富士地域事務所

富士地域事務所

富士地域事務所は、自衛隊と市民の皆さんとの懸け橋となるよう募集・広報活動に努めています。自衛官を志す若人の道案内から自衛隊に関する質問、イベント情報など、あなたの将来の職業選択の一つとしてお役に立てるかもしれません。何でもお気軽にお尋ね下さい。

お問い合わせ・アクセス

  • 〒417-0041 富士市御幸町13-5 長谷川ビル3F
  • 電話:0545-51-1719 FAX : 0545-51-1719
  • 担当エリア : 富士市、富士宮市


富士地域事務所 所長
本間3等陸尉

富士地域事務所長の本間です。地域の皆様とともに躍動し、盛り上げていきたいと思います!明るく元気!経験豊富な所員一丸で誠実に対応いたします!!ぜひ富士地域事務所までお越しください!!!


原田准陸尉
副所長兼広報員
原田准陸尉

COMING SOON

広報員
青島2等陸曹

富士市(東部地区)を担当の青島です。自衛隊の魅力、各採用種目、皆さんのニーズに合ったご案内を心掛けてご説明致します。少しでも興味を持った方はお気軽にご連絡下さい! 自衛官を志す皆様のサポート致します!!!


広報員
井上2等海曹

富士市西部担当の海上自衛官です!趣味は音楽・映画・アニメ鑑賞等インドア系です!些細なことでもお気軽にご連絡ください!!




富士宮市内在住の新規募集協力者紹介 風岡直宏氏 通称 たけのこ王!

富士宮市内在住の新規募集協力者紹介「風岡直宏氏 通称 たけのこ王!」

風岡氏はテレビ番組等で活躍しながら、富士宮市芝川でたけのこ農家を営んでいる。

この度、風岡氏から自衛官の募集についての協力申し出があり、風岡氏の所有する売店やテナント等にポスターを多数掲示していただくことになった。

風岡氏は協力申し出にあたり「自衛隊の昨今の活躍を目の当たりにし、自分でも何か協力できることは無いかを日頃から考えていた。個人で協力できることは限られるが、まずは自衛官募集のポスターを掲示して協力したい。今後の活動としては、積極的に自衛隊の研修等に参加し理解を深め、自衛隊の必要性を地元である、富士宮市、富士市で発信していきたい!」との言葉をもらった。

富士所は、今後も募集協力者と連携を図り、地域に対して自衛隊の重要性を発信する!!


たけのこ王潜入レポート

風岡直宏氏 通称 たけのこ王!

第一回目は陸上自衛隊でも有名な滝ケ原カレーを食す!

GO

タケノコ王臨場!Vol.02 滝ケ原自衛隊

男の花園 自衛隊の門を叩く!

GO

LIFE HACK 自衛隊OFFICIAL

LIFEHACK CHANNEL

危機管理のプロである自衛隊に伝わるノウハウを災害や事故のお役立ち知識へ

GO

令和4年度入隊隊員からのメッセージ


富士所出来事 BLOG

8月の出来事

NEWキッズジョブ2022で広報活動

2022年8月20日

キッズジョブ2022で広報活動

 富士地域事務所(所長・本間亮3等陸尉)は、8月20日(土)と21(日)、ふじさんめっせ(富士市)で開催された「キッズジョブ2022」に参加した。

 これは富士市産業交流部とふじさんめっせが共催し、幼児及び小中学生を対象に「仕事を体験して、学んで未来の自分を見つけに行こう」を趣旨に開催されたもの。過去2年は新型コロナウイルスの影響により中止が続いたため3年ぶりの開催となった。

 両日とも天候に恵まれ、多くの子どもたちと保護者が列を作り、午前10時開催の合図を心待ちにしていた。

 会場には、働くクルマ体験エリア、お仕事体験エリア、ものづくり体験エリア、商店街体験エリアが配置され、30以上の企業等が各エリアに出展した。

 富士所は働くクルマ体験エリアに小型・中型トラックと偵察用バイクを展示して自衛隊の仕事について説明するとともに、子どもたちからの質問等に答えた。

 子ども用迷彩服試着コーナーも設置し、自衛官気分の子どもたちが楽しそうに車両の座席や荷台部分に乗り込み、車両の大きさやバイクの高さを体感していた。

 子どもたちからは「このバイクはどんな時に使いますか」「荷台には何人乗れますか」「自衛隊に入りたい!どうしたらなれますか」といった質問があり、自衛隊のブースは列ができるほど賑わいを見せ、「来年も来てください」と嬉しい言葉を受けた。

