富士地域事務所

富士地域事務所

富士地域事務所は、自衛隊と市民の皆さんとの懸け橋となるよう募集・広報活動に努めています。自衛官を志す若人の道案内から自衛隊に関する質問、イベント情報など、あなたの将来の職業選択の一つとしてお役に立てるかもしれません。何でもお気軽にお尋ね下さい。

お問い合わせ・アクセス

  • 〒417-0041 富士市御幸町13-5 長谷川ビル3F
  • 電話:0545-51-1719 FAX : 0545-51-1719
  • 担当エリア : 富士市、富士宮市

アクセスマップ


  • 馬場3陸尉
    富士地域事務所所長
    馬場2陸尉
    富士所長に着任しました馬場です!地域の人に自衛隊を理解していただき、地域と自衛隊との懸け橋となれるようアクティブに活動していきますので、よろしくお願いします!!
  • 岩崎陸曹長
    副所長兼広報員NEW
    岩崎陸曹長
    富士宮市の担当の岩崎です!34連隊本管中隊の先任陸曹の経験を活かし、積極的に活動しますのでよろしくお願いします!!この顔を見たら声をかけて下さいね!
  • 2等陸曹 青島
    広報員
    青島2陸曹
    イベント・受験に関する事はお気軽にお問い合わせください! 自衛官を志す皆様のサポートを致します!!
  • 井上2海曹
    広報員
    井上2海曹
    富士市西部を担当しております! 自衛隊に関して気になること、質問等ありましたらお気軽にご連絡ください!お待ちしてます!!

統合幕僚監部より

新型コロナウイルスから皆さんの安全を守るために

参考資料 PDF

詳細はこちら »



富士宮市内在住の新規募集協力者紹介 風岡直宏氏 通称 たけのこ王!

富士宮市内在住の新規募集協力者紹介「風岡直宏氏 通称 たけのこ王!」

風岡氏はテレビ番組等で活躍しながら、富士宮市芝川でたけのこ農家を営んでいる。

この度、風岡氏から自衛官の募集についての協力申し出があり、風岡氏の所有する売店やテナント等にポスターを多数掲示していただくことになった。

風岡氏は協力申し出にあたり「自衛隊の昨今の活躍を目の当たりにし、自分でも何か協力できることは無いかを日頃から考えていた。個人で協力できることは限られるが、まずは自衛官募集のポスターを掲示して協力したい。今後の活動としては、積極的に自衛隊の研修等に参加し理解を深め、自衛隊の必要性を地元である、富士宮市、富士市で発信していきたい!」との言葉をもらった。

富士所は、今後も募集協力者と連携を図り、地域に対して自衛隊の重要性を発信する!!


たけのこ王潜入レポート

風岡直宏氏 通称 たけのこ王!

第一回目は陸上自衛隊でも有名な滝ケ原カレーを食す!

GO

タケノコ王臨場!Vol.02 滝ケ原自衛隊

男の花園 自衛隊の門を叩く!

GO

LIFE HACK 自衛隊OFFICIAL

LIFEHACK CHANNEL

危機管理のプロである自衛隊に伝わるノウハウを災害や事故のお役立ち知識へ

GO

自衛隊 新入隊員


武山駐屯地NEW

  • 01_加藤祐聖
    加藤祐聖
    所属:武山駐屯地
  • 熊谷 豪
    熊谷 豪
    所属:武山駐屯地
  • 佐野彪雅
    佐野彪雅
    所属:武山駐屯地
  • 篠木一聖
    篠木一聖
    所属:武山駐屯地
  • 上倉 詩穏
    上倉詩穏
    所属:武山駐屯地
  • 青島和成
    青島和成
    所属:武山駐屯地
  • 塚本 優也
    塚本優也
    所属:武山駐屯地
  • 渡邊快
    渡邊 快
    所属:武山駐屯地

朝霞駐屯地NEW

  • 遠藤 舞
    遠藤 舞
    所属:女性自衛官教育隊
  • 藤田 舞
    藤田 舞
    所属:女性自衛官教育隊
  • 米倉由眞
    米倉由眞
    所属:女性自衛官教育隊

