で自衛隊OBの働きぶりが高く評価されていることから、訪問した隊員には自衛隊員に対する期待がひしひしと感じられたという。訪問を終えた隊員は、「資格免許の取得は、自分の成長にためにも絶対に必要。今後も頑張りたい」と決意を新たにしていた。

 3月の任期満了時期を控え、各隊員の就職活動は更に活発化していくが、富士地域援護センターでは、隊員それぞれの希望、特技等能力をよく勘案したうえで援護達成率100パーセントを達成すべく、引き続き就職援護業務に邁進していく。

任期制隊員の就活が活発化

お気軽にお問合せください

自衛官募集・採用試験等のご相談はこちらからどうぞ

防衛省・自衛隊 自衛隊静岡地方協力本部
〒420-0821 静岡市葵区柚木366
TEL:054-261-3151 | 054-261-3152

hq1-sizuoka@pco.mod.go.jp