 富士所は、今後も地域のイベントで自衛隊の活動や魅力を発信するとともに、自衛隊を身近に感じることができるような広報を実施していく。

キッズジョブ2022で広報活動
7月の出来事

自衛官募集活動スタート! 富士・富士宮駅で広報活動を実施

2022年7月5日

自衛官募集活動スタート! 富士・富士宮駅で広報活動を実施

 富士地域事務所(所長・本間亮3等陸尉)は、7月1日(金)にJR富士駅前(富士市)、7月5日(火)にJR富士宮駅前(富士宮市)において、市街地広報を実施した。

 これは、7月1日に高校新卒者に対しての自衛官募集活動が解禁されることから、通学時の高校生等に自衛官採用案内が入ったティッシュを配布するもの。

 両駅ともに、朝の7時から9時までの2時間、通学する学生や通勤中の会社員などに、「おはようございます!自衛隊です!」と声を掛け、採用案内が入ったティッシュを手渡して自衛隊をPRした。

 配布するティッシュをもらった学生や会社員の中には、「お疲れ様です、ありがとうございます」「甥っ子が海上自衛官です。ここで自衛官に会うとは思わなかった。頑張って」と声をかけてくれる人もおり、またティッシュを受け取った高校生は「自衛隊を目指しています。受験したいです」と敬礼してくれた。

 この日のために準備した約1700個のティッシュは、富士駅・富士宮駅ともに9時までに配布が終わり、その後通勤・通学する人たちへの挨拶を実施し、市街地広報を終了した。

 富士所は、今後も募集相談員と連携し、担当地区の学生等に対して自衛隊をPRするとともに、さらなる理解促進を図り、募集活動に邁進する。

自衛官募集活動スタート! 富士・富士宮駅で広報活動を実施
 

「きっさこまつり」で広報活動

2022年7月3日

「きっさこまつり」で広報活動

 富士地域事務所(所長・本間亮3等陸尉)は、7月3日(日)に富士市の米之宮浅間神社で開催された「きっさこまつりin米之宮浅間神社」に参加し、広報活動を行った。

 このイベントは、同神社協力のもと開催された夏祭りで、主催者から「自衛隊の広報活動でイベントを盛り上げてもらいたい」との依頼を受け実施したもの。

 当日は午前10時からステージで和太鼓演奏やキッズチアリーディング、バンド演奏などが行われた。また飲食物や雑貨等の販売もあり、多くの家族連れが来場して会場は大いに賑わい盛り上がった。

 富士所は会場内に陸上自衛隊の小型トラックを展示し、車両見学や子供用迷彩服の試着体験を実施するとともに、自衛隊の装備品パネルの展示、広報グッズの配布などを行った。

 特に小型トラックは多くの来場者の人気を集め、迷彩服を着用した子どもたちが車両とともに写真撮影を行う姿が見られた。

 また、「将来自衛隊に入隊したい」と説明を受ける家族も訪れるなど、地域住民と触れ合うとともに、自衛隊をPRする貴重な場となった。

 富士所は、今後も地域のイベントで自衛隊の活動や魅力を発信するとともに、自衛隊を身近に感じることができるような活動を実施していく。

「きっさこまつり」で広報活動
6月の出来事

一般曹候補生・自衛官候補生課程修了式に参加

2022年6月28日

一般曹候補生・自衛官候補生課程修了式に参加

 富士地域事務所(所長・本間亮3等陸尉)は、6月26日(日)に富士駐屯地(駿東郡小山町)、滝ヶ原・駒門駐屯地(御殿場市)、6月28日(火)に板妻駐屯地(御殿場市)で行われた、令和4年度一般曹候補生・自衛官候補生課程修了式に参加した。