滝ケ原駐屯地


板妻駐屯地


富士駐屯地


富士所出来事 BLOG

6月の出来事

NEW海上自衛隊志望者に対するLCAC研修を実施

2021年6月4日


海上自衛隊志望者に対するLCAC研修を実施

 富士地域事務所(所長・馬場久喜2等陸尉)は6月4日(金)、海上自衛隊志望者に対するエアクッション艇「LCAC」の研修を実施した。

 この研修は、来年度海上自衛隊入隊を考えている受験者に対して、海上自衛隊への理解促進を図るとともに、受験意欲の向上を目的として実施したもの。

 当日は雨天であったが早朝から揚陸訓練は実施されており、実際のLCACを目の当たりにした参加者は「初めて見ましたが、迫力がありますね」と驚いていた。

 その後、訓練に参加していた海上自衛官からLCACの概要や任務について説明を受け、母艦に戻るLCACを見送り、研修を終了した。

 富士所は、今後も志望者が憂いなく受験できるよう理解促進に努め、サポートを行っていく。

海上自衛隊志望者に対するLCAC研修を実施
5月の出来事

NEW富士市立高校で自衛隊・警察・消防合同採用説明会を実施

2021年5月25日


富士市立高校で自衛隊・警察・消防合同採用説明会を実施

 富士地域事務所(所長・馬場久喜2等陸尉)は5月25日(火)、富士市立高校で自衛隊・警察・消防の3機関合同採用説明会を実施した。

 この説明会は、今年度の就職活動予定の3年生と将来公務員を希望する1・2年生19人に対して、自衛隊・警察・消防の広報担当者が各機関の説明を行い、今後の就職活動の参考にしてもらうことを目的に開催した。

 当日は新型コロナウイルス感染対策を万全にし、陸・海・空自衛隊の役割や自衛官の手厚い福利厚生などについて説明した。また、説明終了後には質疑応答の時間を設定し、広報官が参加者からの質問に対応した。

 参加した生徒からは「警察に一番興味があったが、自衛隊の話を聞いて興味が湧いた」「同時に3機関の話を聞くことができて、今後の就職活動の参考になった」といった感想が聞かれた。

 富士所は今後も、各機関や学校と連携を図り、3機関合同説明会を行うことで職業選択のひとつに自衛官を考えてもらえるよう活動していく。

富士市立高校で自衛隊・警察・消防合同採用説明会を実施
4月の出来事

令和3年度自衛官候補生入隊式に参加

2021年4月10日


令和3年度自衛官候補生入隊式に参加

 富士地域事務所(所長・馬場久喜2等陸尉)は4月10日(土)、滝ケ原駐屯地、板妻駐屯地(ともに御殿場市)、富士駐屯地(駿東郡小山町)で行われた「令和3年度自衛官候補生入隊式」に、富士所担当地域からの入隊者14人を激励するため参列した。

 今年度の入隊式は、昨年同様に新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、人数制限など感染症対策を万全にして実施された。

 新隊員は着隊から間もないものの、凛々しい制服姿で機敏な動作を見せていた。参列した関係者からは「新型コロナで引き続き大変な年ではあるが、入隊した隊員はしっかりしている。自衛隊生活に早く慣れて、頑張ってほしい」等の声が聞かれた。

 入隊式の後に、広報官が新隊員を激励し、現在の状況を聞いたところ、「着隊した当初は不安と緊張でいっぱいでしたが、同期と切磋琢磨して頑張っています」と頼もしい声が聞かれた。