 今年度、各駐屯地の教育課程には、富士所の担当地域である富士市・富士宮市出身の13人が入隊していた。

 自衛官候補生課程の修了式では、本課程の修了をもって自衛官候補生全員が正式な自衛官である2等陸士に任命された。

 さらに駒門駐屯地の修了式では、教育優秀隊員に贈られる富士教導団長賞を、富士所から入隊した一瀬達也2等陸士が受賞した。一瀬2士は「この賞を受賞することができて嬉しい。後期教育は希望していた普通科教導連隊に行くことができるので、特に訓練を頑張りたい」と力強く広報官に語った。

 担当地域から入隊した隊員たちからも「訓練は大変だったが、同期との生活は楽しかった」「後期教育も新たな同期と協力して乗り越えたい」といった声が聞かれ、広報官はけがに気を付けて頑張るよう激励した。

 また修了式には隊員家族も参列し、久しぶりの再会で逞しくなった我が子と写真を撮ったり、家族水入らずのひとときを過ごしていた。

 今後隊員は苦楽を共にした同期との別れを惜しみながら、それぞれの後期教育部隊へ進んでいく。

 富士所は、今後も担当地域の隊員との連絡を継続するとともに、入隊者家族に対しても情報を発信し、自衛隊への更なる理解促進を図るよう広報活動に邁進する。

一般曹候補生・自衛官候補生課程修了式に参加

富士市・富士宮市自衛官募集相談員委嘱式

2022年6月8日

富士市・富士宮市自衛官募集相談員委嘱式

 富士地域事務所(所長・本間亮3等陸尉)は6月8日(水)、富士市役所及び富士宮市役所において「令和4年度自衛官募集相談員委嘱式」を行った。

 自衛官募集相談員の委嘱期間は2年で、今回は富士市から新規委嘱者2人を含む8人、富士宮市から6人が委嘱された。

 委嘱式では、委嘱者の紹介後、市長と静岡地方協力本部長の連名による委嘱状及び自衛官募集相談員証明書を交付した。

 市長は挨拶で「我が国の防衛を担い、市民の生命と財産を守る自衛隊は大きな力。少子化の中、多くの志願者を確保するため若者と地域の架け橋である募集相談員の皆様に協力や声掛けなどをお願いしたい」と述べ、静岡地本部長は「昨今の国内外情勢を踏まえ、自衛隊の活動の原動力である人の確保は重要。厳しい募集環境の中、さらにはコロナ禍で募集活動が制限される状況で何ができるか、地域事務所と協力し活動してもらいたい」と協力を依頼した。

 富士所は、今後も募集相談員と連携を図り、自衛隊に対する更なる理解の促進と人材確保に邁進していく。

富士市・富士宮市自衛官募集相談員委嘱式

富士市でキッズ職業体験イベント

2022年6月5日

富士市でキッズ職業体験イベント

 富士地域事務所(所長・本間亮3等陸尉)は6月5日(日)、富士市のコワーキングスペース「WORX富士」で開催されたキッズ職業体験イベントに参加し、広報活動を行った。

 このイベントは同スペースを運営する合同会社「ジンザイ」が主催したもの。さまざまな職業を体験できる場をつくり、「学び、体験することで子どもたちに自衛隊を知ってもらいたい」との依頼を受け実施したもの。

 当日、会場では料理体験や木材を使用した椅子作り、TikTok撮影などが行われ、多くの家族連れで賑わった。

 富士所は、屋外に小型トラックを展示したほか、海上自衛官が教えるロープワーク体験、制服の試着体験、野外電話機を使った通話体験などを行った。

 小型トラックの運転席に座って写真を撮ったり、ロープワーク体験で「もやい結び」に苦戦したりと、子どもたちはそれぞれ自衛隊とのふれあいを楽しんでいた。

 また、制服を試着した子供から「普段どんな仕事をしていますか」や、パネルの戦車を見て「速く走れますか」といった質問があり、自衛隊の活動を説明すると興味津々な様子で話に聞き入っていた。

 富士所は、今後も地域のイベントに参加して自衛隊の活動や魅力を発信するとともに、身近に感じることができるような活動を実施していく。

富士市でキッズ職業体験イベント
5月の出来事

比奈公園青空フェスティバルで広報活動

2022年5月28日

比奈公園青空フェスティバルで広報活動

 富士地域事務所(所長・本間亮3等陸尉)は5月28日(土)、富士市の比奈公園で開催された「青空フェスティバル・吉永ふれあいコンサート2022」に参加し広報活動を行った。