 この入隊式の様子は、地域新聞の「富士ニュース」にも掲載された。

 富士所は、今後も入隊者と連絡を取りあい、母校の後輩へのアドバイスなどを発信し、未来の国防を担う人材を確保するため募集広報活動に邁進していく。

令和3年度自衛官候補生入隊式に参加
3月の出来事

富士市・富士宮市の一般曹候補生入隊予定者の新たな門出

2021年3月26日


富士市・富士宮市の一般曹候補生入隊予定者の新たな門出

 富士地域事務所(所長・馬場久喜2等陸尉)は3月26日 (金)、一般曹候補生として陸上自衛隊武山駐屯地(神奈川県横須賀市)に入隊予定の8人の見送りを行った。

 当日は、新たな門出にふさわしい快晴となった。入隊のため髪を短く整え、少し大人びた雰囲気になった8人は、東名高速道路の富士川サービスエリアに集合した。

 見送りのため入隊予定者の家族や友人も集まり、子供の門出に際し、逞しくなった姿を見て感極まる保護者の姿も見られた。各入隊予定者の担当広報官も、高校生だった時と違い、少し頼もしく、凛々しい雰囲気を感じ取り、期待を込めてそれぞれにエールを送った。

 入隊予定者は、「今までは学生で、家族にお世話になっていましたが、今日からは家族とは別々の生活で、自分のことは全て自分で行う生活になります。不安はありますが、一人前の自衛官として親孝行できるように頑張ります」と話し、専用バスに乗り込むと故郷との別れを惜しみながらも、晴れやかな表情で駐屯地へと旅立った。

 富士所は、今後も入隊者及び家族と綿密に連絡を取り、不安の払拭・理解の促進を図り、サポートに努めていく。

富士市・富士宮市の一般曹候補生入隊予定者の新たな門出

富岳館高校内で地元企業説明会に参加

2021年3月16日


富岳館高校内で地元企業説明会に参加

 富士地域事務所(所長・馬場久喜2等陸尉)は3月16日(火)、富士宮市の静岡県立富岳館高等学校が実施する地元企業説明会に参加し、自衛隊に興味のある1・2年60人に説明を実施した。

 この説明会は、来年度に就職や進学を考える2年生と、将来進むべき道を早めに考える1年生を対象に行われた。

 当日は、新型コロナウイルス感染症対策を万全にして、3密を避けるため4回に分けて実施した。

 自衛隊の任務や陸・海・空各自衛隊の職種・職域について紹介すると、生徒たちは新たな任務の一つである宇宙領域での任務や、サイバー空間での防衛といった役割を自衛隊が担っていることに特に注目したようで、熱心にメモを取っていた。

 教諭からも「災害派遣の他に、国際平和協力活動など、さまざまな任務の話を聞くことができて参考になりました」といった感想が聞かれた。

 富士所は、今後も各学校と連携を図り、自衛隊への理解の促進や卒業後の進路の参考になるような説明会を実施し、国防を担う隊員の確保に邁進する。


富士市富士見高校内で三機関合同説明会を実施

2021年3月11日


富士市富士見高校内で三機関合同説明会を実施

 富士地域事務所(所長・馬場久喜2等陸尉)は3月11日(木)、富士市の静岡県富士見高等学校で行われた、自衛隊・警察・消防の合同説明会に参加した。

 この説明会は、同校2年生に対して自衛隊・警察・消防の各広報担当者が説明を行い、来年度の就職活動の参考にしてもらおうと行われたもの。自衛隊は公安系の公務員を希望する14人に説明を行った。

 当日は新型コロナウイルス感染症対策を万全にし、警察、消防、自衛隊の順に質疑応答を含め30分程説明を実施した。

 さらに説明後、海上自衛隊の砕氷艦「しらせ」が持ち帰った南極の氷を、特別に生徒に体感してもらった。

 説明を受けた生徒からは、「コロナ禍での就職活動を心配していましたが、こうして各公務員の説明を聞くことができ、就職活動の参考になりました」「先輩が自衛官になったので興味があり、今回話を聞けてとても参考になりました」といった声が聞かれた。

 富士所は今後も、各機関や各学校と連携を図り、説明会を行うことで高校生の職業選択の一つに自衛隊を考えてもらえるよう、広報活動を実施していく。

富士市富士見高校内で三機関合同説明会を実施
  2月の出来事

富士市の吉原第一中学校で職業講話

2021年2月19日


富士市の吉原第一中学校で職業講話

 富士地域事務所(所長・馬場久喜2等陸尉)は2月19日(金)、富士市立吉原第一中学校で、自衛隊に興味のある1年生32人に職業講話を実施した。

 これは、さまざまな職業の大人が講師として仕事への思いや生き方を語り、生徒たちが自分の将来の職業や生き方について考えを深めるために行われたもの。

 講師を務めた馬場所長は、自衛隊の任務や活動、周辺諸国の情勢と、自衛隊の必要性について自身の経験を踏まえて説明し、地図を使って自衛隊の日々の警戒・監視活動を紹介した。

 最初、「国を守るのは大変な仕事」「大きな地震があったときとか大変そう」といった印象を上げていた生徒たちも、一つ一つ丁寧に説明すると、「なんとなく自衛隊に興味を持っていたが、講話を聞いて将来は自衛隊で国を守る仕事をしてみたい」「人の役に立つ仕事なのでとても興味がわいた」などの声が多数聞かれた。

 富士所は、引き続き地域の学校との連携を図り、将来を担う若者に対して自衛隊の魅力を積極的に発信して、将来の職業選択の一つにつながるように努めていく。

富士市の吉原第一中学校で職業講話
1月の出来事

富士市吉原工業高校内で自衛隊・警察・消防が合同説明会を実施

2021年1月28日


富士市吉原工業高校内で自衛隊・警察・消防が合同説明会を実施

 富士地域事務所(所長・馬場久喜2等陸尉)は1月28日(木)、県立吉原工業高等学校(富士市)で、自衛隊・警察・消防の3機関合同説明会を公務員希望の生徒6人に実施した。

 この説明会は、来年度3年生になる生徒に対して、各機関の広報担当者がそれぞれの仕事などについて説明を行い、来年度の就職活動の参考にしてもらおうと行われた。

 当日は、新型コロナウイルス感染症防止対策を万全にし、警察、消防、自衛隊の順に各30分程度説明を行った。

 その後、生徒が特に興味のある機関の広報担当者に直接話を聞く時間もあり、皆真剣な表情で聞き入っていた。

 説明を聞いた生徒からは、「それぞれの役割や仕事を知ることができ、来年度の就職活動の参考になった」「消防のみを希望していたけれど、自衛隊にも興味が出た」などの感想が聞かれた。

 また、学校の進路担当教諭からも「コロナ禍でも、こうして3機関の説明を直接聞いて考えることができ、生徒たちにとって非常に参考になったと思う」といった意見が聞かれた。

 富士所は今後も、各機関や学校と連携を図り、合同説明会を行うことで職業選択の一つに自衛隊を考えてもらえるよう、広報活動に努めていく。


富士宮市立山宮小学校で職業講話を実施

2020年1月18日


富士宮市立山宮小学校で職業講話を実施

 富士地域事務所(所長・馬場久喜2等陸尉)は1月18日(月)、富士宮市立山宮小学校の6年生28人に対して職業講話を行った。

 これは、さまざまな人の仕事への思いや生き方に触れることで、児童に自分の将来の職業や生き方について、より考えを深めてもらおうと実施されたもの。

 この日は所長自らが講師となり、自衛隊の任務や活動などについて、自身の経験と実績を踏まえて説明し、日本やその周辺の地図を使って自衛隊が行っている日々の警戒・監視活動を紹介した。

 初めは自衛隊に対し「身近に感じられないので、何をしているか分からない」「厳しい訓練を毎日していそう」といった印象を持っていた児童たちも、ひとつひとつ詳しく解説することで自衛隊に対する理解を高められたようで、「将来、自衛隊に入隊してみたくなった!」との感想も聞かれた。

 富士所は、引き続き地域の学校との連携を図り、将来を担う子供たちに対して自衛隊の魅力を積極的に発信して、将来の職業選択の一つに繋がるよう努めていく。


お気軽にお問合せください

自衛官募集・採用試験等のご相談はこちらからどうぞ

防衛省・自衛隊 自衛隊静岡地方協力本部(ちほん)
〒420-0821 静岡市葵区柚木366
054-261-3151 | 054-261-3152
hq1-sizuoka@pco.mod.go.jp