 当日は晴天に恵まれ、多くの家族連れが来場した。市内の和太鼓ユニットや同市出身のシンガーソングライター、富士市立高等学校吹奏楽部等による演奏が行われ、会場を大いに盛り上げた。

 富士所は会場に広報ブースを設け、自衛隊の装備品や活動、職種などを紹介するパネル展示、缶バッジ作成体験などを行った。

 特に缶バッジ作成体験には多くの来場者が訪れ、広報官がイベントのために準備したデザインの中から好きなものを選び、完成したバッジをカバンや帽子などに付けて喜んでいた。

 また、「今、学校の授業で自衛隊の勉強をしています。すごく興味があります」と話してくれる小学生や、「応援しています。頑張って」と声をかけてくれる来場者もおり、地域住民と触れ合うとともに、自衛隊をPRする貴重な場となった。

 富士所は、今後も地域のイベントなどで自衛隊の活動や魅力を発信するとともに、自衛隊を身近に感じることができるような活動を実施していく。

比奈公園青空フェスティバルで広報活動
4月の出来事

令和4年度自衛隊入隊者を激励

2022年4月9日

令和4年度自衛隊入隊者を激励

 富士地域事務所(所長・本間亮3等陸尉)は4月9日(土)、陸上自衛隊滝ヶ原駐屯地(御殿場市)で行われた「令和4年度一般曹候補生入隊式」と陸上自衛隊板妻駐屯地(同市)で行われた「令和4年度自衛官候補生入隊式」に参加し、富士市・富士宮市出身隊員10人を激励した。

 着隊から入隊式まで間もない期間ではあるが、入隊者は凛々しい制服姿や機敏な動作で自衛官としての一面を発揮し、堂々と宣誓を行う姿に、参列した家族も頼もしく感じるとともに安心している様子であった。

 板妻駐屯地での入隊式には地域新聞「富士ニュース」の記者も同行し、入隊式終了後に富士市出身の入隊者4人に対してインタビューを行った。

 今後の意気込みを聞かれた入隊者からは「楽しいこともつらいことも同期と一緒に乗り切りたい」「自分の力を尽くして頑張る」と頼もしい声が聴かれた。

 富士所の広報官は、入隊者に対し健康管理に注意し目標に向かって頑張るよう激励し、入隊者はその後の自由時間を使って家族を駐屯地の売店や生活する部屋に案内し、有意義な時間を過ごしていた。

 富士所は、今後も入隊者と連絡を取って状況を確認するとともに、訓練や後輩へのアドバイス等を発信し、サポートに努めていく。

令和4年度自衛隊入隊者を激励

    2月の出来事

富士宮市西富士中学校で職業講話

2022年2月25日

富士宮市西富士中学校で職業講話

 富士地域事務所(所長・本間亮3等陸尉)は、2月25日(金)に西富士中学校(富士宮市)で1年生24人に職業講話を実施した。

 これは、地域で働く大人の仕事への思いや生き方に触れることで、生徒が自分の将来の職業選択や心構えについてより考えを深めるために行われたもの。

 講話の中で本間所長は、自衛隊の任務や活動、自衛官の生活などについて自身の経験を踏まえて説明するとともに、動画を活用し、多岐にわたる職種や現役自衛官の勤務状況などを紹介した。

 また生徒からも、自衛隊に入隊した理由や女性自衛官の活躍など多くの質問があり、一つひとつに丁寧に答えると、それまでの「厳しそう」「体力がないとできない」といった自衛隊の印象が変わり、関心が高まった様子だった。

 担任教諭からも「理解が深まり、イメージが変わった」との声があり、今後も防災教育や部隊見学などを継続的に実施できるよう話し合った。

 富士所は、引き続き地域の学校との連携を図り、将来を担う若者に対して自衛隊の魅力を積極的に発信していく。

富士宮市西富士中学校で職業講話

お気軽にお問合せください

自衛官募集・採用試験等のご相談はこちらからどうぞ

防衛省・自衛隊 自衛隊静岡地方協力本部(ちほん)
〒420-0821 静岡市葵区柚木366
054-261-3151 | 054-261-3152
[email protected]